大垂水から高尾山”関東ふれあいの道”

2021年9月26日(日)曇り一時雨
7月は膝を痛めていたことや、コロナワクチンの接種などがあり、ハイキングに行きませんでした。8月、9月は緊急事態宣言が発令されたため、ハイキングの会の山行は、全て中止となってしまいました。そのため、久しぶりにブログを書きます。
今日は緊急事態宣言下ですが、友人と2人、シモバシラの花の咲いている場所を確認しに、高尾山へ行くことにしました。大垂水から首都圏自然歩道「関東ふれあいの道」を歩きます。コースは、JR相模湖駅(バス)=大垂水→城山→一丁平→もみじ台の巻き道→日影林道→日影バス停(バス)=高尾駅 歩程約3時間です。

8:39 JR相模湖駅発八王子行きバスに乗車。平常時に比べて、やはりハイカーは少ないようです。
8:55 大垂水着。今日はお天気が今一つはっきりしません。大垂水で下車したのは南高尾山稜へ向かうハイカー、ランの人達がほとんどでした。私たち二人、反対方向へ歩きます。9:00 大垂水バス停から相模湖駅方向へ戻ると、「関東ふれあいの道」の案内板がありました。急な階段状の道を登ると、なだらかな道に変わりました。
朝、雨が降ったらしく道は濡れています。シモバシラの花がたくさん咲いています。

ススキはまだ咲いていませんが、秋です。私たちはゆっくり花を見て、写真を撮って、名前を調べたり、この自分たちだけの静かな秋の時間を楽しみました。時々ハイカーやランの人達とすれ違い、追い越していきます。
10:35 高尾~陣馬 縦走コース、高尾のメイン登山道に出ました。ススキも間もなく咲きそうです。もう、すっかりここも秋の風情です。私たちは城山へは行かず、一丁平で昼食休憩を取ることにしました。
11:10 一丁平着。ヤマボウシに赤い実が生っていましました。6月5日に来た時のヤマボウシです。白い花の群生と色づき始めた木々11:50 京王線高尾山口駅へ下山開始12:15 もみじ台の巻き道から日影林道へ下る道を、友人が歩いたことがないというので、1号路を下って高尾山口駅へ出る予定だったのを変更することにしました。
途中、雨に降られてしまいました。
13:00 小仏城山北東尾根ルートの登山口のある日影沢で、友人がたわしを持ってきていたので、泥で汚れた登山靴を洗うことにしました。13:15 日影バス停着。
13;23 高尾駅行きバスで帰宅

今日はお天気があまり良くなかったのと、まだ緊急事態宣言下で、ハイカーが比較的少ないようでした。でも、高尾山山頂はどうだったか分かりません。12日に来た時は、山頂に多くの家族連れ、少人数のグループなど、人の多さに驚いてしまいました。今日も、帰りのバスは家族連れが多く乗っていました。
自粛、自粛と言われて家に籠っていたのですが、やはり秋の青空の下を歩きたいです。