日だまりの鐘撞堂山

2019年1月4日(金)快晴
明けまして、おめでとうございます。
今年も元気にハイキングを楽しみたいと思います。

新年最初の山は、鐘撞堂山です。昨日、ハイキングの会の新年顔合わせで、武蔵野吉祥七福神巡りに行った時に、友人2人を誘いました。
集合は、2人は東武東上線、1人は八高線なので、寄居駅9時頃です。このメンバーでのハイキングは初めてです。新年の平日なのでコースは短めにしました。東武東上線、八高線、秩父鉄道寄居駅→八幡神社→八幡山→鐘撞堂山→大正池→寄居駅 歩程約3時間30分です。
御用始めのこの日は、駅はいつもの週末に比べてやはりハイカーは少ないようです。登山口のある八幡神社は、秩父鉄道桜沢駅が最寄り駅です。今回は、電車に乗らず寄居駅から歩くことにしました。
9:25 寄居駅出発、駅から車の通りが激しい国道140号へ出ます。国道を右へ曲がります。目の前の山の尾根が、鐘撞堂山の東側の尾根です。その取り付きが八幡神社です。
9:45 八幡神社着。八幡神社は、国道140号と254号が合流するところです。9:50 神社の横の登山口から、登り始めます。最初は急登です。お天気が良く、日差しが心地よい暖かさです。冬枯れの林の中を散歩している気分です。10:14 最初のピーク八幡山山頂に到着。小休止これからいくつもピークが続きます。3人で話ながら登るので、ゆっくりです。何組かのハイカーに追い越されました。いつもの団体ではないので、のんびり歩きです。桜の木が多くあります。カタクリの花を保護のためにロープが張られている場所もありました。春が楽しみなところです。11.:40 鐘撞堂山(329.8m)着。昼食休憩、私たちはのんびり1時間40分掛けて登って来ました。鐘撞堂山はいくつか登るコースがあるので、数組のハイカーがすでに休憩しています。山頂はにぎやかでした。東屋は席があったのですが、日影で寒いというので、日が当たる暖かいベンチにしました。ベンチで隣り合わせていた男性は、今度八ヶ岳に行くのでトレーニングで来たそうです。登ってきたタイムは40分だそうです。私たちのタイムを聞いて笑っていました。蝋梅が咲き始めています。近づくとよい香りがしていました。展望台へ登り冬晴れの寄居町を見渡します。

12:20 大正池へ下山開始

13:30 寄居駅着、下りはあっけなく着いてしまいました。少し歩き足りない感じです。
14:04 東武東上線小川町行きで帰宅。13:34の電車が発車したばかりで、午後の一番電車の本数が少ない時間なので、30分の待ちです。

次回は、桜の咲く頃にまた来ようと2人と約束しました。次回も八幡神社から登り、あんずの里へ回るコースにする予定です。その前に下見に行ってみます。