南尾根(ツツジ新道)~扇山

2014年5月6日(振替休日)曇り/晴れ
GW最後の日、友人を誘い、ハイキングの会の山行に参加することにしました。場所は以前登ったことがある山梨県大月市の扇山です。会報には「鮮やかな山ツツジに期待!!」とありました。
コースは、中央線鳥沢駅→南尾根(ツツジ新道)→扇山→梨ノ木平→鳥沢駅 4時間30分、51名の参加です。
天気予報は晴れだったのですが、曇って肌寒いくらいです。私たちは集合時間には少し早い電車で鳥沢駅に着きました。集合時間を待っていると、狭い駅前はいつの間にか会の人達でいっぱいになっていました。20140506_20558:38鳥沢駅集合。
8:50 出発、車道をひたすら登ります。
9:25 山ノ神社で休憩。お互い顔なじみが多いのでにぎやかです。20140506_2056山桜の花びらが地面を覆っていました。20140506_206610:15 南尾根(ツツジ新道)登山口。20140506_207620140506_2077

ツツジ新道の登りは急勾配、ストックをたよりに登ります。登山道の両側に山ツツジが今を盛りに咲いていました。20140506_207920140506_208020140506_2081山頂に近づくとまだつぼみもありました。20140506_2082途中、雨が降り出しレインウエアーを着て登りました。
11:55 扇山(1138m)着。昼食。雨は降っていませんが、深い霧です。
富士山の方向に写真を撮りました。20140506_20842011年11月に訪れたときの大月市の秀麗富嶽十二景六番山頂、説明板だけで立て看板はありませんでした。20111113_392112:25 下山開始。一般登山道を下ります。
山頂では深い霧でしたが、下山するに従って日が照ってきました。
13:30 梨ノ木平着。休憩。
20140506_2089以前来たときは、ここまで鳥沢駅からバスで来ました。下ってきた一般登山道を、頂上へ目指しました。今日は、車道や山道を交互に下り、鳥沢駅まで歩いて向かいます。
14:20 鳥沢駅着。解散
14:35 臨時高尾行きで帰宅

リーダーの期待通り「鮮やかな山ツツジ!!」でした。
登山道脇には、ワラビなどの山菜、チゴユリ、フデリンドウ、ヒトリシズカ、イカリソウなど春の草花が咲いていました。

 

高尾~大菩薩へ9 ゴール

2013年7月20日(土)曇り

最終回の今回は、1泊2日で大菩薩嶺へゴールします。

20日のコースは、大月駅(タクシー)→松姫峠→鶴寝山→山沢入りのヌタ→大マティ山分岐→ショナメ→牛ノ寝通り→榧ノ尾山→玉蝶山→石丸峠→大菩薩峠→介山荘(泊)5時間40分です。参加者は、総勢14名です。
(カメラにアクシデントがあり、登山口から約1時間の間の写真がありません)

大月駅8時18分着で集合でしたが、私は乗換えが多いので、始発電車で行ったので、7:39に大月駅に着きました。すでに、数人のメンバーが来ていました。集合の電車に、一部電車が乱れたため遅れる人が出て、早く着いた人からタクシーで松姫峠へ向かいました。それでも、予定より20分早く出発することができました。
9:40 松姫峠出発。樹林帯の中を歩くので、眺望がありません。あまりアップダウンもなく単調な道がつづきます。
10:42 山沢入りのヌタ(1326m)。霧が掛かっています。
20130720-0001 11:15 棚倉着。小屋跡で、今朝、早かったので早めの昼食です。眺望はありません。道標は熊にかじられているようです。
20130720_000311:40 午後の出発。牛ノ寝通りを歩きます。名前の通り単調な道でした。
20130720-000813:13 榧ノ尾山(1429.4m)着。ここから大菩薩峠まで500mの登りです。手前の女性は、単独行です。大菩薩から奥多摩へ下るのだそうです。
20130720-0015いままでは、ゆるい登りだったのですが、少し勾配が急な登りとなりました。日が差さず、薄暗い道でした。
15:30 石丸峠着。やっと森林限界を抜け、日が差して、明るく視界が開けました。介山荘まで約30分です。
20130720-002116:10 大菩薩峠(1897m)、介山荘着。霧が掛かっていましたが、夕食後には晴れていました。
20130720-0025夕食後、介山荘から見えた富士山です。明日は晴れそうです。
20130721-0053梅雨も明けて、暑さが本格的な時期です。水を余分に500Lを4本持ってきましたが、暑さはそれほどでもなく、登りでも汗が滴り落ちることもなく、快適に歩けました。結局、1本持って帰りました。

7月21日(日)晴れ
今朝は、晴れ、昨日と違って、下山するまで眺望が楽しめます。
今日のコースは、介山荘→雷岩→大菩薩嶺→雷岩→福ちゃん荘→上日川峠(バス)→天目温泉(バス)→甲斐大和駅 2時間20分です。
コースは、丸川峠からの道が悪いため、予定を変更し、唐松尾根を福ちゃん荘へ下ることになりました。そのためコースが短くなったので、大菩薩嶺までは、撮影タイム、ゆっくり眺望・お花を楽しみながら歩くことになりました。花は、日本カモシカが増えすぎ、その食害のためほとんど無くなったそうです。大菩薩峠、介山荘前で、全員で集合写真を撮り、スリングの使い方の講習、それから出発しました。
20130721-000737:15 出発。富士山がきれいに見えています。
20130721-0091南アルプスも見えています
20130721-0090奥多摩方面です20130721-0096昨晩泊まった介山荘が、ずいぶん下になりました。20130721_0082ケルンと富士山です20130721-0130ゴール 大菩薩嶺(2056.9m)着。リーダーが全員と握手で迎えてくれました。20130721-0154完歩した会員を称え、全員で記念写真を撮りました。
9:35 雷岩から、福ちゃん荘へ唐松尾根を下山開始。富士山も見納めです。20130721-015710:40 福ちゃん荘着。休憩。今日歩いた稜線が見えます。
20130721-016211:00 上日川峠へ向けて出発。
11:30 臨時バスで天目温泉へ。
14:31 天目温泉より甲斐大和駅へ
14:56 大月行きで帰宅。

家に帰って、パソコンで写真を確認したところ、ありません。写真がほとんど無くなっていました。下山間近の地点で、カメラが動かなくなったので、電源を切って、バッテリーを抜き、再びバッテリーを入れたときに、正常に動いたので、その後、数枚撮りました。それで、安心していたのですが、その数枚分だけがあるのみでした。。
翌日、カメラメーカーのサービスセンターへ行き、カメラを調べてもらったところ、異常無し。そこで、ネットでデータを復旧してくれるところを探し、持って行ったところ、150枚ほどの写真データが復旧しました。「バッテリーを抜いただけではデータは消えません」とメーカーは言っていましたが、何らかの電気的信号がデーターを“削除”にしたようです。
今回学んだことは、デジタルは過信してはいけません。私はよく写真をメモ代わりにするのですが、大切なことは写真に収めるだけでなく、メモも取っておくことです。今回、地図のコピーに時刻を書き込んでいったのが幸いしました。

高尾~大菩薩へ8

2013年6月9日(日)晴れ
大菩薩への道へ2回目の参加です。
集合時間より1電車早く武蔵五日市駅に着きました。バスを待っていると、いかにも山の先輩と思われる方が私の前に並んでいました。彼女は、今日は一人で山へ登られるそうです。彼女と「40年前は数馬は東京の秘境でしたよね。1日にバスが1本でした」と、話しかけると「そうですでしたね」と答えてくれました。私の記憶は間違っていなかったと、嬉しくなりました。今日の山行も良いことがありそうとワクワクしてきました。
武蔵五日市駅バス停で、リーダーと顔合わせの後、増発したバスに乗り込みました。前回ご一緒した方の顔も見えます。
今日のコースは、武蔵五日市駅(バス)→都民の森バス停→スカリ峠→三頭山(531m)→神楽入峰(1447m)→小焼山(1329m)→鶴峠→奈良倉山山頂への分岐→松姫峠(タクシー)→大月駅 約11km 歩程約5時間30分、総勢21名です(三頭山の頂上から下山した方がいるので、午後は20名です)。

8:22 武蔵五日市駅発、都民の森行きの登山者で満員のバスに乗車。
9:30 都民の森下車。登山者で混雑していました。20130609_1273前回、笹尾根ルートに歩き残しているところがあるから参加したという先輩も、今回のコースに歩き残した気になるところがあるからと、参加していました。
9:45 各自準備運動をしてから出発です。
前回下山した分岐点ムシカリ峠へ向かって何度か休憩をしながら登りました。
11:15 シカリ」峠着。今日の出発点です。今日は前回顔見知りになった方がいるので心が軽く参加しています。20130609_1283
11:45 三頭山に着、長く気になっていて未踏破の三頭山の頂上を踏むことができました。ここで、昼食タイムです。バスで隣の席でご一緒したメンバーと昼食をとりました。20130609_1286
今回も富士山は見えません。20130609_1287

12:15 午後の出発。東京都の水源ブナ林の道を歩きます。視界が利かず、単調な道でした。20130609_1292
12:59 神楽入峰(1447m)に着。20130609_1294
14:30 鶴峠着。気分は、今日はここで”終わり”でしたが、もう、一登りありました。20130609_1303
15:50 奈良倉山山頂分岐着。皆さん、お疲れ気味でした。20130609_1306
もう、今日のゴールを目指して一心に歩きました。
16:20 松姫峠着。リーダーが予約しておいてくれたタクシーが待っていました。1台に4人が乗って大月駅に向かいました。20130609_1307

「大菩薩へ」の企画に参加して2回目、前回ご一緒した方がいて、何か仲間に入れてもらった気分でした。次回は、いよいよゴールです。楽しみに参加します。