春の陽気の羽村・浅間岳

2021年2月7日(日)晴れ
今日までの新型ウイルスの緊急事態宣言も、延長されるようです。ハイキングの会の皆さんも、しっかりマスクを付けて、JR青梅線羽村駅に集まりました。
今日のコースは、JR青梅線羽村駅→禅林寺→羽村堰下橋→郷土博物館→長屋門→(羽村草花コース)→羽村神社→浅間岳→朝日山妙見堂→羽村駅 歩程2時間30分、41名の参加です(羽村草花コースは大澄山までですが、途中まで歩きます)。
11:00 リーダーの挨拶後、出発。羽村堰へ向かいます。11:20 禅林寺。『大菩薩峠』の作者中里介山のお墓があります。11:30 羽村堰。 承応2(1653)年、羽村取水堰から江戸まで玉川上水が造られました。玉川上水開削の功労者である玉川兄弟の像も立っています。
羽村堰には200本の桜があります。桜のシーズンには大勢の人でにぎわうのでしょう。
今日は暖かく、防寒着はすでにザックの中です。玉川上水はここから始まります。多摩川に架かる羽村堰下橋を渡り、羽村市郷土博物館へ。
11:45 羽村市郷土博物館、手指の消毒、検温を受け「皆さん、お元気ですね」と言われて入館しました。羽村市郷土博物館を見学後、八王子から移築された旧田中家長屋門の前を通り、「羽村草花コース」へ入ります。41人の長い列です。羽村神社、12時を過ぎているのでお腹がすいてきています。羽村市が一望できます。すぐに浅間岳山頂でした。12:35 浅間岳(223m)着。山頂にあるベンチに並んで座って、昼食休憩。
左の家族連れは地元の方でしょうか、愛犬も一緒でした。13:00 午後の出発。立川国際CCのフェンスに沿って歩きます。朝日山妙見堂へ登らない人たちは、道路を下る巻き道を歩き、登った私たちと合流します。13:40 朝日山妙見堂、お堂は無く、土台だけがありました。再び多摩川の羽村堰下橋を渡り、公園で小休止後羽村駅へ向かいました。
14:30 JR羽村駅で解散
14:45 立川行きで帰宅