金勝山~官ノ倉山

2020年3月21日(土)晴れ
東京ハイキングは、新型コロナウイルスのため、今日現在、3月末日まで山行は中止です。私もハイキングを自粛していたのですが、この頃の陽気に、東ハイの先輩を誘って、二人で出かけることにしました。私は、2ヶ月半ぶりのハイキングです。
私は新型コロナウイルスのことを考えて、人が多い池袋を避け、JR武蔵野線で北朝霞から、東武東上線朝霞台駅で急行小川町行に乗り換えるとこにしました。武蔵野線の電車は、いつもの土曜日の朝より空いていました。いつもは多くのハイカーを見かけるのですが、ほとんど見かけませんでした。東武東上線の電車もハイカーが少なく、所々の窓の上部が換気のため少し開けてありました。
コースは、東武竹沢駅➝金勝山➝南登山口➝天王池登山口➝官ノ倉山➝石尊山➝北向不動➝小川町駅 歩程約4時間 東ハイの会報に載っていたコースです。
私は、官ノ倉山へは何度か来ています。この時期、里山歩き気分も味わえる小川町の山です。9:30 東武竹沢駅出発。最初、金勝山を登らず、官ノ倉山へ向かう方向に歩いてしまいました。JR八高線の踏切を渡ってからそのことに気付き、二人でスマホを見ながら金勝山の方向を確認していると、通りがかりの人が金勝山の方向を教えてくれました。
東武竹沢駅に戻り、寄居方面に歩くと「東登山口」の道標がありました。後は、山道、間違うことはありませんでした。今回は、スマホの地図アプリに頼りながら歩くことになってしまいました。先輩と二人で地図アプリの実践、使い方の練習でした。
10:23 金勝山(263.4m)着。小川げんきプラザのプラネタリウムが見えます。

10:31 山頂から下山してすぐに「裏金勝山」がありました。

10:42 小川げんきプラザのプラネタリウム着。家族連れが来ていました。「南登山口」へ下山しました。JR八高線の踏切を渡り、国道254号線を寄居方向へ歩きます。
菜の花が咲いて、桜が咲いて、土筆を見付けました。

天王池の東屋の後ろに桜がひときは目立ちます。11:58 天王池登山口着。天王池には大きな錦鯉がいました。私たちが池のほとりに立つと寄ってきました。鯉にあげる餌を持っていなかったので、鯉に悪いので、すぐにその場を離れました。

1230 官ノ倉山着。官ノ倉峠まで一気に登り、すぐに山頂をめざしました。山頂直下で2組の家族連れとすれ違い、山頂では、何組かの家族連れや、少人数のグループで混んでいました。今日はよく家族連れと会います。

13:10  昼食をすまし、下山開始するころには誰もいなくなり、山頂を独り占めしました。

13:25 石尊山着。山頂の名板は下にあります。

さっきまでいた官ノ倉山です。

石尊山直下の鎖場の難所を下っている時に1組のハイカーとすれ違いましたが、後はハイカーとも会いませんでした。
13:55 北向不動着。無事下山できました。あとは駅まで車道歩きです。

駅に向かって歩いている途中に見かけた満開の桃と、咲き始めた桜です。
車もほとんど通らないので、道の真ん中で写真を撮っていたら、突然、車のクラクションにびっくりして、はじに寄りました。
15:07 八幡神社着
15:30 東武小川町駅着
15:44 急行池袋行きで帰宅

車道歩きの駅への道は、道標があるうちは迷わないのですが、道標が無くなると方向が分からなくなります。二人で話しに夢中になり、曲がるところを通り過ぎたり、手前で曲がったりと、間違いに気が付くたびに、スマホの地図アプリで確認し、近道を確認しながら駅まで歩きました。本来なら、地図と磁石を使えばよいのに、地図アプリの便利さについ頼ってしまいました。
先輩と二人、春の穏やかな日差しを浴びながら、急がないからと、のんびり、久しぶりのハイキングを楽しみました。また、一緒に歩くことを約束して別れました。

初歩き 子の権現

2020年1月5日(日)晴れ
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年の初歩きは、東京ハイキングの子の権現です。東京ハイキングの山行に参加は、半年ぶりです。しばらく集団で歩くハイキングに参加していないので、皆さんに付いて歩いて行けないかもしれないと心配です。駅前でいつも一緒になる友人が待っていてくれ、私の復帰を喜んでくれました。
コースは、西武秩父線西吾野駅➝「天寺へ十二丁」➝子の権現➝竹寺➝小殿バス停(バス)=飯能駅 歩程約3時間、参加者は45名です。予定では小床峠➝吉田山分岐を歩くのでしたが、台風の影響でコースが変更になりました。
西吾野駅前は、他のハイキングの会の人達もいてハイカーが大勢います。9:30 西吾野駅出発
登山道の途中、台風で倒されたのでしょう大きな木が倒れていました。45名参加なので列の中ほどを歩いていても、長い列です。子の権現山門11:35 子の権現本堂着、今年の山行の安全をお願いしました。冬晴れの奥武蔵の山々がくっきり見えます。子の権現を少し行った所の日向で昼食大休憩、お正月なので、リーダー恒例の甘酒を作ってくれました。12:30 午後の出発、竹寺へ向かいます。
冬の日差しは弱く、北斜面は風が冷たく、小休憩の時にセーターを着こみました。竹寺の近くにあった「関東ふれあいの道」の案内板、私は2009年1月に「埼玉ふれあいの道」で、初めてここを歩きました。案内板がこんなに傷んでしまっているのを見ると時の経つのを感じます。14:05 竹寺(正式名称は医王山薬寿院 八王寺)着、神仏習合の寺です。14:15  あとは、ひたすら休憩なしで小殿バス停へ下ります。
途中登山道が崩落して通ることができない場所がありました。リーダーが、男性の会員に声を掛け、全員エスコートをしてもらい斜面を登り、崩落個所を迂回して通ることができました。
15:12 バス停に近くまで来たときに、乗客が誰も乗っていないバスが走って行きました。全員小走りでバスを追い、バスに追いつきました。ほぼ全員バスに乗ることができました。リーダーは遅れた人を待って、次のバスで飯能駅に向かうことになりました。そのため、飯能駅で自然解散となりました。

無事、皆さんと一緒に小殿バス停まで歩くことができました。これからも、無理をせずハイキングを楽しみたいと思います。

大晦日の高尾山

2019年12月31日(火)快晴
今年最後の山行です。毎年12月30日に高尾山への山行に参加していましたが、今年はありません。そこで、友人と30日か31日、お天気の良い方の日に高尾山で年越しそばを食べようと、約束をしました。そして、30日は雨のため、今日になりました。

10:00 京王線高尾山口駅に待ち合わせました。友人を待っていると、多くの人が改札を出てきます。今日は大晦日のはずです。友人とは1年ぶりに会います。会ってから、どのコースを歩くか打ち合わせをしました。ケーブルで上がり、今年最後なので、薬王院にお参りをすることにしました。
ケーブル乗り場に向かうとやはり人が多くいました。ケーブル、リフト乗り場はすっかりお正月を迎える準備ができているようです。10:21  ケーブルを降りて、十一丁目茶屋から見える風景は少し霞んでいます。薬王院も人の列が続いています。目的が年越し蕎麦を食べることなので、今日は身軽、友人が持って来たのはお饅頭とみかんと飲み物、私はおせんべいと飲み物、お弁当はありません。一年分の話をしながら歩いているうちに頂上に着きました。
11:10 高尾山山頂着。多くの人がいます。お弁当を広げている人もいます。展望台から富士山が綺麗に見えています。持って来たおやつを食べながら、暫く富士山を眺めていました。仕事をしていた現役の頃、通勤電車から富士山を見ていました。私の部屋からは富士山が見えないので、お天気が良く、空気が澄んでいるときは富士山を見たくなります。11:40 下山は、稲荷山コースから6号路を歩くことにしました。これから登っていく人とひっきりなしにすれ違います。外国の方が多いようでした。
6号路も台風19号の後、通行止めになっていたときがあります。台風の爪痕でしょう、倒れた大きな木が、沢べりが濁流でえぐられたような跡がありました。どこまで水があふれたのでしょうか。13:00 ケーブルの清瀧駅着、お蕎麦屋さんを探します。どのお店も混んでいます。駅から少し離れたお店に並びました。割と早く私たちは席に着くことができ、ビールで乾杯し、目的の年越し蕎麦を食べることができました。
14:10 準特急新宿行きで帰宅。来年も“年越し蕎麦を食べに高尾山へ来ること“を約束し、友人と別れました。

今年一年私のブログを見ていただきありがとうございました。途中、間が空きすぎた期間もあります。来年は間が開くことが無いように、体調に気を付け、山歩きをし、ブログを書きたいと思います。