松田山 桜祭り

2015年2月28日(晴れ)
今日は、 “松田山みどりの風自然遊歩道”ハイキングコースを歩きます。ゴールは、松田山桜祭りの会場です。コースは、小田急線新松田駅(バス)=田代向バス停→みどりの風展望台→東屋→最明寺史跡公園→自然館(解散)→西平畑公園→JR松田駅→酒蔵→小田急線新松田駅 8.4km 約4時間の歩程、総勢41人です。

9:05 新松田駅発のバスに乗るのですが、「寄」方面へ向かうハイキング客が多く、臨時バスが出ることになり、2台のバスに別れて「田代向」へ向かいました。
9:50 皆さんが揃ったので、ストレッチをしてから出発。同じバスで来た他のグループが先に出発していきました。今日も良いお天気です。
去年の4月寄桜祭り時に訪れたときには、右の山の中腹や、川沿いにしだれ桜が咲いていました。20150228_2707「虫沢古道」へと分かれる道を、中津川沿いに直進し、「最明寺史跡公園」へ向かう登山道に入ります。20150228_2709今日は41名なので長い列になっています。20150228_2710尾根に出ると展望が開けます。鉄塔のところで、先に出発したグループが休憩していました。
霞が濃くなってきています。本格的な春が近いことを感じます。20150228_271111:00 「みどりの風展望台」で小休止。立ち枯れのススキ20150228_271211:40 東屋着。富士山を見ながら昼食タイム。春霞で富士山がすっきり見えません。20150228_271512:15 午後の出発
12:30 最明寺着。昨年の4月に訪れたときは、ピンクの桜や、黄色のレンギョウが咲いて、色彩があってきれいで、にぎわっていました。今日は、桜の芽が膨らみはじめたところで、人もまばらです。公園によらず、通過です。
13:35 松田山の自然館着。ここで仮解散。各自河津桜を楽しんで帰るか、リーダーと一緒に2:30に自然館前に集合し、まとまって帰ることになりました。私は、先輩と二人で桜祭り会場を巡ることにしました。
河津桜が見頃となって、多くの観光客が来ていました。20150228_2737西平畑公園 ハーブ館近くで桜を楽しむ多くの人達。20150228_2740河津桜の濃いピンクと黄色い菜の花20150228_2741JR御殿場線松田駅へ歩いて下山。駅までは人の列が続いていました。小田急線新松田駅の途中の酒蔵で、甘酒を頂いて、新酒の試飲を楽しみました。
15:23 小田急線新松田より急行新宿行きで帰宅。

芽吹きの春には少し早かったのですが、確実に季節が春に移っていました。

桜の虫沢古道~松田山

2014年4月12日(土) 晴れ
さくら、サクラ、桜の1日でした。
ハイキングの会で、「松田町寄(やどりき)~尺里(ひさり)峠~松田山」を歩くハイキングがあったので参加しました。先週は丹沢の北の端、石砂山でした。今日は松田町の寄から丹沢山塊南の端、松田山まで歩きます。
松田町で、「寄しだれ桜まつり」が4月1日~13日までが行われています。そのため、小田急の新松田駅前から「寄」行きの臨時バスが出ていました。私も早く着いていたので、集合時間の定期バスより早い臨時バスで、皆さんより先に「寄」へ向かいました。寄バス停は桜が満開でした。桜を見ながら皆さんが来るのを待ちました。20140412_18709:45 リーダーの挨拶の後、出発。中津川沿いにしだれ桜の並木が見えます。20140412_1875中津川沿の道は遊歩道になっています。しだれ桜の中を歩きます。20140412_1878対岸から桜を見るために川を渡ります。20140412_1882しだれ桜が続いています。20140412_1884明治になって廃道になった松田町虫沢地区と山北町八丁地区を結ぶ生活道だった「はなじょろ(花女郎)道」を、「虫沢古道」として「虫沢古道を守る会」が復活させました。今日は、松田町側の古道を歩きます。20140412_1887リーダーが言うには「ど根性桜」、切ったのでしょうか、折れたのでしょうか、根元は大木です。大きい枝は無く、若い枝がたくさん出ていました。20140412_189611:30 尺里(ひさり)峠着。高松山へは行かず、松田山方面へ行きます。まもなく富士山がきれいに見えるところに着きます。20140412_189920140412_190411:35 富士山を見ながら昼食。里も桜です。
写真をクリックしてください。拡大表示されます。

 

1215 午後の出発.。最明寺史跡公園が見えました。ピンクの桜・黄色のレンギョウ・・・色とりどりの花に囲まれきれいです。20140412_1915桜の下を最明寺史跡公園に向かって降ります。20140412_191812:25 最明寺史跡公園を各自散策することになりました。ここは、松田山南斜面です。
多くの行楽客が桜を楽しんでいました。20140412_192212:40 松田駅に向かって車道を下山開始。
14:35 JR松田駅着、解散。
14:45 小田急新松田駅着
14:54 新宿行きで帰宅

 

丹沢山塊の北端 石砂山

2014年4月5日(土) 晴れ-小雨-晴れ
石砂山(いしざれやま)へのハイキングの会の山行に、参加しました。
休日なので、三ヶ木(みかげ)から乗り換える伏馬田方面へのバスが無いため、橋本駅からチャーターしたバスで、登山口まで行くことに会報より変更になっています。そのため、乗り換え無しで登山口まで行くことができ、約30分の時間短縮になりました。 平日に路線バスで行った場合を、調べてみました。橋本駅 9:12発のバスに乗車、三ヶ木 9:49着、10:00発のバスに乗り換え、伏馬田入口バス停に10:20着でした。
バスの中でリーダーから、コースの説明とギフチョウ生息地なので見ることができるかもしれないと話しがありました。
コースは、橋本駅(バス)=石砂山登山口→亀見橋→石砂山→篠原バス停→藤野やまなみ温泉入口(バス)=JR藤野駅 総勢24名です。

 9:06 橋本駅をバスで出発
 9:50 石砂山登山口着?(時間を確認していませんでした)
10:00 ストレッチをして出発。ここは東海自然歩道の1部のようです。
20140405_1832山道に入るまでの車道の道々では、桜が満開でした。晴れてはいるのですが、風が冷たい。20140405_1834道は歩き易く、きつい登りもありません。20140405_1846まだ冬の山のような山々です。見晴らしが良いのですが、寒いので下の登山道へすぐに降りてしまいました。20140405_1848先を歩いている方がシュンランを見つけて、おしえてくれました。最初は1つ、次に3つ固まって咲いていました。下山路でも咲いていました。20140405_1851次は階段の道でした。木々の新芽が瑞々しい。20140405_185211:35 石砂山(577m)山頂着。
昼食、他のグループがすで昼食を食べていました。ここはギフチョウの生息地です。ギフチョウを目当てに、大きなカメラを持った人を何人も見かけました。いま頃は見ることが出来るはずなのですが、残念ながら見ることは出来ませんでした。20140405_1854山頂にあった東海自然歩道の案内板。2人の男の子は、会員の方が連れてこられたお孫さんです。20140405_1855山頂から見えた山ですが、名前は分かりません。お天気が怪しくなってきました。20140405_185620140405_185912:10 午後の出発。一気に下山。
途中、パラパラと雨が降ってきましたが、本降りになる前に上がりました。

12:40 車道に出ました。

12:50 篠原バス停着。
土日休日は、16:35発 やまなみ温泉行きが1本しかありません。ここで、車道を歩くために靴紐を調整し、歩き始めました。藤野やまなみ温泉まで約1時間です。バスで向かう場合も、やまなみ温泉で、藤野駅行きにバスを乗り換えます。
春の花を楽しみながら歩きました。

今日登った石砂山です。いかにもボーっとした、やわらかい輪郭になって早春の山の風情です。20140405_186914:00 藤野やまなみ温泉の前で解散。温泉に寄って一浴する人、すぐに帰る人に分かれました。私は帰る組です。
14:10 藤野やまなみ温泉入口バス停より藤野駅行きに乗車。
14:39 JR高尾行き電車で帰宅。