佐白山と笠間

2020年10月25日(日)快晴
いつもと方向が違う、茨城県笠間市まで来ました。笠間は車で友人と陶器市に来たことがありますが、よく覚えていません。今年の陶器市は、コロナのため中止になっています。
今日のコースは、JR水戸線笠間駅→芸術の森公園→佐白山→つつじ公園→笠間稲荷→笠間駅 歩程3時間30分 総勢20名です。皆さん、山行でよく顔を合わせる人達ばかりでした。
10:15 ストレッチの後、出発。笠間は陶芸の街でもあります。街には陶芸の工房がありました。登り窯を見たのですが、写真を撮っていませんでした。笠間芸術の森公園を抜けていきます。紅葉がきれいです。笠間芸術の森公園を抜けると、田園風景になりました。周囲を見渡せる、昔の山城があったように思える山が、見えます。これから登る佐白山ではないでしょうか? スマホの機種を変更してから、山名を調べるアプリをまだ入れてなかった。
のどかな稲刈りの終わった田んぼの間を歩きます。曲がりくねった道です。この間隔では蜜ではないですよね。コスモスも咲いています。会報にあった「舗装道路歩きも長くなります」の道です。車道のわきに登山口がありました。登山道の途中に大きな「歌うたい石」がありました。舞台のようです。謂れを読んでいないのでわかりません。
12:20 佐白山(182.1m)の広場で、昼食休憩。
佐白山は笠間城がありました。城跡は、東日本大震災で石垣が崩落する被害を受けました。昼食後、佐白山の一番高いところにある佐志能神社に上り、往復しました。

佐白山からつつじ公園へ向かいます。公園からは、四方山に囲まれた笠間盆地が見渡せました。高いところからの眺めは気持ちいい。笠間菊まつりが、規模を縮小して10月17日から11月23日までおこなわれています。
笠間のシンボル ”かさま歴史交流館 井筒屋”
街は菊まつりを楽しむ人でにぎわっていました。日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷、初めてきました。菊まつりを楽しんで、駅にむかいました。
15:30 笠間駅着、解散

今日は久しぶりの快晴、小旅行気分で、都内からだと3時間以上、埼玉に住んでいる私が2時間半掛かって笠間駅に集まりました。初めての乗り慣れない路線だったため、時間以上に遠く感じました。そのためリーダーの顔を見ての第一声は「とーおーい」です。みなさん、よく顔を合わせる仲間です。