福島県白河市・関山と白河の関

2014年11月1日(土)雨
3連休初日、朝から小雨が降っています。
福島県白河市の関山(せきさん)と白河の関へ、東京野歩路会のバス山行に参加します。 私は福島の山は初めてです。関山もはじめて聞く山です。今日の参加者は、総勢22名です。
関山のコースは、硯石口(約350m)→関山満願寺(618.5m)→内松口(約390m) 約2時間の歩程です。

10:55 関山の硯石登山口近くに白河市の史跡「磨崖三十三観音及び阿弥陀三尊来迎像(通称:硯石三十三観音)」があります。
20141101_2521磨崖仏なので足場が悪く、リーダーと数人が近くまで登っていきました。20141101_2516白河市史跡 「磨崖三十三観音及び阿弥陀三尊来迎像」ホームページより
関山の東麓、満願寺観音堂の東口参道の岩肌に刻まれている仏像群で、「硯石三十三観音」と通称されている。
一般に三十三観音とは、現世利益のために応現(仏や菩薩が衆生を救うため、時機に応じた姿となって現れること)する観世音菩薩の三十三応化身にちなんで考えられたものである。またこの三十三応化身に基づき設けられた三十三所観音霊場の本尊(千手観音・十一面観音)を一堂に集めたものも三十三観音と呼ぶ。硯石の三十三観音の像はほとんどが千手観音・十一面観音であるので、後者の三十三観音であり、他に阿弥陀三尊の来迎像(臨終に際して仏が往生させるため迎えに来ること)なども含めて37体の像と梵字などが彫られている。
これらの石仏は、いずれも江戸時代中期につくられたものと推定される。当時民間信仰が盛んだったことをうかがわせるものである。

再び車道に戻って、関山の登山口に向かいます。
11:05 硯石登山口着。20141101_2525登山道から、磨崖物があった小山を見ると紅葉が鮮やかです。20141101_2526道は整備されています。20141101_2531紅葉が綺麗です20141101_253312:00 二枚橋登山口からの車道に出ます。満願寺山門跡があり、下馬碑がありました。20141101_254212:10 少し登った参道で昼食をとりました。小雨が降っているので、ゆっくりは取れません。20141101_254312:25 午後の出発。山頂の満願寺へ向かいます。参道脇に観音様がありました。20141101_254412:40 満願寺着。満願寺は、730年(天平2年)に聖武天皇の勅願寺として行基が開いたと云われています。芭蕉も曽良と関山へ登ったといわれています。山頂に芭蕉の「おくのほそ道の山」の碑がありました。20141101_2551満願寺から晴れていれば福島の山々が見えるのですが、雨で見えません。山々を記した方位盤がありました。20141101_2556山頂はちょうど紅葉が見頃です。20141101_2555青空があれば、この紅葉も映えるのですが。20141101_255813:00 満願寺山門跡まで戻り、内松登山口へ下山。20141101_256013:26 内松登山口着。20141101_2562レインウェアーを着たままバスに乗り込み、白河市史跡「和泉式部庵跡と化粧の井」へ行きました。
白河市史跡 「和泉式部庵跡と化粧の井」 ホームページより
平安時代の才媛として紫式部、清少納言と並び称された女流歌人和泉式部の庵跡と伝えられる。式部は石川ノ郡真垣城主金子十郎国康の娘として生まれ、13才の時京都に上り大江雅致の養女としてその才学を賞され、後、上東門院(彰子(しょうし))の上局として奉仕、和泉守橘道定に嫁いだので和泉式部と称されたと伝えられる。
長久二年(1041)父国康が重病となり暇をもらい帰郷の途次、白河の関まで辿り着いたが、その頃土賊が蜂起していたため道路を通行できず、この地に留まり、草庵を結び携えて来た阿弥陀の尊像を祀りて戦乱の鎮まるを待った。しかし
白河の関に この身はとめぬれど 心は君が里にこそ行け
一首を詠んで故里に贈り、空しく帰洛したといわれる。その後天台宗の沙門正法という僧がこの庵を再興し、その阿弥陀尊像を祀って正法院と号していたが、その後、永禄二年(1559)咥雲という僧の代、寺を白河に移して浄土宗に改めた。
現龍水山正法院常宣寺がこれである。
化粧の井と称される井もある。

次は、白河の関へバスで移動します。
13:55 楽しみにしていた白河の関着。紅葉が見事です。今日一番です。20141101_2574白河市 白河関跡 【しらかわのせきあと】 ホームページより
白河関跡は、東北本線白河駅から南方約12kmの山間に位置しており、栃木県境からは約3km北の地点にある。
ここに南北約300m、東西250mで面積約58,000平方メートル、標高410mほどの丘陵があり、丘陵上には白河神社が祀られている。
白河関については、8・9世紀頃に書かれた文献資料にその名の記載がみられる。
承和(じょうわ)2年(835)12月3日の太政官符(『類従三代格』)に、「白河・菊多両?」について、俘囚の出入りと官納物資の通行取締りを長門国の関に準じてすべしとの記述がある。また、これには「旧記ヲ検スルニ?(せき)ヲ置キテ以来、今ニ四百余歳」とあり、この当時、関の設置年代は5世紀前半頃と認識されていたようである。
これより先、延暦18年(799)12月10日の太政官符(『河海抄』)に「白河・菊多?守六十人」の記述がみられる。
10世紀に入り、律令国家の崩壊とともに、官関の機能は失われ、「白河の関」は歌枕として都人の憧景の地へと変化する。
寛政12年(1800)に白河藩主松平定信が考証の結果、空堀・土塁が残る現在地が白河の関であると断定して「古関蹟」の碑をこの地に建てた。
昭和34年から5ケ年にわたって、ここが関跡か否かを実証的に確認することを目的として発掘調査が実施された(関の森遺跡)。この調査においては、竪穴住居跡や掘立柱建物跡、土坑、柵列などが確認され、特に竪穴住居跡を中心に8・9世紀の土師器や須恵器、あるいは鉄製品が出土している。そして、調査において確認された遺構・遺物、遺跡の立地的考察から、ここが白河関跡の条件にかなう点が多く、国史跡として指定された。
関跡の年代については、発掘調査の成果や白河関跡の記載がみられる文献資料の成立年代などから考えて、機能していたのは8・9世紀頃と考えられる。

芭蕉と曽良の像が、白河関の森公園に建てられています。芭蕉は、歌枕の白河関にぜひ訪れたかったのでしょう。
台座には、
●風流の 初めや奥の 田植うた
●卯の花を かざしに関の 晴着かな
芭蕉と、曽良の句が刻まれています。20141101_2583

白河関に関連した和歌
●白河の関屋を月のもる影は人の心をとむるなりけり(西行)
●たよりあらば いかで都へ告げやらむ 今日白河の関は越えぬと (平兼盛)
●都をば 霞とともに 立ちしかど 秋風ぞ吹く 白河の関(能因)
●都には まだ青葉にて見しかども 紅葉散りしく白河の関 (源頼政)
●見て過ぐる 人なければ卯の花の 咲ける垣ねや白川の関(藤原季通)
●白河の 関の秋とは聞きしかど 初雪わくる山のべの道(久我通光)

白河関は、古代からあった関です。その頃は蝦夷の南下に備えた関だったそうですが、平安時代、都から遥か遠い未知の地への象徴的関だったのかもしれません。その後、だんだん場所が特定できなくなり、芭蕉が訪ねた(1689年)ころは、特定できていませんでした。いまは、白河関跡周辺は、白河関の森公園となっています。白河関跡には、空堀、土塁の跡があり、関が要塞だったことが分かります。
芭蕉が先人の歌に導かれて白河関を訪れたように、私たちは芭蕉の「奥の細道」をたどっています。

14:30 東京へ向けて出発。
帰りのバスの中で、先人の白河関の思いを考えさせられて帰りました。

内松登山口→”和泉式部庵跡と化粧の井”→”白河関”へは、バスで移動です。歩いたのは、関山のみです。

説明は、白河市のホームページより引用させてもらいました。

東北の”花の百名山 森吉山”

2014年7月13日(日)曇、午後小雨
昨日に続いて、花の百名山”森吉山”へ登ります。天気予報は午後から雨です。
今日の予定は、田沢湖高原温泉(宿)(貸切バス)=阿仁スキー場・森吉山ロープウェイ山麓駅=山頂駅→森吉山(1454m)→山頂駅→森吉山ロープウェイ山麓駅(貸切バス)=田沢湖高原温泉(入浴)(貸切バス)=盛岡駅[やまびこ56号]18:40==大宮駅21:34 歩程約3時間です。

森吉山…森吉町と阿仁町にまたがり、1200メートル以上の外輪山に囲まれた独立峰です。山頂からは秋田駒ケ岳・白神山地・男鹿半島などのパノラマが望めます。山腹にはブナ林が広がり、アオモリトドマツの原生林の中に多くの高山植物が咲く花の名山としても有名です。(クラブツーリズムのホームページより)

 7:50 貸し切りバスでホテルを出発。登山後、またホテルに戻るので、登山に必要ないものはホテルに預けていきます。
約1時間バスに乗ります。”またぎの里”などを通って森吉山へ向かいます。途中、単線、1両の電車が走る秋田内陸線の線路が見えて、遠く東北の田舎に来たのだと実感しました。私は電車は見ることができませんでしたが、バスの座席によって見えた方もいたようです。
9:15 阿仁スキー場・森吉山ロープウェイ山麓駅着。現地ガイド2人と合流、女性ガイドは、東北弁と標準語で説明してくれます。私は新潟出身なので、東北弁が理解できますが、都会の人達は理解できたのでしょうか。ロープウェイ山麓駅から6人乗りのゴンドラに乗り、山をいくつか越え、17分掛かって山頂駅へ着きました。今日のログを見てください。ロープウェイの長さが分かります。
10:20 準備運動の後、森吉山へ向けて出発。今日は曇っていますが、霧はありません。20140713_0485_152明るいので写真が撮れます。20140713_0478_145昨日もありましたイワカガミ20140713_0479_14620140713_0482_14920140713_0486_153ハクサンチドリ20140713_0490_157ニッコウキスゲも咲いています。景色が見えるので気持ちがいー!
私は一番後ろを歩かせてもらいました。20140713_0489_156ツリガネドウダン20140713_0496_163湿原のようです20140713_0499_166この花も昨日見ましたアカモノ20140713_0502_169避難小屋の手前に、熊避け鐘が吊り下げてありました。通過する登山者が一人ずつ鳴らしていきます。りっぱな避難小屋です。20140713_0506_173花に囲まれた木道を歩きます。20140713_0508_175めずらしく花が4つそろって咲いているキスゲです20140713_0510_177ハクサンフウロ20140713_0511_178遅れて咲いた白いチングルマが1つ、咲き終わった花が果穂となって取り巻いています。20140713_0514_181ツリガネニンジン20140713_0515_18211:50 山頂が混んでいそうなので、直下で昼食後山頂へ、やはり多くの登山者が来ていました。晴れていれば、昨日登った秋田駒ケ岳や男鹿半島が見えるそうです。20140713_0524_191山頂で記念写真を撮ったりして、登頂を楽しんでから往路を戻りました。
午後になってレインウェアーは必要ないくらいですが、小雨が降ってきました。何とか山頂へ着くまで雨は降らずに保ってくれました。
13:45 再び貸し切りバスで山麓駅から、昨晩泊まった宿へ戻ります。
入浴後、バスで盛岡へ向かい、新幹線で帰途に着きました。

今日は多くの登山者が入っているということでした。追越して行く登山者のなかには、昨日すれ違った人もいました。日光からのグループは麓の温泉に今夜泊まるそうです。 昨日のガイドさんが「新幹線が開通して、秋田駒ケ岳は東京から日帰りできるようになりました」と話していました。私も若ければ1番の新幹線や、夜行バスに乗り、山に登って、その日に帰るということをやるかも知れません。でも、いまは、日帰りではもったいないと思います。地元に泊まり、温泉でゆっくりしてから帰るのが良いと思えるようになりました。

ロープウェイは、3,473m、標高差632mです。ゴンドラに乗っていても思わず「長いですね」と言葉が出てしまいます。

2日間ともお天気にいまひとつ恵まれませんでしたが、たくさんの小さな高山植物が十分楽しませてくれました。花の百名山といわれるだけのことがありました。登山道も歩き易く、写真を撮りながら歩けました。
夏休みは、遠出をすることができます。普段とは違った地域の高い山を歩くことを楽しみにしています。

濃霧の花の百名山”秋田駒ケ岳”

2014年7月12日(土)曇、霧雨
旅行会社の初級Aレベル「秋田駒ケ岳・森吉山のツアー登山」に、友人と参加することにしました。でも、台風7号が発生し、中止になるのではとやきもきさせられましたが、早く通過してくれたので催行され、ほっとしました。 もしかしたら、台風一過で良いお天気かもしれないと期待して、私たちは大宮駅から新幹線に乗車し、すでに東京駅、上野駅から乗車した人達と合流しました。
今日の予定は、東京駅{新幹線こまち3号}7:36→田沢湖駅着10:25 (宿のマイククロバス)=秋田駒ケ岳八合目小屋(1300m)→片倉岳→駒ケ岳→阿弥陀池→男女岳(オナメタケ)(1637.3m)→阿弥陀池→阿弥陀池避難小屋→横岳(1582.7m)→焼森山→赤倉尾根(シャクナゲコース)→秋田駒ケ岳八合目小屋(路線バス)→田沢湖高原温泉(泊) 標高差 337m 歩程3時間30分です。

秋田駒ヶ岳…十和田八幡平国立公園の最南端に位置し、高山植物の種類と生育数の豊富さで有名な山で、特に阿弥陀池周辺は国の天然記念物に指定されています。展望台から阿弥陀池、女目岳にかけてはミヤマキンバイ、ヒナウスユキソウ、イワウメ、イワカガミ、チングルマなどの花々が咲き誇っています。(クラブツーリズムのホームページより)

10:25 田沢湖駅着。ホテルのバスで「アルパこまくさ」へ、登山に必要ない荷物はバスにおいていきます。
11:40
 秋田駒ケ岳はマイカー規制が行われています。そのため、「アルバこまくさ」より路線バスで、秋田駒ケ岳八合目へ、むかいます。ここで、現地ガイドさん2人と合流、各自持ってきたお弁当で昼食をとりました。
ちなみに、秋田駒ケ岳という山はありません。男岳、女岳、男女岳からなる山をいいます。20140712_0385_05212:15 出発。霧が濃く、雨交じりなので、レインウエアーを着て歩き始めました。ツアー参加者25人、現地ガイド2人、添乗員1人の総勢28名、2班に分かれて登ります。
登山口の案内板です。20140712_0387_054登山道の周辺は小さい高山植物が咲いています。ハクサンチドリ?20140712_0389_056イワカガミ、先週、草津白根山のより小さいみたいです。花が小さく、持っていったレンズでは寄りきれません。20140712_0396_06313:05 片倉岳着。周囲の風景はまったく見えません。20140712_0408_075霧と風の中、弥陀池に向かいます。展望が利かないのが残念です。ニッコウキスゲが咲いています。20140712_0418_085阿弥陀池の畔を歩いているのですが、全体が見えません。20140712_0431_098つかの間見えた男女岳頂上。今日は風が強く、頂上へ登っても何も見えないので登らないことになりました。1班から雪渓のそばのチングルマの群落を見に行きました。20140712_0433_100雪渓のそばにチングルマが一面に咲いています。20140712_0436_103

阿弥陀池避難小屋で休憩20140712_0446_113ミヤマハンショウヅル20140712_0449_116横岳から焼森への尾根は風が強く、 風をさえぎる樹木がなく、吹きさらしです。植生保護の柵の中にコマクサがポツン、ポツンと固まって咲いています。20140712_0455_122

赤倉尾根(シャクナゲコース)はシャクナゲの間を歩きます。20140712_0467_134 15:30 八合目小屋到着。路線バスで今日の宿へ向かいました。

明日は、同じく花の百名山”森吉山”へ登ります。今夜は、温泉にゆっくりはいります。

景色が見ることができなくて残念でしたが、たくさんの花を見ることができました。ブログに載せた写真は少ないのですが、実際はもっとたくさん撮っています。一緒に行った友人も一生懸命写真を撮っていました。ガイドさんが花の名前を教えてくれるのですが、なかなか覚えられません。ただいま調べています。