五感の森 八重山 ハイキング

2016年6月11日(土)晴れ
上野原市の「五感の森 八重山」へハイキングの会の山行で行きました。私にとって初めてのリーダーの山行です。でも、会で親しくしてもらっている先輩と電車で一緒になり、安心して参加しました。
今日のコースは、上野原駅(バス)=新井→虎丸山(468m)→能岳(542.7m)→八重山(531m)→展望台→秋葉山(391.4m)→根本山(322.2m)→上野原駅 5座を歩く、歩程4時間 参加者は13名です。
9:09 駅で受付を済ませてバスに乗り込みました。
9:30 終点「新井」で下車。リーダーのコースの説明の後、出発。
雪が少なくなった富士山が見えています。虎丸山登山口より山に入ります。今日は暑くなりそうです。水分は十分持て来ました。虎丸山への分岐、虎丸山へはハイキングコースから逸れて往復します。
10:10  虎丸山着。山頂には小さなお堂がありました。小休憩の後、ハイキングコースへ戻ります。 頭の上に馬を乗せた馬頭観音がありました。樹林の中をもう新緑の季節から緑濃い夏の葉になっています。
10:50 能岳(524.7m)着。暑くなってきました。スポーツドリンクをこまめに飲んでいます。11:08八重山(531m)着。東屋があったのですが、ほかのグループが昼食をとっていました。11:27 リーダーは、展望台で昼食にしたかったのですが、ここも他のグループが昼食をとっていたので、展望台の手前に13人が昼食をとることが出来る場所があったので、30分の昼食休憩をとりました。今日は人数が比較的少なかったので、キュウリ、トマト、リンゴ、サクランボ、オレンジ、自家製の干し柿まで回ってきて、にぎやかな昼食でした。この時間でも富士山が、まだ見えていました。12:00 午後の出発。
展望台へ、他のグループが昼食休憩をしていました。ここからの展望は抜群です。リーダーがここで昼食休憩したかったのがわかります。
まずは、富士山山梨の山々がグルーッと見えます。山を下っているとテニスのボールを打つ音が聞こえました。学校が近いようです。
道には花の名前と写真が入った立て札が並んでいます。6月で、春の花は終わっていましたが、写真の花をここで育ているのだそうです。 12:50 上野原中学校前着。上野原市街地がすぐそばです。
それにしても今日は暑い、持ってきたお茶の500mlのペットボトルはすでに空です。スポーツドリンクのみになっています。暑いときはさっぱりした飲み物の方がよいみたいです。
五感の森ハイキングコース入口で小休憩。
五感の森入口の案内板より。
「八重山五感の森」は1926年(昭和4年)水越八重女史が「子供たちのために役立てて欲しい」との思いから上野原小学校に30ヘクタールの山林を寄付してくださったことに因み「八重山」と名付けられたものです。
八重山は、小学校のこどもたちのための「環境教育などの学習」のフィールドとして活用されているとともに、市民の憩いの場として市民に愛されている里山です。

立て札の花々は”五感の森”といわれる場所でした。それぞれの森で、五感を楽しまれるように花々が植えてあるのだそうです。駅前にあったパンフレットに書いてありました。
休憩後、秋葉山に向かって出発。日曜日にトレイルランの大会があるのだそうで、中学校では係の人たちが準備をしていました。
13:25 秋葉山(391.4m)着。ここにもお堂がありました。上野原市の裏山、木々の葉に覆われた尾根道を歩いていると、学校で球技大会でもやっているのでしょうか、歓声が揚がっています。
13:47 根本山(322.2m)、今日最後の山です。左の石に「根本山」と刻まれています。
東屋で最後の休憩。協力者の方が枝豆をみんなにご馳走してくれました。もちろん、ビールはありません。
後は、市街地を上野原駅まで一般道を約2km歩くだけです。
14:20 上野原駅着。
14:28 高尾行きで帰宅

駅前にあった「自分で見つける森 八重山 五感の森」パンフレットによれば、
”視覚の森”:ヤマザクラ・コナラ・エノキ・カヤ
”聴覚の森”:クマササ・オカメザサ・ホオノキ・トチノキ
”嗅覚の森”:コブシ・カリン・ウメ・サツキツツジ
”触覚の森”:サルスベリ・キハダ・ヒイラギ・サンショウ
”味覚の森”:タラノキ・オニグルミ・ヤマガキ・ナツハゼ
が、各森に植えてあるのだそうです。”五感をきたえて見つけてみよう”とあります。
詳しくは「五感の森八重山」で検索してください。