鐘撞堂山とカタクリ群生地

2019年3月31日(日)雨/晴れ
今日は、お正月に一緒に鐘撞堂山を歩いた友人と、鐘撞堂山の桜と、美里町のカタクリ群生地を、歩く個人山行です。コースは、寄居駅→八幡神社→鐘撞堂山→あんずの里→カタクリ群生地→秩父鉄道波久礼駅 歩程約3時間30分です。
友人との待ち合わせは寄居駅9時頃です。でも、私が小川町に着いた8時半では、まだ雨が降っています。天気は次第に晴れてくる予報です。少し後から来る友人を小川町の駅で待つことにしました。二人が寄居駅に着いた頃には、雨は上がっていました。
結果として、今日は盛りだくさんの一日になりました。

9:20 前回と同じく、寄居駅から八幡神社に向かいました。9:53 八幡神社わきの登山口にある桜は、まだ咲いていません。桜は期待できないかもしれません。私たちの他に数組のハイカーが、先に登って行きました。ミツバツツジが咲き始めています。赤い花が目立ちます。春の山のピンクは、桜です。カタクリを保護しているロープが張ってあるところに着きました。
小さなカタクリが咲いています。友人が見付けておしえてくれます。枯れ葉がまだそのまま残っています。小さいですが、分かりますか。まだたくさんカタクリの写真を撮ることができました。
すっかり晴れて、日が差しています。北側の霧ヶ谷津池方面も、桜のピンク色がうっすらと付いています。

南斜面の登山道脇に、植樹されて間もない桜も咲いています。山頂直下の桜は満開のようです。11:45 鐘撞堂山頂上着。私達もこの桜を眺めながら、東屋の軒下の特等席でお昼にしました。南斜面の桜は咲いているのに、山頂の桜はまだ蕾です。12:35 あんずの里へ向けて下山開始
13:20 あんずの里着、美里町円良田地区は、いかにも春の里山です。桜のピンクがあって、静かで、のどかでした。私たちは、真直ぐカタクリの群生地に向かいます。私は1月に下見をしているので、道は分かっています。しかし、群生地に向かう道が通行止めになっていました。仕方なく、カタクリを諦め、円良田湖畔の桜でも見て帰ることにしました。あんずの里の“円良田特産センター”へ、戻ることにしました。。“円良田特産センター”に着くと、係の方が「虎ヶ岡城址のへの道を登って行けば良い」と教えてくれました。私たちは引き返し、カタクリの群生地へ向かいました。
群生地の近くにも、カタクリがたくさん咲いているところがあり、ここが群生地かなと思うほどでした。所々に、群生地へ導く案内が、貼ってあります。14:05 美里町のカタクリ群生地着。
一面にカタクリがびっしり咲いているのにびっくりしました。登山道にも咲いていました。午後の日をいっぱい浴びているカタクリです。地元の4人の女友達が、仲良く座ってカタクリを眺めていました。毎年この時期カタクリを見るために、登ってくるのだそうです。
存分にカタクリを楽しんで、ここを去りました。ここから尾根に出て、波久礼駅に向かいました。
15:15 秩父鉄道波久礼駅着
15:22 羽生行で帰宅

今日は、友人が私に思う存分に写真を撮らせてくれました。友人に感謝です。
写真が多くなり過ぎたかもしれませんが、カタクリを楽しんでください。