愛鷹連峰 黒岳・越前岳

2013年9月28日(晴れ)
富士山山麓・周回眺望シリーズに参加しました。
愛鷹山 越前岳へは登ったことがありますが、黒岳は今回初めてです。前回は、バスハイキングで、越前岳を十里木高原から往復しましたが、お天気が悪く、頂上からの眺望は得ることができませんでした。そのため、今日の山行を楽しみにしていました。
コースは、愛鷹登山口(約750m)→山神社→富士見峠→黒岳(1086.5m)→富士見峠→鋸岳展望台→富士見台→越前岳(1504.2m)→富士見峠→愛鷹登山口 5時間40分の行程です。

愛鷹山登山口に行くバスの本数が少ないので、JR御殿場駅発9:00発のバスに乗車するために、小田急線新宿駅6:31発の電車に乗車しなければなりません。私は始発電車で、集合場所のJR御殿場線松田駅に向かいました。
今日は良い天気です。富士山がきれいに見えるだろうと期待も膨らみます。
7:49 小田急線新松田着
8:04 JR御殿場線松田駅発三島行きに乗車。御殿場線はSuicaが使えません。久しぶりに切符を買いました。
8:41 JR御殿場着
9:00 御殿場駅発のバスに乗車
バスから見えた富士山は雲が掛かっていません。雪の無い富士山です。20130928_1549信号でバスが停車したときに撮った自衛隊の演習場は、一面ススキです。後方の山は、これから登る愛鷹山です。20130928_15509:30 愛鷹山登山口着
20130928_1551リーダーからコースの説明を聞いて出発です。今日は総勢17名です。
山神社駐車場までは車道を歩きます。山神社から登山道になりました。ずっと樹林の中でした。

10:35 あしたか山荘着。無人でした。避難小屋のようになっているようだと、小屋を覗いたリーダーが言っていました。
20130928_155510:45 富士見峠着。黒岳へ往復します。
10:58 黒岳展望広場着。黒岳山頂は展望台広場の少し先にあります。
朝早かったので、早い昼食です。展望台広場は樹木に囲まれていますが、富士山が見えるところだけが木がありません。富士山は、着いたときは頂上に雲がかかっていたのですが、昼食をとっているときに頂上が見えてきました。天気予報では晴れでも、富士山はそうはいきません。 20130928_156111:30 午後の出発。富士見峠へ戻り、越前岳に向かいます。
道は、ごろごろした石や岩があったり、道が深くえぐれたりして、木や根につかまったりしながら登りました。
12:15 鋸岳展望台着。鋸岳は崩落箇所があるため通行が禁止になっています。20130928_156513:05 富士見台着。岡田紅陽がここから撮った富士山の写真が、昭和13年発行の五十銭紙幣の図案に採用されました。今日は雲が掛かって見えません。20130928_156613:34 越前岳(1504m)着。頂上に着くと、目の前に駿河湾が広がり1枚の写真では入りきれません。左に伊豆半島が見えます。20130928_1568右は、富士市が駿河湾に沿って見えます。1500mの標高なので雲が目の前です。20130928_1572越前岳の標識の後ろに富士山が見えるはずなのですが、残念です。20130928_157113:50 下山開始。来たルートを、愛鷹山登山口バス停へ戻ります。
16:00 山神社駐車場着
16:30 愛鷹山登山口着
16:49 御殿場行きバスに乗車
17:30 JR御殿場駅着
17:40 JR御殿場発国府津行きに乗車
18:11 JR松田着
18:15 小田急線新松田より相模大野行きで帰宅

静岡県裾野市にある越前岳に、晴れた日に登れ、目の前に広がる駿河湾を一望でき、これでやっと、越前岳に登った事になりました。 愛鷹山に、公共の交通機関を使って日帰りできるとは思っていませんでしたので、日帰りの行動範囲が広くなったような気がします。