新緑の鐘撞堂山

2021年5月2日(日)晴れ|雨|晴れ|雨|晴れ
「大気が不安定です。にわか雨、雷に注意してください」というのが、今日の天気予報です。予定のコースは、「秩父鉄道 野上駅→葉原峠→風布みかん山→波久礼駅」でした。少し早いかもしれませんが、ミカンの花が見られるかもしれないだったのですが、お天気を考えて、朝、電車の中で、鐘撞堂山に行き先を変更しました。鐘撞堂山へは、私は何度か登っています。コースは、東武東上線 寄居駅→八幡神社→鐘撞堂山→?下山路は、頂上に着いてから決めることにしました。メンバーは3人です。

9:12 東武東上線 寄居駅着。
9:30 身支度をして出発。空模様がおかしい、やはり降ってきそうです。間もなくポツポツと降ってきました。八幡神社へ向かう途中で、雨具の出番となりました。結構強く降っています。国道254号線にあるコンビニに、ツーリングのグループが雨宿りをしていました。傘がぐっしょり濡れてしまいました。
10:10 八幡神社着。カメラを濡れないように仕舞い、しっかり雨支度をして出発です。遠くで雷が聞こえます。
しばらくして、晴れたので、ザックカバーだけ残して、もう降らないだろうと雨具をザックの中に仕舞ったのですが。また降り出し、雨具を着たり、脱いだり、雨具を着るともう暑い季節になっています。ツツジはほぼ終わっていたのですが、所々に残っているツツジの赤は鮮やかです。いつもは下山してくるハイカーと多くすれ違うのですが、今日は少ないです。12:00 鐘撞堂山(329.8m)着。昼食休憩。
東屋は、いつも席がすべて塞がり、座れないほど多くの人がいるのに、今日は殆ど空いています。
熊谷方面を見ると、黒い雲が遠くに見えます。あの雲の下は雨が降っていそうです。大霧山方面は晴れています。12:30 お天気が分からないので、駅に早く着く大正池コースに下山することにしました。いまは、良いお天気です。途中、花を撮ったりしながらのノンビリ歩きです。
13:30 大正池着。東屋は私たち3人だけ、道を歩く人もいません。ベンチに座っていると、静かさと、新緑と、鳥のさえずりに癒されて、ゆったりとして、とてもいい気持ちでした。しみじみ「今日、ここに来て良かった」と思わせてくれました。
春先には見える鐘撞堂山の展望台は、木々の葉に隠れて見えません。緑が濃くなってきています。

東屋の脇に「鳥の聞きなし」の案内板がありました。(案内板より:鳥の鳴き声を、人間の言葉に見立てたものを「聞きなし」といいます。)駅に向かう住宅街に、ツバメが飛んでいます。朝も、ツバメが飛んでいるのを見ました。住宅の玄関の上に、巣を作っています。まだひなが孵っていないようですが、巣を行ったり来たりしています。ちなみに、ツバメの聞きなしは「虫喰って土喰って渋い ムシクッテ、ツチクッテ、シブ-イ(“鳥の聞きなし“案内板より)」です。
14:35 東武東上線 寄居駅着。
15:05 小川町行きで帰宅