鐘撞堂山とカタクリ群生地

2019年3月31日(日)雨/晴れ
今日は、お正月に一緒に鐘撞堂山を歩いた友人と、鐘撞堂山の桜と、美里町のカタクリ群生地を、歩く個人山行です。コースは、寄居駅→八幡神社→鐘撞堂山→あんずの里→カタクリ群生地→秩父鉄道波久礼駅 歩程約3時間30分です。
友人との待ち合わせは寄居駅9時頃です。でも、私が小川町に着いた8時半では、まだ雨が降っています。天気は次第に晴れてくる予報です。少し後から来る友人を小川町の駅で待つことにしました。二人が寄居駅に着いた頃には、雨は上がっていました。
結果として、今日は盛りだくさんの一日になりました。

9:20 前回と同じく、寄居駅から八幡神社に向かいました。9:53 八幡神社わきの登山口にある桜は、まだ咲いていません。桜は期待できないかもしれません。私たちの他に数組のハイカーが、先に登って行きました。ミツバツツジが咲き始めています。赤い花が目立ちます。春の山のピンクは、桜です。カタクリを保護しているロープが張ってあるところに着きました。
小さなカタクリが咲いています。友人が見付けておしえてくれます。枯れ葉がまだそのまま残っています。小さいですが、分かりますか。まだたくさんカタクリの写真を撮ることができました。
すっかり晴れて、日が差しています。北側の霧ヶ谷津池方面も、桜のピンク色がうっすらと付いています。

南斜面の登山道脇に、植樹されて間もない桜も咲いています。山頂直下の桜は満開のようです。11:45 鐘撞堂山頂上着。私達もこの桜を眺めながら、東屋の軒下の特等席でお昼にしました。南斜面の桜は咲いているのに、山頂の桜はまだ蕾です。12:35 あんずの里へ向けて下山開始
13:20 あんずの里着、美里町円良田地区は、いかにも春の里山です。桜のピンクがあって、静かで、のどかでした。私たちは、真直ぐカタクリの群生地に向かいます。私は1月に下見をしているので、道は分かっています。しかし、群生地に向かう道が通行止めになっていました。仕方なく、カタクリを諦め、円良田湖畔の桜でも見て帰ることにしました。あんずの里の“円良田特産センター”へ、戻ることにしました。。“円良田特産センター”に着くと、係の方が「虎ヶ岡城址のへの道を登って行けば良い」と教えてくれました。私たちは引き返し、カタクリの群生地へ向かいました。
群生地の近くにも、カタクリがたくさん咲いているところがあり、ここが群生地かなと思うほどでした。所々に、群生地へ導く案内が、貼ってあります。14:05 美里町のカタクリ群生地着。
一面にカタクリがびっしり咲いているのにびっくりしました。登山道にも咲いていました。午後の日をいっぱい浴びているカタクリです。地元の4人の女友達が、仲良く座ってカタクリを眺めていました。毎年この時期カタクリを見るために、登ってくるのだそうです。
存分にカタクリを楽しんで、ここを去りました。ここから尾根に出て、波久礼駅に向かいました。
15:15 秩父鉄道波久礼駅着
15:22 羽生行で帰宅

今日は、友人が私に思う存分に写真を撮らせてくれました。友人に感謝です。
写真が多くなり過ぎたかもしれませんが、カタクリを楽しんでください。

鐘撞堂山~あんずの里

2019年1月19日(土)快晴
今日は、ひとりで鐘撞堂山へ桜を見に行く時のコースの下見に来ました。「あんずの里」へ回る予定なので、そちらへ行く予定です。また、4日の鐘撞堂山への山行後、鐘撞堂山を調べると、円良田地区にも関東でも有数のカタクリの群生地があることを知りました。その場所も確認したいと思います。
9:25 寄居駅出発、大正池から鐘撞堂山へ向かいます。
国道140号線に出ると、鐘撞堂山が正面に見えます。前回歩いた鐘撞堂山の尾根が道路と交わるあたりが、登山口のある八幡神社です。10:00  大正池着。尾根の木々の間に見える白い建物が、鐘撞堂山頂上の展望台です。10:54 鐘撞堂山着。相変わらずハイカーでにぎわっています。途中、蝋梅が満開でした。榛名山が見えます。ちょうど枝に隠れてしまいましたが、三角の山です。まだ昼食には早いので、「あんずの里」へ向かうことにしました。道はしっかりしています。道標もあるので迷うことはありませんでした。
頂上からすぐに 谷津池/美里町  円良田/鐘撞堂山  250m の分岐この分岐で「あんずの里」の方向へ向かったのですが、途中で重機が道を塞いでいました。通行止めの意味かも知れないと思い、戻り、円良田特産センター方向へ歩きました。11:40 あんずの里へ出ました。私の持っている2008年版の「山と高原地図 奥武蔵・秩父 北武蔵」には「あんずの里」もカタクリの群生地も記載されていませんが、スマホに入れている2017年版の地図には記載されています。美里町の円良田地区です。春にはあんずの花が咲いてきれいなのでしょう。車道を「円良田特産センター」とは逆の方向の「虎ヶ岡城址」へ向かいます。
11:55 「円良田山ハイキングコース入口」「虎ヶ岡城址(南側)」を通り過ぎてしまったので、「虎ヶ岡城址(東側)800m(24分)」から登りました。結構急な登りが続きました。頂上直下です。12:28 円良田山(337m)着、虎ヶ岡城址です。ここで昼食休憩。誰も居ません。誰も来ません。静かです。展望は大変良く、日光の山々が見えます。「虎ヶ岡(円良田)城址」の説明板です。12:45 円良田特産センター、波久礼駅方向へ下山開始。下山コースは急坂です。ロープが2ヵ所ありました。
筑坂峠は、円良田特産センターと波久礼駅への分岐です。円良田特産センターへの道は「虎ヶ岡城址(南側)」です。途中にカタクリの群生地がありますが、今の時期カタクリはありません。この道を下っても、円良田集落から車道を40分波久礼駅まで歩かなければなりません。まっすぐ山道を波久礼駅へ向かうことにしました。
「かんぽの宿寄居」で登山者が追いついてきました。鐘撞堂山を出てから初めて会ったハイカーです。樋口駅から陣見山、虎ゲ岡城址と歩いて、「かんぽの宿寄居」でひと風呂浴びて帰るのだそうです。
13:56 秩父鉄道波久礼駅着14:28 羽生行で帰宅、寄居まで1駅です。

次回の鐘撞堂山の山行は、桜を楽しむことです。桜で、鐘撞堂山がピンクで彩られるのを楽しみにしています。円良田湖も桜の名所です。
桜とカタクリは咲く時期が少し違うので、一緒に見ることができないでしょう。
春は、一斉に咲きはじめる花々に追われるので、楽しみです。いくつ花を見ることができるでしょう! いまから忙しい。

日だまりの鐘撞堂山

2019年1月4日(金)快晴
明けまして、おめでとうございます。
今年も元気にハイキングを楽しみたいと思います。

新年最初の山は、鐘撞堂山です。昨日、ハイキングの会の新年顔合わせで、武蔵野吉祥七福神巡りに行った時に、友人2人を誘いました。
集合は、2人は東武東上線、1人は八高線なので、寄居駅9時頃です。このメンバーでのハイキングは初めてです。新年の平日なのでコースは短めにしました。東武東上線、八高線、秩父鉄道寄居駅→八幡神社→八幡山→鐘撞堂山→大正池→寄居駅 歩程約3時間30分です。
御用始めのこの日は、駅はいつもの週末に比べてやはりハイカーは少ないようです。登山口のある八幡神社は、秩父鉄道桜沢駅が最寄り駅です。今回は、電車に乗らず寄居駅から歩くことにしました。
9:25 寄居駅出発、駅から車の通りが激しい国道140号へ出ます。国道を右へ曲がります。目の前の山の尾根が、鐘撞堂山の東側の尾根です。その取り付きが八幡神社です。
9:45 八幡神社着。八幡神社は、国道140号と254号が合流するところです。9:50 神社の横の登山口から、登り始めます。最初は急登です。お天気が良く、日差しが心地よい暖かさです。冬枯れの林の中を散歩している気分です。10:14 最初のピーク八幡山山頂に到着。小休止これからいくつもピークが続きます。3人で話ながら登るので、ゆっくりです。何組かのハイカーに追い越されました。いつもの団体ではないので、のんびり歩きです。桜の木が多くあります。カタクリの花を保護のためにロープが張られている場所もありました。春が楽しみなところです。11.:40 鐘撞堂山(329.8m)着。昼食休憩、私たちはのんびり1時間40分掛けて登って来ました。鐘撞堂山はいくつか登るコースがあるので、数組のハイカーがすでに休憩しています。山頂はにぎやかでした。東屋は席があったのですが、日影で寒いというので、日が当たる暖かいベンチにしました。ベンチで隣り合わせていた男性は、今度八ヶ岳に行くのでトレーニングで来たそうです。登ってきたタイムは40分だそうです。私たちのタイムを聞いて笑っていました。蝋梅が咲き始めています。近づくとよい香りがしていました。展望台へ登り冬晴れの寄居町を見渡します。

12:20 大正池へ下山開始

13:30 寄居駅着、下りはあっけなく着いてしまいました。少し歩き足りない感じです。
14:04 東武東上線小川町行きで帰宅。13:34の電車が発車したばかりで、午後の一番電車の本数が少ない時間なので、30分の待ちです。

次回は、桜の咲く頃にまた来ようと2人と約束しました。次回も八幡神社から登り、あんずの里へ回るコースにする予定です。その前に下見に行ってみます。