一足早い春を求めて湘南吾妻山

2021年1月9日(土)快晴
2度目の新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発出され、参加を迷ったのですが、どうしても富士山と海が見たくて参加を決めました。
朝、天気予報で寒いと言っていましたが、本当に真冬の寒さ、ダウンを着て、マフラーを巻いて帽子をかぶり、マスクをしっかりして、電車に乗りました。集合はJR東海道線二宮駅10時、電車は混んでいませんでした。

今日のコースは、JR東海道線二宮駅→知足寺(曽我兄弟の墓)→役場口登山口→浅間神社→吾妻神社→吾妻山→展望台→中里登山口→果樹公園→散策路→ラディアン花の公園→二宮駅 歩程3時間 総勢20名です。
10:05 二宮駅前で、リーダーの挨拶、コースの説明の後、出発。
10:20 花月院知足寺、浄土宗のお寺です。つるし雛が有名ですが、仇討ちで有名な曽我兄弟の墓があることでも知られています。「曽我兄弟の墓」と向かい合うように、「浩宮殿下お成り記念 昭和54年9月13日」と石碑が立っていました。浅間神社着浅間神社前から相模湾を望むと、江の島、三浦半島がはっきりと見えました。11:20 吾妻神社 社殿を設計したのは伊東忠大、他にも平安神宮、明治神宮、築地本願寺など多くの有名な建物を設計した方です。11:30 吾妻山山頂着、136.2mです。ここで昼食休憩です。
吾妻山は全体が公園になっているので、地元の方も多く来ていました。皆さん、適当に間をあけて座り、お弁当を食べたり、写生をしたりしていました。今日の目的、富士山と満開の菜の花です。左のとがっている山は箱根の金時山です。寒くて、快晴、富士山も、箱根の山も、伊豆半島も、大島も、三浦半島もきれいに見えます。寒々とした太陽です。丹沢の山々もきれいに見えています。12:10 午後の出発。
中里登山口から果樹公園へ向かい、ラディアン花の公園を回りました。
14:00 二宮駅で解散

富士山も、菜の花も、広い大きな海も、いつものように目の前にありました。でも、私たちはマスクをし、間隔をあけて並んで眺めています。もしかしたら「昨年より人が少ないねー! なんで間隔をあけて眺めているのだ? 人間同士は仲が悪くなって、会話がし難くくなったのか?」と富士山が呟いているかも知れません。いつものように春は巡ってきていますが、私たちの自粛の無い春は来るのでしょうか?

冬晴れの天覧山~龍崖山

2020年12月20日(日)快晴
朝から冬晴れの良いお天気です。風が冷たい。毛糸の帽子をザックに入れて家を出ました。
今日のコースは、西武池袋線飯能駅→能仁寺→天覧山→多峯主山→吾妻峡→龍崖山→龍崖山公園→飯能河原→飯能駅 歩程4時間 総勢62名です。
飯能駅改札口9時20分が集合時間です。参加者が多く、駅改札から飯能市中央公園に移動し、リーダーの挨拶や山行中にマスクをすることなどの注意を受けた後、2班に別れて出発です。能仁寺を通り、天覧山へ向かいます。皆さん何度も歩かれているのコースです。
10:35 天覧山(197m)着、富士山が山影から見えています。10:45 多峯主山へ向かいます。午前中なのに影が寒々としています。11:20 多峯主山(270.8m)着、多くの人が昼食休憩をとっていました。今日が今年の登り納めという他のグループの人達とテーブルを共にし、昼食をとりました。12:00 1班から先に午後の出発、御嶽八幡神社からの富士山。登山道はすっかり冬の様相です。12:20 影が長くなっています。無人スタンドがありました。周囲に柚がたくさん実っています。先月の大高取山の山行で、桂木ゆずをたくさん買われたので、今日は皆さんそっけなく通り過ぎます。12:55 吾妻峡着、ドレミファ橋を渡ります。13:15 八耳堂着、風が冷たく寒いです。八耳堂の池が凍っています。ストックで突いても氷は割れませんでした

龍崖山までの登のために、杖が置いてありました。13:35 龍崖山(243.9m)着。班ごとに集合写真を撮りました。冬晴れのため、遠くまで見通しが利きます。杖の回収スタンドがありました。13:50 燧山着。展望台となっていました。富士山の頭だけ見えます。この後、龍崖公園を通り、飯能駅へむかいました。
15:35 駅近くで解散

 

大高取山とゆずの散歩道

2020年11月29日(日)晴のち曇
今日のハイキングは、八高線・東武線 生越駅から歩く大高取山です。
生越駅に集合時間より30分以上早く着いてしまいました。駅前で1年ぶりくらいに会う友人を見つけました。コロナを恐れて、ハイキングに参加していなかったようです。あまりに久し振りにハイキングに参加するので、ストックを忘れてきてしまったというので、私のストックの片方を貸すことにしました。
生越観光協会の広場で、皆さんを待つことになりました。
広場には「ハイキングのまち 生越」の観光案内がありました。大高取山は何度か歩いています。今年も、新型コロナウイルスの非常事態宣言が5月25日にすべての地域が解除された後、5月31日に友人と2人で歩きました。その時は桂木観音から虚空蔵尊に下り、生越駅に戻るコースでした。
電車が着くたびに、会員が集まってきます。
今日のコースは、生越駅→世界無名戦士之墓→大高取山→桂木観音→ゆずの散歩道→JR毛呂駅・東武線東毛呂駅 歩程4時間、総勢48名です。
9:30 集合、リーダーの挨拶、ストレッチ
9:45 出発、皆さんマスクをしています。
まずは世界無名戦士之墓までひと登です。世界無名戦士之墓からの風景も、木々の葉は茶色くなり、すっかり葉が落ちしまっているのもあります。世界無名戦士之墓から登山道に入ります。
10:30 西山高取着静かな山道を時々ハイカーとすれ違います。11:20 大高取山(376.2m)着、あとは桂木観音へ下りです。緑葉樹がほとんどの中、赤いもみじが鮮やかです。12:00 桂木観音着、昼食休憩桂木観音の周りはゆず畑です。柚がたくさん実っています。先日の新聞の埼玉版に”今年は桂木ゆずが豊作”と出ていました。<みどころスポット>ここは④桂木観音、これから向かうのは、「ゆずの散歩道」の③ゆず畑です。12:45 午後の出発。柚畑の中を歩きます。桂木川に沿って「ゆずの散歩道」です。JR毛呂駅までの間に、直売場があり、皆さんお買い物をして、ザックが膨らんでいました。
14:20 臥龍山 出雲伊波比神社で解散

最近のコロナの感染の拡大から、今日はハイキング中もマスクを付けて歩きました。東京ハイキングのホームページで、この日の活動報告の写真を見ると、皆さん、ニコニコと楽しそうです。平日は家で自粛なさっているのでしょうか。会のハイキングに参加し、顔なじみと会って、話をし、笑い、買い物をして、本当に楽しそうで、にぎやかでした。