秋の妙義山

2018年11月11日(日)快晴
何度も予定を立て、その都度悪天候や急用のため行けなかった妙義山へ、あるハイキングクラブの山行に参加しました。お天気は快晴です。
妙義山の楽しみは、何といっても岩の石門めぐりです。今日のコースは、JR信越線松井田駅(タクシー)⇒登山口→第一石門→第二石門→第三石門→第四石門→関東ふれあいの道→四阿(あずまや)→大人場→妙義神社→道の駅みょうぎ(タクシー)⇒松井田駅 歩程4時間30分 総勢20名です。
集合は、JR信越線松井田駅9:50です。乗換駅の高崎で参加者が全員揃い、同じ電車で松井田駅に下車しました。松井田駅は無人駅でした。

駅から見えるこれから行く妙義山です。今日は本当に良いお天気です。

3人は石門めぐりには行かず、別のコースで石門広場へ登るので、ここでいったん別れます。松井田駅からタクシーに分乗し、妙義公園管理事務所前へ向かいます。

妙義山登山マップです。

10:50 妙義公園管理事務所から登山口へ向かいます。

まずは「かにのこてしらべ」の鎖が待っています。1人ずつ鎖を登ります。

私の番が近づくと、第1石門が見えてきました。

石門めぐりはカメラを提げて登れないので、スマホで撮りました。それも最初だけです。岩場で待つ間は、私自身がバランスを崩すと落ちてしまいます。そのため写真を撮ることができません。私の前に並んでいた軽装の登山者2人が「自分たちが思っているような登山道ではないので、他の道を登ります」と言って、コースを変更して行きました。
妙義山といえば石門めぐりです。タクシーの運転手さんにも事故も起きていますから気を付けるように言われました。
昭文社の「石門付近詳細図」より
かにのこてしらべ―第1石門-横10mの鎖のカニの横バイ―たてばり登り7m鎖登り-第2石門をくぐる-片手下り下り5m鎖―第3石門を左手に見える―石門広場-第4石門が見える となっています。
第2石門 かにの横ばいを行く私たちのグループ

第2石門をくぐって、たて張り鎖の下りを待ちます。
1人ずつ鎖の固定してある区間を、登り、下ります。待ちながらどのように登れば良いのか、先に行く人の様子をみていました。
11:50 無事席石門の岩場を抜け、石門広場着、昼食休憩、大勢の登山者が休んでいました。
大きな第4石門が見えました。

ここは関東ふれあいの道群馬県「さくらの里と石門のみち」です。

12:20 全員で集合写真を撮って、午後の出発。関東ふれあいの道(中間道)を下ります。
昭文社の「石門付近詳細図」には
石門広場南端の岩稜より見下ろす奇景は「日暮の景」と呼ばれる
と書いてあります。

鉄の階段170段を一気に下り、落ち葉の道を下っていきます。リーダーはスルスルと軽やかに下っていくので、立ち止まる余裕はありません。遅れないように、滑って転ばないように付いて行きます。途中、温泉に行く3人と別れました。
13:20 四阿(あずまや)小休止。大人場、県道196号への分岐、妙義神社方向は通行禁止になっていました。

13:40 大人場(おにんば)着、小休止。

登ってくる登山者向けに「中間道の第2見晴付近は落石のため妙義神社まで通り抜けできません」と書いてあります。

13:50 県道196号の登山口着、県道を妙義山神社登山口まで歩きます。

14:15 妙義神社登山口で、私達4人は大黒の滝へ向かうグループと分かれ、道の駅みょうぎでみんなが降りてくるのを待つことにしました。
14:35 道の駅みょうぎ着。道の駅でソフトクリームを食べたりしながら、みんなを待ちます。
15:35 みんなは大黒の滝へは行かず、第1見晴まで行き、日暮れが早いので下ってきたそうです。温泉に行った3人とも合流し、タクシーに分乗し松井田駅に向かいました。
松井田駅からの夕暮れの妙義山16:0616:38 高崎行きで帰宅

秋の妙義山というタイトルなのに、紅葉を楽しんでいる余裕はありませんでした。紅葉を目にしているのですが、岩山に目を取られて、そちらばかり見ていたように思います。それぐらい奇岩の岩山は、私を惹きつけました。

 

尾瀬-2 山の鼻~至仏山~鳩待峠

2016年7月22日(金)午前曇時々雨、午後晴れ
2日目、昨晩は、涼しかったので、東京での暑さによる睡眠不足を補うように、ぐっすり眠れました。いよいよ今日は、至仏山へ登ります。身支度をしながら、緊張してきました。各自ストレッチなどをして、出発を待ちます。
今日のコースは、山の鼻小屋→至仏山→小至仏山→オヤマ沢田代→鳩待峠(乗合タクシー)=鳩待峠連絡所(路線バス)=沼田駅 です。
6:25 山の鼻小屋出発。夜に雨が降ったらしく、木道が濡れています。至仏山の山道は急です。それに、雨で濡れています。雨が降ったり、止んだりしています。至仏山は花の山だけに、登山道脇に花が咲いています。森林限界を抜けると滑りやすい蛇紋岩の岩の道になり、私は四つん這いになって登ったりしたので、ズボンは泥だらけになっています。また雨で濡れた木道は滑ります。それも斜めになっています。一段、一段足場を確認しながら登るので、時間が掛かってしまいます。周りの風景、花を楽しむ余裕がありません。このルートが下山することを禁止されているのが、納得いきます。
高天ヶ原のあたりだと思いますが、休憩の時に携帯で撮りました。20160722-IMG_0519昨日散策した尾瀬ヶ原が見えています。燧ケ岳は今日も見えません。10:47 至仏山山頂(2228m)に到着。霧がかかって、周りの風景は見えません。昼食休憩は約1時間と長いです。山小屋が用意してくれたお弁当は、お米がおいしいおにぎり2個、燻製卵、漬物です。山頂からの尾瀬ヶ原。11:45 鳩待峠へ下山開始。下山路に入ると晴れていました。私は、歩き始めてまもなく大きい岩を越えようとしたときに、足がつってしまいました。薬を飲むとすぐに治り、みんなを追いかけたのですが、前のグループの最後尾を歩いてたため、だいぶ間が開いてしまいました。遅れているのに悪いと思ったのですが、花が多く咲いているので撮らせてもらいました。急いでみなさんを追いかけると、先輩会員が途中で待っていてくれました。「1人になっては、だめです」と怒られてしまいました。
12:34 小至仏山(2162m)山頂で、みなさんが休憩をしているのに追いつきました。再び下山開始、遅れてしまった私は、2番目を歩くようにいわれ、前を歩くリーダーに遅れないように歩いたら、早い、時々待ってもらって歩いても早い、後でまたあの先輩会員に「あんなに早く歩いてはだめ、2番目はもっとゆっくり歩いて」とまた注意さててしまいました。いつも後ろを歩いているので、前方を歩く歩き方は分かりませんでした。前を歩かされたので、後半は写真がありません。
湿原に白いのはワタスゲです。
木道を下り、鳩待峠です。登山口の手前に入山、下山者をカウントしていました。
14:20 鳩待峠着靴の泥を落として、休憩所で生ビールを飲みながら、遅れた会員を待ちました。
全員無事、下山できました。来た道を帰ります。
17:58 沼田発高崎行きに乗車
18:44 高崎着。各自それぞれの路線で帰宅
18:47 上野東京湘南ライン熱海行きで帰宅

至仏山は、登りは雨が降ったりやんだり、下りは快晴というお天気でした。そのため、尾瀬ヶ原を一望できず残念でした。晴れて、岩も、木道も乾いていれば、至仏山へ登りがもっと容易だったと思います。雨で濡れていることは、滑るので、足場がとても不安定にしてしまいます。そのため、登山レベルを上げるということを良く解りました。山はやはり快晴が一番です。
山に行って晴れたら、お天気に感謝しましょう!
また、水芭蕉の頃に尾瀬ヶ原を歩きたいと思いました。

 

尾瀬-1 鳩待峠~山の鼻~尾瀬ヶ原散策

2016年7月21日~22日(1泊2日)
私は尾瀬が好きです。今まで季節を変えて何度も行っています。でも、燧ヶ岳も至仏山も登ったことがありませんでした。今回、ハイキングの会で至仏山への山行があったので、すぐに申し込みました。
尾瀬でのコースは、鳩待峠→山の鼻→尾瀬ヶ原→山の鼻(泊)→至仏山→小至仏山→鳩待峠 です。

2016年7月21日(木)曇り
1日目のコースは、上越線沼田駅に午前10時12分集合から始まります。沼田駅(路線バス)=鳩待峠連絡所(乗合タクシー)=鳩待峠→山の鼻⇔尾瀬ヶ原散策 山の鼻小屋(泊) です。

湘南ラインや八高線など、それぞれの路線で、皆さん高崎に集まってきました。ここで上越線高崎9:26発水上行きに乗り換え、沼田に10:12に着きました。沼田から尾瀬に入るのは、夜行列車で来た20代のころ以来です。路線バスの時間は10:45です。バスの中で、各自持ってきた昼食を済ませました。今回の参加者は、総勢17名です。
鳩待峠連絡所で、乗合タクシーに乗り換え鳩待峠に向かいます。
12:35 鳩待峠着。
12:45 鳩待峠(1591m)発。木道を山の鼻(1410m)へ下ります。途中、地元の遠足の生徒と「こんにちは!」「こんにちは!」とすれ違いました。尾瀬のボッカさんが登ってきたのを見た時”ああ、尾瀬に来たんだ”と懐かしくなりました。花を探しながら歩いていきます。今日は余裕です(花の写真は、写真が多くなりすぎるので最小限にしました)。尾瀬ヶ原の入口、山の鼻に着きました。14:05 山の鼻着、今夜泊まる山の鼻小屋です。水とおやつなど必要最小限のものをもって尾瀬ヶ原を散策に出かけました。
燧ケ岳は全容が見えません。木道が伸びる尾瀬ヶ原の風景です。ニッコウキスゲが咲いているはずなのに見当たりません。唯一見つけた、ただ一輪のニッコウキスゲです。会員の方が地元の人から聞いたところによると、「芽の頃に、霜にやられたためキスゲが無い」と教えてくれたそうです。
ヒツジクサが浮かぶ池塘龍宮小屋まで行くつもりでしたが、花を楽しみながらゆっくり歩いていたので、帰りが遅くなりそうなので、途中で、山の鼻小屋へ引き返しました。燧ケ岳も、至仏山も最後まで全容を見せてくれませんでした。
明日は雨が降りませんように!

尾瀬-2 至仏山に続く