桜の清雲寺

2019年4月7日(日)薄曇り/晴れ
今年も秩父にある清雲寺へのお花見山行に、参加です。3年ぶりに、お花見の時期が合う山行になりそうです。おととしは桜が咲くのが遅く、見頃に少し早い山行でした。去年は、一人で見頃を過ぎていることを承知で、葉桜になっていた桜を見に来ました。今年は、お花見ができるでしょう。
西武池袋駅8時5分発、秩父鉄道浦山口駅10時4分着が集合です。池袋から西武線沿線の車窓はどこも桜が満開で、ずっと移動しながらのお花見でした。
今日のコースは、秩父鉄道浦山口駅→不動名水→長泉寺→秩父さくら湖→浦山ダム資料館→若御子山遊歩道入口→国見の広場→若御子峠→憩いの広場→若御子神社→清雲寺→千手観音堂→武州中川駅 歩程3時間30分 総勢26人です。毎回このお花見山行に参加している会員も何人かいます。

10:04 桜の秩父鉄道浦山口駅着。
10:25 秩父鉄道は、スイカ、パスモが使えません。切符を購入してこない人の精算に、時間が掛かりってしまいました。

10:25 不動名水へ立ち寄ります。

10:55 長泉寺着、寺の入口のエドヒガン桜はすでに葉桜になっていました。

11:15 浦山ダムにエレベーターで一気に132m登り、資料館で小休憩。
ダムからの現秩父市です。この後、若御子遊歩道を“国見の広場”まで登ります。
12:27 一気に休憩無しで“国見の広場(朝越山)“まで登ってきました。ここで、昼食休憩です。13:00 午後の出発。若御子峠、“憩いの広場”を通って、若御子神社、清雲寺へ向かいます。
13:55 清雲寺着、各自、自由に境内でお花見です。
樹齢600年のエドヒガン桜、すでに満開は過ぎていました。境内にあった“源平桃”です14:15 千手観音堂へ経て、武州中川駅に向かいます。
15:05 秩父鉄道武州中川駅より羽生行で帰宅

ここのところの秩父の気温が、4日18.8℃、5日24.4℃、6日21.0℃と高かったため、長泉寺も、清雲寺も、エドヒガンザクラ桜は見ごろを過ぎていました。でも、咲く時期が少しずれているチチブベニシダレザクラは、満開でした。