長瀞 秋の七草寺めぐり

2019年9月20日(金)晴れ
明日からの3連休は、天気予報では雨が降るといっています。今日はアルバイトが休みなので、「長瀞秋の七草寺めぐり」へ行ってみることにしました。
コースは、秩父鉄道長瀞駅→不動寺(撫子)→真性寺(女郎花)→法善寺(藤袴)→多宝寺(桔梗)→洞昌院(萩)→遍照寺(葛)→道光寺(尾花)→樋口駅 歩程13km、約4時間、私は以前逆コースで、歩いたことがあります。
1人なので、10時頃に長瀞駅に着くように家を出ました。平日にハイキングは久しぶりです。通勤、通学のラッシュの少し前に電車に乗った積りでしたが、東武東上線小川町方面の電車は、混んでいました。小川町駅で寄居行きに乗り換えるころには電車も空き、ちらほらハイカーの姿が目につきます。寄居駅からは秩父鉄道に乗り換えたのですが、秩父鉄道で初めて有料の急行に乗りました。
9:24 寄居より急行秩父路3号影森行きに乗車、急行券は200円でした。電車は空いていました。
9:39 長瀞着。長瀞駅で降りたのは、観光客が10人ほどです。
9:45 長瀞駅を出発、観光案内所で「長瀞秋の七草寺めぐりハイキング」のパンフレットがあったので、もらってきました。その地図を見ながら歩きます。長瀞駅1番目の不動寺へ向かって、宝登山ロープウェイ乗り場方向へ登っていきます。
平日からでしょうか、時間が早いせいでしょうかが分かりませんが、観光客は少ないです。いつも週末に来ているので観光客が多く、こんなに人がいない長瀞は初めてです。

10:05 不動寺(撫子)着不動寺撫子はもう終わりのようで、花が少なくなっていました。

不動寺から2番目の真性寺まで約50分です。国道140号線から1本入った道は田舎道、黄色、ピンク、白のコスモスロード、歩いているのは私だけでした。

途中、長瀞第一小学校で運動会をしていました。
国道を渡り、秩父鉄道沿いを歩き、踏切を渡ると「長瀞七草寺霊場」の赤い幟が見えてきました。
10:56 真性寺(女郎花)着。寺の前でたくさんの女郎花を栽培しています。
不動寺

寺を出ると、道の分岐に七草寺の案内の道標が立っています。

巡る順番を忘れて、金石水管橋方向へ行かず、道標の多宝寺の方へ歩いてしまいました。野上駅への交差点で、法善寺をとばすところだったと気付き、荒川を渡り法善寺へ向かいました。
11:22 法善寺(藤袴)着。花は寺の前で育てていました。境内の所々にまだ藤袴が咲いていました。
寺に入る時、“七草寺巡り”の満員のマイクロバスとすれ違いました。本堂の前に、グループで歩いて巡っている人たちが、お参りをしていました。ここのお寺の彫刻は江戸時代のものだそうです。長瀞 法善寺法善寺から、荒川に掛かる高砂橋へ戻り、多宝寺へむかいました。
11:40 多宝寺(桔梗)着。桔梗はもう終わっていました。境内には観光客はいませんでした。境内のテントを張ってある場所で、お昼を食べさせてもらいました。

12:10 多宝寺から洞昌院へは35分です。国道を渡り、再び田舎道を歩きました。
蜻蛉がたくさんとんでいました。12:40 洞昌院(萩)着。本堂への階段下に「萩の花の育成維持管理の為100円ご奉納お願いします」とあり、100円奉納してきました。境内にも、裏の霊園にも萩がまだ咲いていました。洞昌院から遍照寺へは坂道です。途中から山道になります。
13:07 遍照寺(葛)着。葛はもう見頃を終わったようでした。山を下って国道140号へ出ます。国道140号を秩父鉄道樋口駅に向かって歩き、駅を通り越し、荒川に掛かる白鳥橋を渡ると、道光寺はまもなくです。
14:00 道光寺(尾花)着。14:15 樋口駅着。
14:19 熊谷行きで帰宅。

久しぶりに一人で歩きました。一人なのでひたすら歩いてしまいました。
”長瀞秋の七草寺めぐり”は少し時期が遅かったようです。駅前の観光センターでもらってきたパンフレットは、9月7日から16日まで行われた秩父鉄道・東武鉄道合同の駅からハイキングの地図です。

御岳渓谷

2019年9月15日(日)晴れ
体調を崩して、約2ヶ月ぶりのハイキングです。ハイキングの会の人達と一緒に歩く自信が無かった時、会の先輩に御岳渓谷を誘われたので、2人で歩くことにしました。

集合は、立川駅7:57発奥多摩行、8:40軍畑駅着の電車です。電車はハイカーで混んでいました。ホリデー快速ではない各駅停車の電車でもこんなに混むのかしらと、思っていました。
今日、結果として歩いたコースは、軍畑駅→御岳渓谷→御嶽駅(バス)=ケーブル下 滝本駅(ケーブルカー)=御岳山駅→ビジターセンター→裏参道分岐→大楢峠→鳩ノ巣駅 歩程4時間です。
8:40 軍畑駅着、軍畑駅は、高水三山の方向へ行く登山者で混んでいました。私たちは、彼らとは反対方向の多摩川へ向かいます。

国道に出ると、向かい側に「御岳渓谷」案内板がありました。今日は良いお天気です。多摩川べりへ下るところは、御岳駅方向へ少し行った所に道標がありました。
コスモスが咲き始めていました。もう初秋です。御岳渓谷の道は、歩きやすく整備されています。私たちのように、登山靴である必要はありません。
紅い曼殊沙華が咲いて秋を思わせてくれます。私たちは、スマホのGPSアプリで位置確認したり、咲き始めた秋の花の名前をアプリで調べたりしながら、ゆっくり楽しみながら歩いていきました。
川に入って釣りをしている人がいました。気持ちよさそう!多摩川も水がきれいで、川に入って手を浸したいくらいです。白波の急流を、6台のラフティングボートが下って行きます。赤いヘルメットは女性のようで、女性が多いボートは「キャー、キャー」とにぎやかです。電車が混んでいたのはラフティングの人達かも知れません。川縁のススキも間もなく咲きそうです。いまは季節のちょうど変わり目です。10:00 御嶽駅に近づき、このまま御岳渓谷を川井駅まで歩いても、歩き足りないような気がしてきました。時間も早いので、バスで御岳山へ向かうことに話がまとまり、“ケーブル下”行きのバス停へ向かいました。新宿からのホリデー快速が着いたばかりの時間だったため、多くのハイカーがバスに乗りこんでいるところでした。私達も最後に乗りこみました。バスは満員です。
10:30 ケーブルカーで、御岳山へ。ケーブルに乗ってから「日の出山へ行きますか?」「大塚山にしますか?」「それとも、鳩ノ巣駅へ下りますか?」と話し、「日の出山は、人が多そう」「大塚山は、古里駅へ下るだけ」となり、ゆっくり下れる鳩ノ巣駅にしました。
10:40 ケーブルの御岳山駅から後半スタート。この道は、先輩とも一緒に登ったことがあります。ここは落葉樹が多く、私は新緑のころにも登ったことがあります。また夏に、レンゲショウマを楽しんだ後、降りました。鳩ノ巣駅まで、緩い下りの1本道ですが、周りの風景が変わらいので、今、歩いている場所がつかみにくい道です。
鳩ノ巣駅へ降っていて気づいたのですが、今日はこの道に人が少なく、すれ違ったのは男性の登山者3人だけ、追い越していく人も、追い越す人もいませんでした。先輩と2人だから歩けましたが、1人だったら、心細くなっていたでしょう。
12:20 大楢峠着、誰もいません。昼食休憩。
城山の巻き道は、工事中で2月18日まで通行止めとなっていました。12:38 鳩ノ巣駅へ下山開始
ヤマジノホトトギス 先輩が見つけました。とても小さい花でした

14:18 鳩ノ巣駅着。
14:35 青梅行きで帰宅。

以前でしたら、ケーブルカーに乗らず、麓から歩いて御岳山へ登っていた先輩ですが、腰を痛めたためもあって、私に付き合ってケーブルカーで上がってくれました。先輩が腰を痛めていなければ、日の出山北尾根を登ろうと提案されていたかもしれません。レベルを下げて、私に付き合っていただきありがとうございました。やはり先輩と一緒というだけで、安心感があり、楽しい山歩きができました。