三浦アルプス 阿部倉山・二子山

2021年2月13日(土)晴れ
天気予報は、4月上旬の暖かさです。朝、ダウンは必要ないくらいでした。
今日は、海が近い三浦半島の山行に参加です。集合はJR横須賀線逗子駅9時30分です。コースは、JR逗子駅(バス)=長柄交差点→登山口→阿部倉山→下二子山→上二子山→北尾根→馬頭観音→分岐→京急田浦駅 歩程3時間30分、総勢23名です。

10:00 長柄交差点バス停で、リーダーの挨拶の後出発 10:25 阿部倉山への登山口。阿部倉山は個人の山なのでそうです。登り始めたら、いきなり急登でした。ここのところ比較的楽なハイキングをしてきたので、いきなりの急登はきつい。
10:42 山頂の手前に、海に向かって開けた場所がありました。山を管理している地元の方が、藪を切り開いて整備してくれているのだそうです。今日は春霞がかかりうっすらと江の島が見えていますが、富士山は見えません。おおきな楠です。この山のご神木だそうです。エネルギーをいただきました。阿部倉山(161m)山頂で、山頂を整備していた地元の方です。11:23 阿部倉山を下り、急登を登って、”下二子山(206m)”着。「二子山頂上」の標識を見逃しそうです。11:45 もう一つの山頂”上二子山(208m)”着、昼食休憩。山頂の標識を探しましたが、見つかりませんでした。三角点がありました。展望台から横須賀、横浜が一望できました。12:20 午後の出発。午前の急登の道と違い、なだらかな歩きやすい道がずっと続きました。
13:00 馬頭観音着。午後は、午前と違ってこんな感じのなだらかな下りでした。一緒に歩いていた友人は「今年初めて山を歩いたので、午前はきつかった」と話していました。三浦アルプスは、住宅街からすぐに山道が始まっているところがあります。今回も、突然山道が終わり、住宅街に出ました。帰宅の駅へは京急田浦駅とJR田浦駅に向かう人に分かれるので、ここで解散となりました。
14:28 京浜急行田浦駅より品川行きで帰宅。

今日の参加者は、団体でも歩きやすい人数でした。それでも私は前から3~4番目を歩いていたので、途中で立ち止まることができず、登っている、歩いている全体の写真を撮れませんでした。

一足早い春を求めて湘南吾妻山

2021年1月9日(土)快晴
2度目の新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発出され、参加を迷ったのですが、どうしても富士山と海が見たくて参加を決めました。
朝、天気予報で寒いと言っていましたが、本当に真冬の寒さ、ダウンを着て、マフラーを巻いて帽子をかぶり、マスクをしっかりして、電車に乗りました。集合はJR東海道線二宮駅10時、電車は混んでいませんでした。

今日のコースは、JR東海道線二宮駅→知足寺(曽我兄弟の墓)→役場口登山口→浅間神社→吾妻神社→吾妻山→展望台→中里登山口→果樹公園→散策路→ラディアン花の公園→二宮駅 歩程3時間 総勢20名です。
10:05 二宮駅前で、リーダーの挨拶、コースの説明の後、出発。
10:20 花月院知足寺、浄土宗のお寺です。つるし雛が有名ですが、仇討ちで有名な曽我兄弟の墓があることでも知られています。「曽我兄弟の墓」と向かい合うように、「浩宮殿下お成り記念 昭和54年9月13日」と石碑が立っていました。浅間神社着浅間神社前から相模湾を望むと、江の島、三浦半島がはっきりと見えました。11:20 吾妻神社 社殿を設計したのは伊東忠大、他にも平安神宮、明治神宮、築地本願寺など多くの有名な建物を設計した方です。11:30 吾妻山山頂着、136.2mです。ここで昼食休憩です。
吾妻山は全体が公園になっているので、地元の方も多く来ていました。皆さん、適当に間をあけて座り、お弁当を食べたり、写生をしたりしていました。今日の目的、富士山と満開の菜の花です。左のとがっている山は箱根の金時山です。寒くて、快晴、富士山も、箱根の山も、伊豆半島も、大島も、三浦半島もきれいに見えます。寒々とした太陽です。丹沢の山々もきれいに見えています。12:10 午後の出発。
中里登山口から果樹公園へ向かい、ラディアン花の公園を回りました。
14:00 二宮駅で解散

富士山も、菜の花も、広い大きな海も、いつものように目の前にありました。でも、私たちはマスクをし、間隔をあけて並んで眺めています。もしかしたら「昨年より人が少ないねー! なんで間隔をあけて眺めているのだ? 人間同士は仲が悪くなって、会話がし難くくなったのか?」と富士山が呟いているかも知れません。いつものように春は巡ってきていますが、私たちの自粛の無い春は来るのでしょうか?

横浜市民の森

2020年11月8日(日)晴れ
今日のハイキングは、横浜市民の森をいくつか繋いで歩きます。コースは、京浜急行金沢文庫駅→能見堂緑地→釜利谷市民の森→ののはな館→おおやと広場→氷取沢市民の森→大岡川源流域→いっしんどう(円海山)→中尾根→瀬上市民の森→JR根岸線港南台駅 歩程4時間 総勢37名
9:30 京浜急行金沢文庫駅集合
9:40  リーダーからコースの説明の後、蜜を避けるため2班に分かれて出発
9:45 能見堂緑地、六国峠ハイキングコースに入ります。住宅の壁に案内がありました。11:22 金沢動物園着、ののはな館前で昼食休憩。12:00 午後の出発。

小川に沿って歩きやすい道です。

飛び石で小川を渡ります。 横浜横須賀道路が見えます。個人に菜園を貸しているようです。路端のコスモスが秋を飾っています。おおやと休憩所 いっしんどう広場、おおやと広場、金沢市民の森の分岐いっしんどう広場の案内板13:35 瀬上池、池の下広場で休憩の後,JR根岸線港南台駅に向かいました。14:30 JR根岸線港南台駅で解散

<横浜市のホームページより>
市民の森は、昭和46年度からスタートしました横浜市独自の緑地を保存する制度で、緑を守り育てるとともに、山林所有者の方々のご協力により、市民の憩いの場として利用させていただくものです。
令和2年4月1日現在、47か所(約550ha)指定しています