日の出山北尾根

2019年5月2日(木)曇/晴れ
4月29日の子の権現に行った時、友人の一人が「日の出山に行ったことが無い」と言い出しました。それでは、この連休中に日の出山に行こうということになり、4月30日、5月1日は雨が降るという予報なので、今日、行くことになりました。
友人が初めて日の出山に登るのであれば、北尾根を登るのが良いと提案し、2人は賛成してくれました。コースは、御嶽駅→御岳渓谷→神路橋→光仙橋・登山口→日の出山北尾根→日の出山山頂→ケーブル駅御岳→滝本 ケーブル下(バス)=JR御嶽駅 歩程約4時間です。集合は、ホリデー快速おくたま5号 JR青梅線御嶽駅9:40です。これをその場で決めました。

御嶽駅に降りるとパラパラと雨が当たったので、コースを変更するかどうか話し合い、すぐ止みそうということで、予定通り歩くことにしました。
御岳渓谷へ下り、川沿いを上流に向かって行くと、カヌーをしている人たちがいました。藤が咲いています。

神路(カミジ)橋を渡っていると、上流にたくさんの人が河原にいました。連休で遊びに来ているでしょう。

橋を渡りバス通りへ上がります。御嶽神社の大鳥居をくぐって道をケーブル駅方向へ上ります。
10:20 光仙橋着、北尾根登山開始。
初めて日の出山に登る友人に、この道のことを説明しました。
・登山口の階段を登るとすぐに、青梅市観光協会の登山自粛要請の看板があります。
・いつもの登山道と違い、道標は無く、迷うことはありませんが、踏み跡の一本道です。
・ほぼ登りが続き、急登です。
・国土地理院の地図でも、山頂直下から道がなく、山と高原地図にも道が載っていないため、歩く人がほとんど無く、今日も人に会わないと思われます。

朝からどんより曇っています。日差しがありません。朝までの雨で道が濡れています。最初私が先を歩いたのですが、すぐに日の出山初めての友人に変わりました。踏み跡がはっきりしているのですが、木にビニールの紐が巻かれているのでそれをたどって、また、赤い杭が続くので、それを確認しながら歩くように話しました。もちろん後に続く私達2人も、確認していきます。
林の中を歩くのですが、開けたところに出ました。御岳山が見えます。

雷がなり、雨を心配しましたが降りませんでした。順調に登って行きます。

12月に来た時の時間から、山頂に着くのは13時過ぎと思っています。急登が続き、登りが緩くなるところで休憩します。それを繰り返しながら登っていきました。
ヤマサクラが咲いています。

歩いていると、桜の花びらが落ちてきました。足元が、花びらが敷き詰めたようになっていました。

山頂に近づくにつれ日が差してきました。林の中が明るく成ってきました。

12:40 日の出山着。予想とおり、登っている間は誰にも会いませんでした。
昼時を過ぎているので、いつもよりハイカーが少ないようで、あずま屋に座ることができました。遅い昼食です。

日の出山からの展望は、まだ霧が掛かっています。富士山も見えません。

13:10 ケーブル駅へ下山開始。山頂付近は桜が咲いています。

すっかり晴れてきました。明るい青い空に桜が綺麗です。

御岳ビジターセンターに立ち寄り、小休憩
14:45 ケーブルで下山
15:24 JR御嶽駅から青梅行きで帰宅

頂上に着いたとき、2人とも満足した顔をしていたので、ほっとしました。一般登山道でないところを、個人山行で歩く面白さを少しだけでも味わってくれて良かったです。
大塚山を越えて、古里駅に下山することも考えましたが、欲張らないでケーブルで下山しました。

本陣山から子の権現

2019年4月29日(昭和の日)晴れ
昨日に続いてのハイキングです。
昨日、羊山公園でお昼を食べている時、友人が「明日もお天気が良いから、どこかに行かない」と言い出しました。突然だったので、奥武蔵と場所を絞って考え、子の権現に行くことにしました。コースは山に詳しい先輩に相談、子の権現で静かなコースは、本陣山、イモリ山から子の権現と提案してくれました。そこで決まった今日のコースは、西武秩父線西吾野→本陣山→イモリ山→子の権現→浅見茶屋→西武池袋線吾野駅 です。一度歩いたことがあるように思います。
9:20 西吾野駅に集合し、地図を見ながらコースを説明してから出発。
吾野の春の里山風景です。国道299号線を飯能方向へ行くと、右手にゲートがあります。ゲートを入ると、踏み跡がはっきりついている途がありました。スマホでGPSを確認し、道を確かめます。10:07 森坂峠着、本陣山へピストンします。10:20 本陣山着、椚平から登ることもできるようですが、「登山詳細地図」には道が記載されていませんでしたので、森坂峠から登りました。静かな道で、杉の林の中を行きます。私たちの他は誰もいません。独りだったら気味が悪いかもしれません。3人だから歩けます。赤いツツジが所々に咲いて目につきます。イモリ山へ向かって歩いていくと、旧森坂峠から道が険しくなってきました。地図を見ると破線になっています。イモリ山へはまたピストンになるので、今回は頂上へは行かず、直進です。子の権現の鐘の音が聞こえてきました。
11:20 送電線に到着、奥武蔵の萌え木色になった山が見えます。足もとにフデリンドウが咲いていました。11:53 破線の道が終わって、歩きやすい道になりました。初めて他の登山者に会いました。なぜか人に会えてほっとしました。今まで誰とも会わず、ちょっと不安な気持ちになっていました。この後、子の権現から下山する親子連れと、2人の独り歩きの登山者とすれ違いました。長い登りで疲れてきました。
12:35 子の権現参道に出ました。今回は疲れたので子の権現へ参拝せず、阿宇山でゆっくり昼食休憩です。いつも30分の昼食休憩ですが、今日は1時間近く休憩しました。
13:30 登りの疲れもとれ、元気になったところで出発です。浅見茶屋を通って吾野駅にゆっくり下山します。
15:20 西武池袋線吾野駅着、
15:37 飯能行きで帰宅

静かな山歩きができました。
いかにも奥武蔵の杉林の山です。3人で話をしながら歩けました。
お正月に3人で鐘撞堂山へ行った時に、歩き足りないようだったので、今日のコースにしたのですが、少し登りが長かったようで、お昼の休憩を長くしました。
3人とも、何度か子の権現に来ています。子の権現はいくつかコースがあるので、その都度違うコースを歩いています。このコースも歩いているはずですが、3人ともあまり覚えていないところがありました。

羊山公園~琴平丘陵

2019年4月28日(日)晴れ
いよいよゴールデンウイークが始まりました。今日は連休二日目、東京ハイキングの山行に参加します。
今日のコースは、西武秩父駅→羊山公園→武甲山登山口の碑→長者屋敷→岩井堂→護国観音→大渕寺→秩父鉄道影森駅 歩程約3時間 総勢42名です。
集合は西武池袋発8:05発、西武秩父9:45着です。この電車は、池袋から西武秩父まで乗り換え無しで行けるため、芝桜を見に行く人で混むと思われたので、池袋7:35発に乗車し、飯能で乗り換えて行くことにしました。でも、西武秩父駅はすでに観光客が多く、トイレには長い行列ができていました。
10:15 受付後、西武秩父駅を出発、羊山公園に向かいました。
10:45 羊山公園、芝桜の丘着、ここで自由行動、お昼を済ませて、12時に中央口に集合するようにリーダーから指示がありました。芝桜の丘は芝桜を見る人たちが大勢来ていました。赤、ピンク、白の芝桜が鮮やかな模様を描き、明るい春の日差しに輝いています。園内を回ってから、小高くなっているところにベンチがあるところに集まり、公園を見下ろしながら、並んでお弁当を食べました。12:00 琴平丘陵へ向けて出発。琴平丘陵は真冬の今年2月2日に東ハイの山行で、逆コースで歩いています。今日は、新緑の中を歩きます。12:27「武甲山登山口の碑」着。以前の武甲山登山口です。ここから山道です。休憩の度に水を飲むように指示があります。朝は寒かったのですが、汗をかくくらいの暖かさになっています。
13:20 長者屋敷着修験堂への急な階段13:50 札所26番 円融寺の奥の院 岩井堂着14:28 護国観音着14:50 札所26番 竜河山 大渕寺(りゅうがさん だいえんじ)着15:06 秩父鉄道影森駅着。秩父鉄道はスイカ、パスモが使えないので、急いで切符を買って電車を待ちます。
15:11 影森より帰宅