金比羅尾根~南沢あじさい山

2019年6月23日(日)曇/雨/曇
2週間ぶりのハイキングに参加です。
梅雨に入って、昨日は雨が降ったり止んだりでした。出発前、リーダーから雨が降るという予報なので、コースを短く変更しますと言われました。会報に載っていたコースは、JR武蔵五日市駅→樽→金比羅尾根分岐→南沢山→あじさい山→金比羅山→武蔵五日市駅 歩程4時間です。参加者はいつもより少ない19人です。
9:40 南沢あじさい山の入山料500円を事前に係に渡し、JR武蔵五日市駅前を出発。
樽の集落にあったお地蔵さん。五日市は戦国末期の文書に「五日市」とある歴史のある地です。10:13 “樽”の集落から山道に入ります。10:25 五日市小学校、中学校の前を通る道から入る金比羅尾根コースに合流10:34 “金比羅山巻き道”と“日の出山・金比羅山”の分岐のベンチがあるところで休憩。
駅前で渡された地図を見ながら、場所の確認をしています。登山道入口の道標と違って、東京都の立派な道標があります。岩にピンクの花展望台からのは厚い雲がおおわれた市街地ツツジが咲いています。11:12 琴平神社着琴平神社の近くの木に、「金比羅山468M ⇒」と木に付けられていました。金比羅山山頂はこの先のようです。金比羅尾根に、南山あじさい山への分岐がありました。分岐を下って行くと紫陽花が見えてきました。雨が降ったり止んだりの山道を滑らないように慎重に下っていきます。南沢あじさい山は南澤忠一さんが50年かけてアジサイを植え続け、約10,000株のアジサイが咲いています。真白なアナベル藍のアジサイが多い中、ピンクのアジサイがありました。多くの人が訪れていました。紫陽花が、雨に濡れ、生き生きしています12:10 1時間の昼食休憩です。東屋で顔馴染みのメンバ―とにぎやかな昼食後、ゆっくり山を散策、紫陽花を見て回りました。
13:20 あじさい山から下山時、雨が降ってきました。レインウエアを着て、駅に向けて出発。
13:45 途中の神社前で解散となりました。
14:32 JR武蔵五日市駅より拝島行で帰宅