蜜柑の花 葉原峠-小林みかん山

2021年5月30日(日)晴れ
今日は、5月2日に行く予定だった「葉原峠→風布みかんの里」でした。目的は蜜柑の花を見ることです。メンバーは弥次喜多の2人です。このコースはハイキングの会で、ミカン狩りのシーズンに催行されていましたが、私は参加していないので、今日が初めてです。

9:48 秩父鉄道野上駅着蝋梅の季節でもなく、桜の季節でもないので、野上駅に下車したハイカーは少なく、数組でした。私たち以外のハイカーは、宝登山の方へ向かっていきました。
9:55 身支度をし、最後に出発
私たちは、宝登山とは逆方向の秩父鉄道の線路を渡ります。
荒川に架かる高砂橋から、長瀞のライン下りの舟が見えました。この辺りは「埼玉県立長瀞玉淀自然公園 長瀞特別地域」です。人通りの少ない道を寄居方向へ歩いていくと、「岩根山徒歩入口」の案内がありました。「林道 葉原線」に出ました。これから車がほとんど通らない車道を、二人で歩きました。山の中の車道、樹木に囲まれ、視界が遮断されてしまっています。下界の風景も見えない、車も人も通らないここを一人で歩くのは、心細いだろうと思いました。
11:10 岩根神社前を通過、車道を登ってきたので、ちょっと疲れていましたので、神社まで登らず、ここから手を合わせることにしました。岩根神社・つつじ園は、躑躅のシーズンには躑躅のトンネルができるところですが、ホームページよると、「岩根山つつじ園は、諸般の事情により閉園致しました。」となっていました。
長瀞の街が見えます。車道を登っていくと、道路に直角に案内板がありました。「風布・小林みかん山」道路の反対側の林の中に、踏み跡の道がありました。11:40 林の中の道を抜けたとこが葉原峠でした。歩いてきた道は車道をカットする近道でした。再び車道を歩いて行くと、ガードレールの開いたところに「小林みかん山を経て波久礼駅」とあったので、そちらへ行くことにコースを変更することにしました。歩きながら「♩♬ みーかんーのはーなが・・」とつい歌ってしまいます。林を抜けたところに、みかん山への小道がありました。
12:00 道端に腰掛けるのにちょうど良い石を見付け、そこで30分の昼食休憩にしました。
みかん山に出ました。今日の目的の蜜柑の花が見えます。これが蜜柑の花です。初めて見ました。今日一緒に来られなかった若い友人にも写真を送りました。みかん山です。みかん狩りのシーズンには多くの人で賑わうのでしょうね。大きなミカン園の家です。収穫されていない蜜柑が残っている木には、大きな熟れすぎたミカンと、小さな白いミカンの花が密集しています。

小さな実になった青い蜜柑も、みつけました。波久礼側の入口に東屋がありました。ベンチに座って、周りを眺め、鳥の声を聞いて、深呼吸をしていると、ゆっくり時間が流れ、気持ちが休まります。もう、波久礼駅へ下るだけです。14:20 秩父鉄道 波久礼駅着、すぐに電車が来ました。14:24 羽生行きで帰宅

みかん狩りのシーズンでもないのに、みかん山へ蜜柑の花を見に行くような企画を立てたりするのが、私たちの風変りなところです。でも、静かな、自然の風が吹くところにたたずみ、同じように安らぎを感じることができるので、心地よいのです。

野上駅近くの民家にあったザクロの花です。珍しいので載せました。