三浦富士・躑躅の武山

2021年4月18日(日)快晴
今日は、三浦半島へ友人2人とのハイキングです。
コースは、東京ハイキングで29日に催行される予定のコースです。2人とも29日が仕事で参加できないため、3人で歩くことにしました。
コースは、京急長沢駅→三浦大仏→三浦富士→砲台山→武山・武山不動院→竜塚(往復)→京急津久井浜駅 歩程3時間30分です。
武山はツツジの山です。今年は暖かく、早く開花したため、もう見頃になっています。私は、京急長沢駅から「三浦富士・砲台山・武山コース」は歩いたことがあります。

品川駅の京浜急行乗り換え改札口で、8:15に待ち合わせをしました。
8:16 快速特急久里浜行きに乗車してしまいました。久里浜駅で、三崎口行きに乗り換えました。
9:32 京急長沢駅下車。ハイキングの会のように歩いたら、帰る時間が早すぎてしまうのではないかと思ったのですが、いらない心配でした。
初めに私が方向を間違え、三浦大仏と反対方向へ歩き出してしまいました。ちょうど駅に向かう人に聞いて、駅に戻り、仕切り直しです。私と古い友人は毎度のことなので笑っていましたが、初めて一緒に歩く友人は、心配になったかもしれません。
9:45 再度出発、ネットで、今日歩くコースのGPSログを調べて、ダウンロードしてきました。歩きながら位置を確認していきます。
10:10 三浦大仏がある久里浜霊園に着きました。来る時に車窓から見えた大仏様と五重塔が見えます。霊園の中を、大仏様を目指して上がって行きます。
三浦大仏は、露座の大仏様には珍しく背光があります。

大仏様の横を通り、広場に出ました。広場の周囲をめぐって、三浦富士への道を探しました。標識が無いので、三浦富士の方向を確認し、草に覆われた道らしきものが続いている場所をみつけました。GPSログで確認すると、合っています。山に入れば一本道です、もう迷うことはありません。道は勾配がきついところもありましたが、踏み跡の細い道です。途中で休憩をしていると、人の声が聞こえたような気がしました。分岐らしきところで、大学生のグループがいました。全員スニーカー、身軽な格好です。どっちに行ったら良いか分からないというので、私たちが先になって歩き、途中から彼らが先になって歩いていきました。今日初めて道標を見ました。もう迷うことはないので、彼らと別れ、其々のペースで歩くことにしました。それにしても、彼らはどこから山に入ったのでしょう。

11:05 三浦富士(182.9m)着。ここは浅間神社奥宮です。浅間神社バス停”から登ると、途中に浅間神社があります。頂上には山名を書いたものがありません。正式名称は「富士山」です。私たちとは違うルートからきたハイカーが数人休んでいました。さっき一緒だった学生たちは写真を撮ったりした後、行ってしまいました。山頂からは、東京湾、相模湾が望めます。しばしの休憩。1人で来ていた方に、私たちの写真を撮ってもらいました。何人かいたハイカーも出発していきました。私たちだけが取り残されたような格好です。いつもより長めに休憩をとっています。帰る時間が早すぎるのではという心配はなくなりました。
11:25 私たちも出発、昼食は武山の予定です。いつもはスマホで写真を撮っている友人が、今日は大きいカメラを持ってきています。歩きながら写真を撮ったり、花を見つけて名前を調べたり、会のハイキングとは違う歩き方をしています。
道は、久里浜霊園からの踏み跡の道と違って、しっかりした登山道となりました。途中から山道とも言えないくらいの広い、轍があるくらいの道になりました。
11:25 展望台がありました。三浦半島の南端まで見えました。途中で、砲台山から戻ってくる学生たちとすれ違いました。
11:50 砲台山(大塚山)(202m)着。
「大塚山が昭和初期に海軍が砲台を造ったことから、砲台山と呼ばれるようになりました。
山頂には、金網で囲まれた会場保安庁の武山受信所があり、パラボラアンテナがそびえています。
その横に、すり鉢状の砲台跡が今もきれいに残されています。すり鉢の中央には、かつて高角砲が据えられていました。側面に開けられた8個の四角い穴は、弾薬の格納庫と思われます。
砲台跡に続く道には、サーチライトが取り付けられていたと言われる、高さ約4.5mの2本の塔が、木立の中に隠れるように立っています。」
”三浦半島 きままに散歩 京急長沢駅” より)。大きな砲台です。
12:20 武山(200m)着。昼食休憩です。休憩所の屋内はベンチが空いていませんでしたので、外のベンチに座りました。学生たちは中で休憩しています。山頂一帯は2000本のツツジが植えられています。例年5月3日~5日に武山ツツジ祭りが開催されます。 今年は暖かかったためでしょう、もうツツジが見頃を過ぎていました。休憩所の屋上が展望台になっています。展望台から、東京湾、相模湾が一望できますが、今日は霞んでいます。富士山も見えませんでした。13:15  午後の出発。学生たちはすでに下山して行きました。すぐそばの武山不動院へお参りしてから下山しました。
龍塚(りゅうちょう)を往復14:20 登山道が終わり、一般道へ出ました。キャベツ畑が広がる三浦半島の風景です。畑の中を京急津久井浜駅へ向かって歩きます。イチゴ狩りなどの観光農園がありましたが、私たちは素通りです。津久井川に沿って、ハイキングコースを歩きました。
15:10 京急津久井浜駅着。
15:18 快速特急泉岳寺行きで帰宅

「三浦富士・砲台山・武山コース」だけのハイキングだったら、物足りなく思ったでしょう。迷うことのない山道を歩くだけでなく、久里浜霊園からの踏み跡の道が、山登りの満足感を満たしてくれたように思います。
今回は、長い付き合いの友人との弥次喜多ハイキングに、若い友人が加わり、にぎやかでした。団体で歩くハイキングとは違う、個人山行の楽しさも知ってもらえたら良いかなと思っています。

三浦アルプス 阿部倉山・二子山

2021年2月13日(土)晴れ
天気予報は、4月上旬の暖かさです。朝、ダウンは必要ないくらいでした。
今日は、海が近い三浦半島の山行に参加です。集合はJR横須賀線逗子駅9時30分です。コースは、JR逗子駅(バス)=長柄交差点→登山口→阿部倉山→下二子山→上二子山→北尾根→馬頭観音→分岐→京急田浦駅 歩程3時間30分、総勢23名です。

10:00 長柄交差点バス停で、リーダーの挨拶の後出発 10:25 阿部倉山への登山口。阿部倉山は個人の山なのでそうです。登り始めたら、いきなり急登でした。ここのところ比較的楽なハイキングをしてきたので、いきなりの急登はきつい。
10:42 山頂の手前に、海に向かって開けた場所がありました。山を管理している地元の方が、藪を切り開いて整備してくれているのだそうです。今日は春霞がかかりうっすらと江の島が見えていますが、富士山は見えません。おおきな楠です。この山のご神木だそうです。エネルギーをいただきました。阿部倉山(161m)山頂で、山頂を整備していた地元の方です。11:23 阿部倉山を下り、急登を登って、”下二子山(206m)”着。「二子山頂上」の標識を見逃しそうです。11:45 もう一つの山頂”上二子山(208m)”着、昼食休憩。山頂の標識を探しましたが、見つかりませんでした。三角点がありました。展望台から横須賀、横浜が一望できました。12:20 午後の出発。午前の急登の道と違い、なだらかな歩きやすい道がずっと続きました。
13:00 馬頭観音着。午後は、午前と違ってこんな感じのなだらかな下りでした。一緒に歩いていた友人は「今年初めて山を歩いたので、午前はきつかった」と話していました。三浦アルプスは、住宅街からすぐに山道が始まっているところがあります。今回も、突然山道が終わり、住宅街に出ました。帰宅の駅へは京急田浦駅とJR田浦駅に向かう人に分かれるので、ここで解散となりました。
14:28 京浜急行田浦駅より品川行きで帰宅。

今日の参加者は、団体でも歩きやすい人数でした。それでも私は前から3~4番目を歩いていたので、途中で立ち止まることができず、登っている、歩いている全体の写真を撮れませんでした。

神武寺~鷹取山

2020年6月27日(土)曇り/晴れ
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が、6月19日に全面解除されました。東京ハイキング協会の山行も、マスク着用、蜜を避けるようにして再開されました。東ハイのハイキングも、新型コロナのために中止が多く、実施される山行が少なくなっています。

今日は4ヶ月ぶりの東京ハイキング協会の山行に参加です。行き先は、三浦半島です。コースは、京浜急行神武寺駅→鎖場→鷹取山(公園)→摩崖仏→首切観音→雷神社→京浜急行追浜駅 歩程約2時間40分、参加者は24名です。
集合は、京浜急行神武寺駅に10時です。久しぶりで友人と一緒に歩けます。10:10 リーダーの挨拶の後、出発.。街中はマスクを着けて歩きました。三浦半島は、住宅街から登山口まで距離がありません。すぐに登山道になります。登山道に入ると、マスクを着けて歩くのは苦しいので、外しました。少し間隔を空けて歩いています。10:45 JR東逗子駅から、神武寺の表参道へ出ることができます。表参道を上ってくるとこの広場に出ます。私たちは神武寺・鷹取山ハイキングコースを歩いています。子供たちのトレイルランのレースが行われていました。子供たちが山を駆け抜けていきます。グリーンのベストを着ている人たちが係の人たちです。神武寺(じんむじ)の創建は、神亀元年(742年)と云われている古刹です。神武寺の薬師堂(本堂)、桜門、客殿、晩鐘などが山の中にあります。神武寺の境内を抜けると、鎖場が続いています。鎖に手をかけながら慎重に登って行きます。鎖場が終わると、鷹取山石切り場跡に出ます。鷹取山はロッククライミングの練習場になっています。岩にはたくさんのハーケンを打った痕でしょう、穴が開いていました。岩に何人かのクライマーが取り付いています。11:35 鷹取山広場に到着、親不知と言われている大岩の上の展望台が、鷹取山山頂(139m)です。展望台からの眺望は、この時間はまだ曇っているためよくありません。もちろん、富士山も、江の島も、見えません。11:50 鷹取山公園で昼食休憩
12:30 午後の出発。日が差してきました。
展望台から見えた岩にも取り付いている人がいます。12:50 前浅間、摩崖仏 「勒菩薩尊像」は、須賀市在住の彫刻家、藤島茂氏が昭和40年ころ制作したものです(案内板より)。摩崖仏を過ぎるとすぐに、一般道に出ます。一般道を追浜駅へ向かって下りていきます。
13:20 雷神社で解散
13:40 京浜急行追浜駅より金沢文庫行きで帰宅

24日にも、東京ハイキング協会の街歩きに参加しました。慕っているリーダーのもとに、集まるメンバーがいます。参加すれば会えると思って参加し、4ヶ月ぶりに顔を合わせました。同じレベルの山行ではも、いつもの顔に会えます。東ハイの山行は、ハイキングに行くだけでなく、いつもの仲間と顔を合わせ、おしゃべりをすることも大切なことだったのです。長い自粛生活で、皆さんと会えない日が続いたことで、改めて、毎週ハイキングに参加する機会、集うことができる会に参加していたことのありがたさを思いました。