ヤブを漕いで斧窪御前山

2014年10月12日(日)薄曇り
大型の台風19号が、九州に近づいています。関東地方も13日夜から影響が出ると、気象庁から注意を呼びかけられています。それでも、昨日は良いお天気でした。それでは、今日も大丈夫だろうと、東京ハイキングの山行に参加しました。
コースは、JR梁川駅→大田峠→ヨソ木山(538m)→斧窪御前山(522.9m)→梁川駅 約4時間30分の歩程、レベル:3(一般向)です。
斧窪御前山は、山梨県大月市梁川町にある低山です。でも、斧窪御前山への登山道は、地形図には載っていません。会報には「ヤブ・急登降あり。足元しっかりした靴で。」とあります。どんな登山になるのか楽しみです。
私は、東京ハイキングの山行に3ヶ月ぶりの参加です。集合場所の梁川駅で、何人もの知った顔を見付けて、ほっとしました。
8:34 梁川駅着の電車までが集合時間です。
8:50 受付、リーダーの挨拶、協力者の紹介の後、出発。参加者は、総勢38名です。
20141012_2441 駅からすぐJR中央線低いガードをくぐり、大月方向に歩きます。線路脇にはコスモスが咲いて、秋の風景です。20141012_24429:08 大田方向への登山口着。ここから急登です。20141012_2444薄く盛りで陽が差し込まない樹林の中、ヤブになりました。踏み跡はあるのですが、藪で、急登です。私は、二本のストックで進行方向の笹薮を遮りながら歩きました。樹林とヤブでまったく視界が開けません。会報の通りヤブ、藪です。
9:27 大田峠着。20141012_2445次々樹林とヤブが続きます。藪に入ると、藪をこじ開けるように漕いで歩くため、進む速度が遅くなります。そのため、後に続く人達が待っています。皆さん、ヤブ歩きを経験済みです。20141012_244610:35 鉄塔のところで早い昼食です。ここでしか昼食をとる適当な広場が無いのだそうです。私も友人と、鉄塔の足で昼食をとりました。
11:05 後半の出発。
11:16 ヨソ木山(538m)(木に山名が貼ってありました)着。20141012_2449まったく視界が無いのでどの辺りを歩いているのか私は、分かりません。スマートホーンのGPSアプリの調子が悪く、GPSでの位置確認ができません。その上、今日は登山用の時計をしてきませんでした。そのため、高度を確認できません。
12:20 御前山(522.9m)着。三角点が頂上です。各自、地図で確認したり、メモを取ったりしています。少し休憩して、すぐに、下山です。20141012_245012:42 登山口着。中央線に沿って、梁川駅に向かいます。20141012_245113:00 梁川駅着。思ったより早い下山です。会報の通り、ヤブを歩きました。こういう踏み跡を捜しながらの山歩きは、地図読みがしっかりできる経験者と一緒でないと、歩くことができないと思いました。
13:24 高尾行きで帰宅。

斧窪御前山に登る前に、会の先輩が「たいした山ではないよ」と言っていました。今回参加したメンバーは、初めて登る山に行くというより、山歩きをする間隔を空けたくないということが目的のように思えました。登山歴の長い会員が多く「このあたりの山は、地元の人達にとっては裏山。だから、下山時間が早いの」と、何度もこの付近の山を歩い会員が話していました。
台風が近づいているので、気分的に落ち着かないこともあり、早く帰れて、ちょうど良い山歩きでした。