東ハイ祭 文学コース

2019年11月9日(土)晴れ
10月は台風19号の影響で、山は登山道が通行できなくなり、次々山行が中止になってしまったため、4ヶ月ぶりの東京ハイキングに参加です。
今日は東ハイ祭です。東ハイ祭の会場である井の頭公園へ向かう5ウォーキングコースは、歩程2~3時間です。私は太宰治の墓がある弾林寺に寄る文学コースへ、参加することにしました。
コースは、JR三鷹駅南口➝中央通り➝赤とんぼ碑➝本のレリーフ➝みつめる少年像➝八幡神社→弾林寺(太宰治・森鴎外の墓)→むらさき橋(玉川上水)→山本有三記念館➝万助橋➝東ハイ祭会場(井の頭恩賜公園)歩程2時間、参加者は52名です。
9:00 JR三鷹駅南口集合、出発

市内を長い列で歩きます。

赤とんぼ碑 三木露風は昭和3年から39年に亡くなるまで三鷹に住んでいました。

太宰治「斜陽」の文学碑

元々同じ敷地だった八幡神社と弾林寺がありました。弾林寺は、きれいで、静かなお寺です。その時の住職が、檀家の反対を押し切って、太宰の墓を建てることを許可しました、太宰が葬られることを願ったお寺です。

森鴎外の墓、斜め前に太宰治の墓があります。太宰治の墓。太宰の墓と並んである津島家のお墓には、奥様の美知子さん85歳没とありました。
太宰治は、昭和14年に三鷹に転居、昭和23年に玉川上水に入水するまでの約9年間、三鷹に住んでいました。

むらさき橋から玉川上水を覗き込むと、現在の玉川上水は水量が少なく、太宰が入水した頃と変わっています。赤い錦鯉と模様の入った白い錦鯉がここに住み着いているようです。玉川上水の太宰治が入水したと思われる地点に、青森、金木産の玉鹿石が置かれているそうですが、私の下調べが足りず、見落としました。私は金木にある「斜陽館」へも行きました。20代のころ太宰の本を一心に読んでいました。

山本有三記念館 子供のころ「路傍の石」を読みました。

11:20 東ハイ祭の会場である井の頭恩賜公園着、私たちのコースが一番早く着いたようです。

この後、井の頭公園に各コースを歩いたメンバーがぞくぞく到着しました。昼食後、午後1時から第38回東ハイ祭が行われ、私の友人も90歳達成で表彰されました。80歳達成で表彰された会員は多数です。参加者は今まで最高の250名だそうです。

 

御岳渓谷

2019年9月15日(日)晴れ
体調を崩して、約2ヶ月ぶりのハイキングです。ハイキングの会の人達と一緒に歩く自信が無かった時、会の先輩に御岳渓谷を誘われたので、2人で歩くことにしました。

集合は、立川駅7:57発奥多摩行、8:40軍畑駅着の電車です。電車はハイカーで混んでいました。ホリデー快速ではない各駅停車の電車でもこんなに混むのかしらと、思っていました。
今日、結果として歩いたコースは、軍畑駅→御岳渓谷→御嶽駅(バス)=ケーブル下 滝本駅(ケーブルカー)=御岳山駅→ビジターセンター→裏参道分岐→大楢峠→鳩ノ巣駅 歩程4時間です。
8:40 軍畑駅着、軍畑駅は、高水三山の方向へ行く登山者で混んでいました。私たちは、彼らとは反対方向の多摩川へ向かいます。

国道に出ると、向かい側に「御岳渓谷」案内板がありました。今日は良いお天気です。多摩川べりへ下るところは、御岳駅方向へ少し行った所に道標がありました。
コスモスが咲き始めていました。もう初秋です。御岳渓谷の道は、歩きやすく整備されています。私たちのように、登山靴である必要はありません。
紅い曼殊沙華が咲いて秋を思わせてくれます。私たちは、スマホのGPSアプリで位置確認したり、咲き始めた秋の花の名前をアプリで調べたりしながら、ゆっくり楽しみながら歩いていきました。
川に入って釣りをしている人がいました。気持ちよさそう!多摩川も水がきれいで、川に入って手を浸したいくらいです。白波の急流を、6台のラフティングボートが下って行きます。赤いヘルメットは女性のようで、女性が多いボートは「キャー、キャー」とにぎやかです。電車が混んでいたのはラフティングの人達かも知れません。川縁のススキも間もなく咲きそうです。いまは季節のちょうど変わり目です。10:00 御嶽駅に近づき、このまま御岳渓谷を川井駅まで歩いても、歩き足りないような気がしてきました。時間も早いので、バスで御岳山へ向かうことに話がまとまり、“ケーブル下”行きのバス停へ向かいました。新宿からのホリデー快速が着いたばかりの時間だったため、多くのハイカーがバスに乗りこんでいるところでした。私達も最後に乗りこみました。バスは満員です。
10:30 ケーブルカーで、御岳山へ。ケーブルに乗ってから「日の出山へ行きますか?」「大塚山にしますか?」「それとも、鳩ノ巣駅へ下りますか?」と話し、「日の出山は、人が多そう」「大塚山は、古里駅へ下るだけ」となり、ゆっくり下れる鳩ノ巣駅にしました。
10:40 ケーブルの御岳山駅から後半スタート。この道は、先輩とも一緒に登ったことがあります。ここは落葉樹が多く、私は新緑のころにも登ったことがあります。また夏に、レンゲショウマを楽しんだ後、降りました。鳩ノ巣駅まで、緩い下りの1本道ですが、周りの風景が変わらいので、今、歩いている場所がつかみにくい道です。
鳩ノ巣駅へ降っていて気づいたのですが、今日はこの道に人が少なく、すれ違ったのは男性の登山者3人だけ、追い越していく人も、追い越す人もいませんでした。先輩と2人だから歩けましたが、1人だったら、心細くなっていたでしょう。
12:20 大楢峠着、誰もいません。昼食休憩。
城山の巻き道は、工事中で2月18日まで通行止めとなっていました。12:38 鳩ノ巣駅へ下山開始
ヤマジノホトトギス 先輩が見つけました。とても小さい花でした

14:18 鳩ノ巣駅着。
14:35 青梅行きで帰宅。

以前でしたら、ケーブルカーに乗らず、麓から歩いて御岳山へ登っていた先輩ですが、腰を痛めたためもあって、私に付き合ってケーブルカーで上がってくれました。先輩が腰を痛めていなければ、日の出山北尾根を登ろうと提案されていたかもしれません。レベルを下げて、私に付き合っていただきありがとうございました。やはり先輩と一緒というだけで、安心感があり、楽しい山歩きができました。

金比羅尾根~南沢あじさい山

2019年6月23日(日)曇/雨/曇
2週間ぶりのハイキングに参加です。
梅雨に入って、昨日は雨が降ったり止んだりでした。出発前、リーダーから雨が降るという予報なので、コースを短く変更しますと言われました。会報に載っていたコースは、JR武蔵五日市駅→樽→金比羅尾根分岐→南沢山→あじさい山→金比羅山→武蔵五日市駅 歩程4時間です。参加者はいつもより少ない19人です。
9:40 南沢あじさい山の入山料500円を事前に係に渡し、JR武蔵五日市駅前を出発。
樽の集落にあったお地蔵さん。五日市は戦国末期の文書に「五日市」とある歴史のある地です。10:13 “樽”の集落から山道に入ります。10:25 五日市小学校、中学校の前を通る道から入る金比羅尾根コースに合流10:34 “金比羅山巻き道”と“日の出山・金比羅山”の分岐のベンチがあるところで休憩。
駅前で渡された地図を見ながら、場所の確認をしています。登山道入口の道標と違って、東京都の立派な道標があります。岩にピンクの花展望台からのは厚い雲がおおわれた市街地ツツジが咲いています。11:12 琴平神社着琴平神社の近くの木に、「金比羅山468M ⇒」と木に付けられていました。金比羅山山頂はこの先のようです。金比羅尾根に、南山あじさい山への分岐がありました。分岐を下って行くと紫陽花が見えてきました。雨が降ったり止んだりの山道を滑らないように慎重に下っていきます。南沢あじさい山は南澤忠一さんが50年かけてアジサイを植え続け、約10,000株のアジサイが咲いています。真白なアナベル藍のアジサイが多い中、ピンクのアジサイがありました。多くの人が訪れていました。紫陽花が、雨に濡れ、生き生きしています12:10 1時間の昼食休憩です。東屋で顔馴染みのメンバ―とにぎやかな昼食後、ゆっくり山を散策、紫陽花を見て回りました。
13:20 あじさい山から下山時、雨が降ってきました。レインウエアを着て、駅に向けて出発。
13:45 途中の神社前で解散となりました。
14:32 JR武蔵五日市駅より拝島行で帰宅