初歩き 子の権現

2020年1月5日(日)晴れ
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年の初歩きは、東京ハイキングの子の権現です。東京ハイキングの山行に参加は、半年ぶりです。しばらく集団で歩くハイキングに参加していないので、皆さんに付いて歩いて行けないかもしれないと心配です。駅前でいつも一緒になる友人が待っていてくれ、私の復帰を喜んでくれました。
コースは、西武秩父線西吾野駅➝「天寺へ十二丁」➝子の権現➝竹寺➝小殿バス停(バス)=飯能駅 歩程約3時間、参加者は45名です。予定では小床峠➝吉田山分岐を歩くのでしたが、台風の影響でコースが変更になりました。
西吾野駅前は、他のハイキングの会の人達もいてハイカーが大勢います。9:30 西吾野駅出発
登山道の途中、台風で倒されたのでしょう大きな木が倒れていました。45名参加なので列の中ほどを歩いていても、長い列です。子の権現山門11:35 子の権現本堂着、今年の山行の安全をお願いしました。冬晴れの奥武蔵の山々がくっきり見えます。子の権現を少し行った所の日向で昼食大休憩、お正月なので、リーダー恒例の甘酒を作ってくれました。12:30 午後の出発、竹寺へ向かいます。
冬の日差しは弱く、北斜面は風が冷たく、小休憩の時にセーターを着こみました。竹寺の近くにあった「関東ふれあいの道」の案内板、私は2009年1月に「埼玉ふれあいの道」で、初めてここを歩きました。案内板がこんなに傷んでしまっているのを見ると時の経つのを感じます。14:05 竹寺(正式名称は医王山薬寿院 八王寺)着、神仏習合の寺です。14:15  あとは、ひたすら休憩なしで小殿バス停へ下ります。
途中登山道が崩落して通ることができない場所がありました。リーダーが、男性の会員に声を掛け、全員エスコートをしてもらい斜面を登り、崩落個所を迂回して通ることができました。
15:12 バス停に近くまで来たときに、乗客が誰も乗っていないバスが走って行きました。全員小走りでバスを追い、バスに追いつきました。ほぼ全員バスに乗ることができました。リーダーは遅れた人を待って、次のバスで飯能駅に向かうことになりました。そのため、飯能駅で自然解散となりました。

無事、皆さんと一緒に小殿バス停まで歩くことができました。これからも、無理をせずハイキングを楽しみたいと思います。