鐘撞堂山 寄居・美里町

2020年6月7日(日)曇り/晴れ
先週に引き続き、駅から登れる山へ行くことになりました。今日は寄居町の鐘撞堂山へ行くことにしました。メンバーは先週と同じく友人と二人です。
結果として歩いたコースは、寄居駅→八幡大神社→八幡山→鐘撞堂山→円良田あんずの里→特産センター→円良田湖→羅漢山→少林寺→寄居駅 歩程約4時間でした。
私は何度か鐘撞堂山へ来ているので、今日は、私が案内役で鐘撞堂山へ登ります。
先週と同じ電車で、東武東上線朝霞台で友人と合流しました。やはり電車は空いています。昨夜、雨が降り、今朝、曇っていたためかもしれませんが、ハイカーも先週より少ないようです。
9:00 寄居駅から出発。まだ、どんよりと曇っています。国道140号線に出て、八幡大神社へ向けて歩きます。寄居町の後ろにある鐘撞堂山からの尾根を指して、あの尾根を歩くのと説明しました。
9:30 八幡大神社からストックを出して登り始めます。最初から急登、その後は歩きやすいアップダウンの繰り返しの山です。
9:55 八幡山着、一回目の休憩、日が少し差してきました。去年は、お正月と3月下旬は八幡コースを、11月は大正池から登りました。お正月は、枝の間から寄居の町が見えていましたが、いまは、葉が生い茂って町が見えません。3月は、桜、カタクリ、ツツジなど花を追いかけていました。今年は新型コロナのため、春に山歩きができませんでした。山の春が、私たちの中に無いのです。春がなくて突然、葉が生い茂った山になって、去年歩いた山と違うようです。時々、一人、二人連れのハイカーとすれ違います。今日も団体はいませんでした。
だんだん日差しが強くなって、暑く感じるようになってきました。
11:08 鐘撞堂山頂上着。いつもは、あずまやが家族連れや、グループでいっぱいになっているのに、今日は空いています。手前に、寄居の町役場が見えます。すっかり晴れて日差しも強くなっています。熊谷方面です。熊谷ドームが見えます。真夏には、ここには暑くて、来ることができないでしょう。日本で一番暑い熊谷がすぐそばです。展望台に上ると、日光方面が見えるので、友人が先月登った袈裟丸山が見えるはずでしたが、立ち入り禁止になっていました。
11:55 円良田あんずの里へ下山開始。ここまでは、あんずの里から虎ヶ岡城址をへて波久礼駅へ出る予定でしたが、円良田湖へ行くことになりました。
円良田あんずの里は、いまは緑ばかりで、桜や杏のピンクや、梅の白い色がありません。杏や梅の木にはすでに実がついています。12:37 円良田特産センター着、ここは美里町です。ここの特産品、梅、ニンニクなど、その季節のものを売っています。私たちはあんずのアイスをいただきました。甘酸っぱくて本物のあんず果汁入りです。
「右に行けば円良田湖右岸、秩父鉄道波久礼駅に出れます。左に行けば寄居駅に出ます」と特産品センターにいた方が教えてくれました。
13:05 私たちは、左の寄居方面に向けて出発しました。円良田湖畔の車道を歩きます。円良田湖は多くの釣りを楽しむ人が来ていました。車は熊谷ナンバーがほとんどでした。(写真は去年11月、波久礼駅に出た時に撮ったものです)13:35 車道から羅漢山を越えて少林寺への山道へ入ります。地元の観光客3~4人が、私たちの後ろについて登り始めたのですが、頂上まで一気に続く登りで、途中で引き返したようです。彼らは車で来ていたようです。そのまま車道を行くと寄居へ出ます。
13:45 羅漢山着、510体の羅漢様が並ぶ山道を少林寺に向けて下ります。13:57 少林寺着。ここからは寄居駅まで車道歩きです。14:50 寄居駅近くで、お疲れさまの乾杯。
15:27 東武東上線小川町行で帰宅

鐘撞堂山の八幡コースを登り、そのまま下って帰ったら、物足りないと言われそうだったので、虎ヶ岡城址へ登り、尾根伝いに波久礼駅に出るつもりでした。でも、秩父鉄道と東武電車の乗り継ぎがうまくいかないと、30分以上は待つことになるので、カタクリもないし、円良田湖から寄居に出ることにしました。友人と二人なので、少林寺から寄居駅までの、日差しが強い中の車道歩きも、苦になりませんでした。
先週、久しぶりに山歩きをで足がパンパンになったのですが、今日はなりませんでした。来週はどこへ行きましょうか?