日光街道沿線 No.18 間々田宿(栃木県小山市)

江戸へ拾八里、日光へ拾八里
2006年9月10日号
撮影日: 2006年8月26日  フィルム:NEOPAN400 PRESTO   スキャナ:EPSON GT-9800
 間々田はちょうど江戸と日光の中間点に当たります。それを示すために、ここに榎が植えられました。碑には「逢の榎 江戸へ十八里 日光へ十八里」と刻まれています。
 はじめは「間(あい)の榎」でしたが、いつの間にか「逢の榎」となり、縁結びの榎となりました。
 国道4号線の道路沿いには「東京から71km」と書かれています。
space
 間々田駅から国道4号線に出て、日光方面を見ると、ひときは目立つこの蔵が目に入ります。旧商家です。近くに行ってみると、何棟かの蔵があって大きな商いをいていた家と推察できます。本によるとこの近くにまだ旧い建物があると書いてあったのですが、もう立て替えられてしまったようで、見当たりませんでした。
space
 国道から少し、離れてみると「関東平野」ということを思い出させてくれる一面の田んぼが広がっていました。いつも、道路周辺ばかり追っていたので、こんな風景が広がっていることに気がつきませんでした。
 稲穂が頭を垂れています。もう、秋なのですね。
space space space
 

 女不動原瓦窯跡。下野薬師寺(奈良時代、日本三戒壇のひとつ)の瓦を作るための窯跡です。昭和5年国指定史跡となり、いまは、史跡公園となっています。
 古河もそうですが、このあたりは古くから栄えた地域です。

space space space

日本橋/ 日本橋横山町/ 浅草橋/ 浅草寺/ 南千住/ 千住大橋/ 北千住/ 草加/ 松原団地/ 越谷/ 春日部/
杉戸/ 幸手/ 栗橋/中田/ 古河/ 野木/ 間々田/ 小山/ 新田/ 小金井/ 石橋/ 雀宮/ 宇都宮/ 追分〜徳次郎/
徳次郎〜大沢/ 日光杉並木/ 今市〜鉢石/ 鉢石/
topへ戻る

Copyright (C) Galleryカメラ片手に All Rights Reserved.