春本番の勝峰山

2021年3月14日(日)晴れ
前日の土曜日は雨で会の予定されていた山行は中止、もしくは、今日に順延になりました。順延になった山行が、今日のリーダーの200回記念山行です。そのため、武蔵五日市駅前に大勢の会員が集まりました。
昨日の雷が鳴る雨とうって変わって、青空が広がる良いお天気です。今日のコースは、JR武蔵五日市駅→幸神神社→勝峰(かつほ)山→深沢山→ぐみの木峠→JR武蔵五日市駅 歩程3時間40分 総勢73名です。

9:55 リーダーの挨拶の後、出発。武蔵五日市駅から、春本番の市中を一列に並んで、幸神神社に向けて歩き始めました。私は5X番目だったので前に長い列が見えます。後ろにもまだ20人くらい続いています。梅は満開を過ぎていました。幸神神社を通り抜け、登山道に入ります。いきなり急登でした。登っているメンバーが見えます。踏み跡の登山道が、樹林の中に続いていました。前の人との間隔がだいぶあいてしまったこともありましたが、無事、林道に出ました。林道を横切ったところにあった登山道を示す道標に、先に歩いていたメンバーが「登り口が分からなくなりそうだったから」と、離れてしまった後続を待っていてくれました。林道が登山道を寸断してしまっていました。寸断された登山道から、また林道に出るところに、大きなキャンピングカーが数台停車していました。
桜です。思わず立ち止まって眺めてしまいました。桜はウキウキさせます。11:45 勝峰山(454m)着。私は、勝峰山は二度目ですが、山頂の標柱を初めて見つけました。前回は気づきませんでした。ノンアルコールビールとジュースがみんなに振る舞われ、リーダーの200回目の山行を祝して、乾杯をしました。リーダーがコンロでお湯を沸かし、全員に本格的なコーヒーを入れてくれました。予想以上の人数になったため、出発前に水を買い足したのだそうです。重いのにありがとうございました。いい香りのコーヒーで、おいしかったです。
1時間以上の長い昼食休憩となりました。昼食後、人数が多いので2回に分けて集合写真を撮りました。13:00 午後の出発、大岳山、日の出山が見えます。また、長い行列です。13:30 深沢山(460m)通過枯草の中下ります。14:40 地蔵山(323m)、小さいお地蔵様がありました。ぐみの木峠で、”すみれ”を見つけました。小さな”ヤマルリソウ”春の花が咲いています。来週は、いよいよ桜が咲きます。
15:45 JR武蔵五日市駅で解散
15:55 ホリデー快速あきがわ2号で帰宅

帰りの電車が発車して間もなく、”中央線が信号故障で止まっています。復旧の見通しは立っていません”と車内アナウンスがありました。車内は騒然となりました。私は友人と相談し、拝島から西武線で池袋回りで帰ることにしました。池袋に着いても、まだ中央線は動いていませんでした。早くに西武線で帰ることを決めたのは、良い選択でした。中央線が全線開通したのは、23時過ぎでした。