熱海 玄岳(くろたけ)

2015年2月14日(土)快晴
この富士山を見たくて、今日の山行に参加しました。
冬晴れは、澄んだ空気の中に富士山を綺麗に見せてくれます。富士山の頂上を隠している雲の下は、もしかしたら、猛吹雪かも知れません。20150214_2674こちらは箱根です。ハンググライダーが気持ち良さそうに飛んでいます。20150214_2683そして、駿河湾と沼津アルプスです。20150214_2687頂上手前の平になったところからの熱海市街と相模湾20150214_2670冬でも暖かい静岡なので、軽アイゼンは必要ないと思い、持って来ませんでした。でも、玄岳頂上直下は、雪が凍っていました。軽アイゼンを持って来なかったことを後悔しました。冬はどんな山でも、降雪の後は軽アイゼンは必携と改めて思いました。

今日の歩程時刻です。
7:19 品川始発「熱海」行きに乗車。
9:02 熱海駅着
9:27 「ひばりが丘」行きバスに乗車
9:50 「玄岳ハイク入口」で下車
9:52 リーダーの挨拶の後、出発
11:37 玄岳山頂(799.2m)着
12:30 下山開始
13:50 「玄岳ハイク入口」バス停着
14:06 「熱海駅」行きバス乗車
14:50 各駅停車「東京」行きで帰宅

 

富士塚巡り

2014年12月27日(晴れ)
東京野歩路会で、都内の富士塚を巡る企画があったので参加しました。
富士塚は富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚です。江戸時代に盛んになった民俗信仰の富士講では、信仰の拠りどころとして富士山の神を祀った富士塚(自然の山を代用することもある)を築きました。
今日巡る富士塚は、9箇所です。参加者は総勢17名、すべて電車で巡ります。事前にリーダーから資料が送られてきていましたので、各富士塚を調べ、地図を持って参加しました。
集合は、京浜急行新馬場駅北口8:30です。
①8:37 品川富士 品川神社 品川区北品川3-7-15
明治2年(1869年)に築造され、都内最大、標高12m 溶岩製、京浜急行新馬場駅北口から第一京浜を渡って直ぐです。品川区指定有形民族文化財20141227_0868標高がある大きな富士塚なので、頂上からレインボーブリッジが見えるそうですが、見つけられませんでした。20141227_0877移動:京浜急行 新馬場→品川→青砥行きに乗り換え(泉岳寺から都営地下鉄)→都営地下鉄浅草線 東銀座 (乗り換え) 東京メトロ日比谷線 東銀座→八丁堀
②9:39 鉄砲洲富士 鉄砲洲稲荷神社 中央区湊1-6-7
寛政2年(1790年) 築造され、5.4mの高さです。直ぐ後ろにマンションが迫っています。溶岩製、登ることは出来ませんでした。中央区民文化財に登録20141227_0890移動:東京メトロ日比谷線 八丁堀→入谷
③10:17 (下谷)坂本富士 小野照崎神社 台東区下谷二丁目13-14
文政11年(1828)築造と考えられている。高さ約5m、直径約16m、富士山の溶岩で覆われている。6月30日と7月1日のみ公開。国指定重要有形民俗文化財20141227_0893移動:東京メトロ日比谷線 入谷→秋葉原 (乗り換え) JR秋葉原→飯田橋 (乗り換え) 東京メトロ有楽町線 飯田橋→護国寺
④11:12 音羽富士 護国寺 文京区大塚5丁目40-1
護国寺の不老門下石段の右手にあります。20141227_0898山頂に富士浅間神社の石柱があります。ここで昼食をとりました。20141227_0901昼食後、護国寺を散策
移動:東京メトロ有楽町線 護国寺→市ヶ谷 (乗り換え) JR 市ヶ谷→千駄ヶ谷
⑤12:30 千駄ヶ谷富士 鳩森八幡神社 渋谷区千駄ヶ谷1-1-24
現存する都内最古の富士塚 寛政元年(1789)の築造といわれている。黒ボク(富士山の溶岩)は頂上近くのみ配されています。東京都指定有形民族文化財20141227_09057合目には富士講中興の祖 身祿像が安置されています20141227_0907移動:JR 千駄ヶ谷→四ツ谷 (乗り換え) 東京メトロ南北線 四ツ谷→東大前
⑥13:30 身禄富士 海蔵寺 文京区向丘2-25-10
富士講中興の祖、富士信仰の布教につとめた食行 身禄(じきぎょう みろく)(1670?1733)のお墓です。20141227_0908移動:東京メトロ南北線 東大前→駒込 (乗り換え) JR 駒込→池袋 (乗り換え) 東武東上線 池袋→下板橋
⑦14:40 池袋富士 氷川神社 豊島区池袋本町3-14-1
明治45年(1912)に築造高さ約5m、東西幅約12m、南北西幅約18m、黒ボク(溶岩岩塊)で覆われている。東京都豊島区指定史跡20141227_0914移動:東武東上線 下板橋→池袋 (乗り換え) 東京メトロ有楽町線 池袋→千川
⑧15:30 長崎(高松)富士 富士神社 豊島区高松2-9-14
文久2年(1862)築造。高さ約8m、直径約21m、表面は富士山の黒ボク(溶岩岩塊)で覆われています。国指定要有形民俗文化財20141227_0919移動:東京メトロ有楽町線 千川→池袋 (乗り換え) 西武池袋線 池袋→江古田
⑨16:13 江古田富士 浅間神社 練馬区小竹町1-59-2
天保10年(1839)に築造されたものと考えられますが、また、文化年間(1804~1818)という説もあります。高さ約8m、直径約30m塚全体が富士山の溶岩で覆われています。練馬区登録有形民族文化財、国指定要有形民俗文化財
江古田駅北口の真ん前にあります。20141227_0925富士塚は神社の横にあって登ることは出来ません。20141227_092916:30 解散

富士塚は富士講の信仰のよりどころでした。最盛期、江戸の人口が約100万人の時代「江戸八百八講、講中八万人」といわれています。富士講人口がいかに多かったかが分かります。
それにしても、電車での移動は疲れました。移動しているうちにはぐれる人も出るのではないかとリーダーが心配していましたが、全員無事最後まで巡ることが出来ました。私は、東京メトロ南北線に初めて乗りました。知らない駅も多く、乗り換え駅ではその駅をよく利用する方が先導してくれたので、迷わず巡りきりました。リーダーの予定では17時頃解散でしたが、予定より早く終われたのもスムーズな乗換えが出来たからだと思います。

2014年12月21日 高尾山ダイヤモンド富士

2014年12月21日(日)
東京ハイキングの山行で、高尾山でダイヤモンド富士を見る山行があったので喜んで参加しました。1週間前から日曜日のお天気を気にしていました。1週間前は予報に曇マークと小さい雨マークが付いていました。次に雨マークが取れ、ついに、曇マークと晴れマークになりました。
コースは、京王線高尾山口駅→琵琶滝コース→もみじ台 ダイヤモンド富士を見ます→ケーブル駅→高尾山口駅 今日は総勢9人です。

13:20 京王線高尾山口駅を出発。
登山道は、下山してくる登山者が多く、ここれから登る登山者もこの時刻の割にはかなり多くいます。下山してくるすれ違った登山者は「今日は、富士山が一度も見えませんでした」と話して、ダイヤモンド富士への希望を打ち砕いていきます。でも、空が晴れている、大丈夫と、気持ち鼓舞してもみじ台へ向かいました。

尾根に出ると富士山が薄っすらと見えていました。ダイヤモンド富士は大丈夫でしょうか?20141221_081815:45 もみじ台着。じっとしていると寒くなるので、体が冷えないうちにダウンを着ました。
大勢の人がダイヤモンド富士を待っていました。カメラの三脚がずらっと並んで場所取りをすでにしていました。20141221_0820-1リーダーが甘酒を用意してくれていました。甘酒で体を温めてダイヤモンド富士になるのを待ちました。でも、うす曇、山頂に雲が掛かり始めました。
16:10 残念ながら薄雲が太陽光を拡散させてダイヤモンドになりませんでした。20141221_0842今年の私の高尾山ダイヤモンド富士は終わりました。来年に期待します。
高尾山のダイヤモンド富士は、冬至の前後に見られます。今年は12月20日~24日です。