初秋の陣馬山

2020年9月13日(日)曇り
8月は猛暑のため、東京ハイキングの山行に参加しませんでした。そのため私にとっては久ぶりのハイキングです。
今日の陣馬山への山行は、本来は昨日12日が催行日でしたが、雨のため順延され今日になりました。
高尾駅は、相変わらず高尾山へ行くハイカーで混んでいました。バス時間の30分前に高尾駅に着いたのですが、バス乗り場に行くと、もうリーダーたちが並んでいました。満員の臨時急行バスで陣馬高原下へ、すぐに、8:10発の定期バスも到着して、参加者がそろいました。
今日のコースは、高尾駅(バス)=陣馬高原下→陣馬街道→登山口→陣馬山→栃谷尾根→陣馬登山口→藤野駅 歩程3時間20分 総勢43名です。
9:10 リーダーの挨拶の後、2班に分かれて出発。私は友人と2班に入りました。陣馬山は皆さん何度も来ています。このバス停から出発、また、下山をするところなので、なじみのバス停です。
陣馬街道の途中にある登山口から、陣馬新道に入ります。
沢の水が昨日の雨で、いつもより勢いがあるように感じます。この道は急登です。最近の暑さを思えば、今日は幾分涼しいのですが、休憩の回数を多くとって登っていきます。曇りなので、いままでの暑さからみれば、カンカン照りでなくありがたいのですが、霧が深くなっています。陣馬山でこんな霧にあうのは初めてです。10:48 頂上直下、春にニリンソウの群落がみられるところだと思うのですが、あたりが見えません。霧で、先に歩き始めた1班がすぐに見えなくなりました。11:10  陣馬山頂着(854.8m)。到着するハイカーが次々と白馬の前で写真を撮りに来ます。茶屋は閉まっていました。ここで昼食休憩です。
晴れていれば、富士山、秩父・奥多摩の山々、遠く房総半島まで見えるのですが、全く見えません。出発前に、全員で集合写真を撮りました。
11:40  午後の出発、霧はついに晴れてくれませんでした。
陣馬山山頂付近は、沢山の花が咲いていました。私は栃谷尾根は初めて歩きます。危ない場所もなく歩けました。栃谷の集落の近くには、ススキが咲き始めていました。季節は確実に秋になっています。栃谷分岐あたりで、アゲハチョウがヒガンバナにとまっています。街中ではめったに見ることことがでないので、珍しいと友人とカメラを向けました。陣馬登山口バス停に行くと、先に着いていた1班の人達が並んでいました。間もなくバスが来る時間というので、慌ててストックをしまい列に並びました。
13:40 バス停で解散。
13:39発のJR藤野駅行きバスに乗車。いつも一ノ尾根から陣馬山登るときは、駅から歩くのですが、今日は下山で歩いた後なので、バスに乗りました。私たちより後にバス停に着いた人たちは、先に乗った私たちで満員のため乗れず、歩いていました。歩いた皆さん、楽をしてごめんなさい。
14:00 藤野駅着

今年の8月の暑さは異常でした。暑さに弱く、エアコンも苦手な私はどうしようもなく、少し暑さが和らぐ、夕方5時過ぎにウオーキングに出かけるのを日課にしていました。会のハイキングに参加しなければと思っていたのですが、暑さのことを思うと、つい、ためらってしまいました。9月になって少し涼しくなってきたので、週末には参加するつもりです。