大垂水から高尾山”関東ふれあいの道”

2021年9月26日(日)曇り一時雨
7月は膝を痛めていたことや、コロナワクチンの接種などがあり、ハイキングに行きませんでした。8月、9月は緊急事態宣言が発令されたため、ハイキングの会の山行は、全て中止となってしまいました。そのため、久しぶりにブログを書きます。
今日は緊急事態宣言下ですが、友人と2人、シモバシラの花の咲いている場所を確認しに、高尾山へ行くことにしました。大垂水から首都圏自然歩道「関東ふれあいの道」を歩きます。コースは、JR相模湖駅(バス)=大垂水→城山→一丁平→もみじ台の巻き道→日影林道→日影バス停(バス)=高尾駅 歩程約3時間です。

8:39 JR相模湖駅発八王子行きバスに乗車。平常時に比べて、やはりハイカーは少ないようです。
8:55 大垂水着。今日はお天気が今一つはっきりしません。大垂水で下車したのは南高尾山稜へ向かうハイカー、ランの人達がほとんどでした。私たち二人、反対方向へ歩きます。9:00 大垂水バス停から相模湖駅方向へ戻ると、「関東ふれあいの道」の案内板がありました。急な階段状の道を登ると、なだらかな道に変わりました。
朝、雨が降ったらしく道は濡れています。シモバシラの花がたくさん咲いています。

ススキはまだ咲いていませんが、秋です。私たちはゆっくり花を見て、写真を撮って、名前を調べたり、この自分たちだけの静かな秋の時間を楽しみました。時々ハイカーやランの人達とすれ違い、追い越していきます。
10:35 高尾~陣馬 縦走コース、高尾のメイン登山道に出ました。ススキも間もなく咲きそうです。もう、すっかりここも秋の風情です。私たちは城山へは行かず、一丁平で昼食休憩を取ることにしました。
11:10 一丁平着。ヤマボウシに赤い実が生っていましました。6月5日に来た時のヤマボウシです。白い花の群生と色づき始めた木々11:50 京王線高尾山口駅へ下山開始12:15 もみじ台の巻き道から日影林道へ下る道を、友人が歩いたことがないというので、1号路を下って高尾山口駅へ出る予定だったのを変更することにしました。
途中、雨に降られてしまいました。
13:00 小仏城山北東尾根ルートの登山口のある日影沢で、友人がたわしを持ってきていたので、泥で汚れた登山靴を洗うことにしました。13:15 日影バス停着。
13;23 高尾駅行きバスで帰宅

今日はお天気があまり良くなかったのと、まだ緊急事態宣言下で、ハイカーが比較的少ないようでした。でも、高尾山山頂はどうだったか分かりません。12日に来た時は、山頂に多くの家族連れ、少人数のグループなど、人の多さに驚いてしまいました。今日も、帰りのバスは家族連れが多く乗っていました。
自粛、自粛と言われて家に籠っていたのですが、やはり秋の青空の下を歩きたいです。

古里駅~日の出山~日向和田駅

2021年5月23日(日)晴れ/曇り
ハイキングの会の山行に、私は通常 [一般向レベル3] のコースに参加しています。でも、今日は [一般向強レベル4] のコースに参加します。距離が長いのですが、午前中の大塚山までの登りを、バテずに歩ければ完歩できるからと、個人山行でも一緒に歩いている友人2人を誘って、参加しました。
大塚山から古里駅のコースは、いつもは御岳山・日の出山からの下る道です。日向和田駅も日の出山から下る道で、両方とも何度か歩いています。
今日のコースは、JR青梅線古里駅→大塚山(920.3m)→日の出山(902.0m)→竜の髭(768m)→高峰(755m)→梅木峠→要害山(660m)→三室山(646.7m)→梅の公園→JR日向和田駅 歩程6時間 総勢28名です。

8:55 古里駅着の電車が集合時間です
9:15 リーダーの挨拶、準備運動後出発

5月の奥多摩の山々の新緑がまぶしい!

深い谷を流れる多摩川、万世橋より古里駅から万世橋を渡り、登山口へ向かいます。9:25 御岳山登山口着、ストックを出します。

大塚山までは登りが続きます。

朝まで雨が降っていたのでしょう。杉木立も、葉も、登山道も濡れています。

リーダーが密にならないように歩いているので、ばらけてきました。
私たち3人は、ちょうど中ごろに取り残された格好で、まるで個人山行の様です。

尾根に出ました。少し登りが楽になってきました。ツツジが鮮やかです。

11:30 大塚山着。先頭グループはすでに昼食休憩をとっていました。

12:00 午後の出発。午後のコースは、歩きやすい穏やかなアップ、ダウンが続く道です。午後は先頭グループに付いて行くつもりです。

御岳ビジターセンターの横を通り、御岳の宿坊街を通過してしきます。
何度も歩いている日の出山への道

13:10 日の出山(902.0m)着。小休憩です。
日の出山は毎年必ず来ているのに、去年はコロナで来られませんでした。標柱が色あせたように感じます。

どんより曇り空、富士山も見えません。

日が差してきました。これからいくつかのピークを越えていきます。

13;43 竜の髭(768m)

ギンラン

14:10 高峰(755m)

14:40 要害山(660m)

15:00 三室山(646.7m)

16:00 一般道に出たところで解散
16:30 JR青梅線日向和田駅着
16:32 青梅行きで帰宅

 

萌黄色の今熊山

2021年4月11日(日)晴れ
この週末は、久しぶりに土曜、日曜共に晴れました。
今日の集合場所は、武蔵五日市駅②バス乗り場です。私は早めに行ったので、指定のバスより1本早いバスで、すでに集まっていたメンバーと今熊山登山口に向かいました。
今日のコースは、武蔵五日市駅(バス)=今熊山登山口バス停→今熊神社→今熊山→金剛の滝→小峰公園→桜尾根→ふれあい広場→小峰公園バス停 歩程約4時間 総勢45名です。
8:45 武蔵五日市駅よりJR・京王八王子駅行きバスに乗車
8:51 今熊山登山口バス停下車。今熊神社へ向かって、以前に歩いたことのある人たちが先になって歩いていきます。
ここの住所は八王子市上川町です。東京都の道標は、しっかりと曲がり角にありました。若い友人と私はのんびり歩いて、春の里山を楽しみました。早く来た特権です。前方の山が今熊山ではないでしょうか。多分、山自体がご神体ではないだろうかと、勝手に想像しています。

9:15 皆さんに遅れて、今熊神社に着きました。御祭神は建速須佐之男命、月夜見命です。

今熊神社遥拝殿、後ろが今熊山です。
トレイルランの人達が出発前の打ち合わせをしていました。

今熊山は1500株のミツバツツジが咲く山ですが、もう終わりのようです。今年は3月が暖かく、花が咲くのが早まっているようです。今回の本体の皆さんが着きました。急ににぎやかになったようです。
9:55  リーダーの挨拶、ストレッチをして出発。参加者が多いので2班に分かれることになりました。私は1班の後方、全体の中ほどを歩きます。
山頂まで急な登りが続きます。下ってくる人たちもいて、結構混雑しています。

休憩で周りの風景を見渡すと、萌黄色の新芽の木々が見えています。新緑の時期も短いのです。

休憩で立ち止まったところの新緑です。

あきる野市だそうです。

途中にも社がありました。

10:46 今熊山山頂着。立派な標柱が立っていました。
ここで集合写真を撮りました。

山頂にある今熊神社本殿

新緑の中、気持ちよく”金剛の滝下”へ下っていきます。11:40 金剛の滝下着、ザックを置いて滝を見に行きました。
高さ約4mの雌滝の脇のトンネルをくぐると、約18mの雄滝があります。こちらからは雄滝は見えませんでした。
雄滝の中ほどに不動明王像があります。写真を拡大すると分かります。

金剛の滝下の広場で昼食休憩。
12:40 午後の出発
とても良いお天気のハイキング日和です。送電線が多いのは、新多摩変電所が近いからです。

タラの芽ではないかと言っていましたが、わかりません。春真っ盛りです。

13:20 都立小峰公園着、園内最高地点336mです。

長い階段を下りふれあい広場にでました。
13:50 ふれあい広場で解散。
13:52発の小峰公園バス停からのバスは、発車した後でした。次のバスは1時間後、武蔵五日市駅まで歩くことにしました。
14:32 拝島行きで帰宅

ここのところ、ブログの更新をしていませんでした。ハイキングに参加をしていましたが、雨で写真が撮れなかったり、今、絵を習いに行っているので、気持ちがそちらに行ってしまっているため、ブログが書けなくなっていました。友人から、最近更新してないといわれてしまったので、今回はアップしました。
今回のカメラは、新しく買った小型のカメラです。そのカメラの試し撮りです。自分に使いやすいように設定を確認しながら歩いたため、写真のサイズが変わってしまったのがあります。トリミングした訳ではありません(金剛の滝の写真は、表示サイズを小さくしました)。

カメラは雨に注意してください
以前、雨でカメラを濡らしてしまったために、修理代をX万円掛かったことがありました。そのため雨が降ると、直ぐに、カメラをビニール袋に入れ、ザックにしまうことにしています。
カメラは防水となっている以外は、水に濡らさないようにしてください。先月の山行で、雨に降られ、カメラを濡らしていた方がいて、大丈夫だったか気にかかっています。