横浜市民の森

2020年11月8日(日)晴れ
今日のハイキングは、横浜市民の森をいくつか繋いで歩きます。コースは、京浜急行金沢文庫駅→能見堂緑地→釜利谷市民の森→ののはな館→おおやと広場→氷取沢市民の森→大岡川源流域→いっしんどう(円海山)→中尾根→瀬上市民の森→JR根岸線港南台駅 歩程4時間 総勢37名
9:30 京浜急行金沢文庫駅集合
9:40  リーダーからコースの説明の後、蜜を避けるため2班に分かれて出発
9:45 能見堂緑地、六国峠ハイキングコースに入ります。住宅の壁に案内がありました。11:22 金沢動物園着、ののはな館前で昼食休憩。12:00 午後の出発。

小川に沿って歩きやすい道です。

飛び石で小川を渡ります。 横浜横須賀道路が見えます。個人に菜園を貸しているようです。路端のコスモスが秋を飾っています。おおやと休憩所 いっしんどう広場、おおやと広場、金沢市民の森の分岐いっしんどう広場の案内板13:35 瀬上池、池の下広場で休憩の後,JR根岸線港南台駅に向かいました。14:30 JR根岸線港南台駅で解散

<横浜市のホームページより>
市民の森は、昭和46年度からスタートしました横浜市独自の緑地を保存する制度で、緑を守り育てるとともに、山林所有者の方々のご協力により、市民の憩いの場として利用させていただくものです。
令和2年4月1日現在、47か所(約550ha)指定しています

佐白山と笠間

2020年10月25日(日)快晴
いつもと方向が違う、茨城県笠間市まで来ました。笠間は車で友人と陶器市に来たことがありますが、よく覚えていません。今年の陶器市は、コロナのため中止になっています。
今日のコースは、JR水戸線笠間駅→芸術の森公園→佐白山→つつじ公園→笠間稲荷→笠間駅 歩程3時間30分 総勢20名です。皆さん、山行でよく顔を合わせる人達ばかりでした。
10:15 ストレッチの後、出発。笠間は陶芸の街でもあります。街には陶芸の工房がありました。登り窯を見たのですが、写真を撮っていませんでした。笠間芸術の森公園を抜けていきます。紅葉がきれいです。笠間芸術の森公園を抜けると、田園風景になりました。周囲を見渡せる、昔の山城があったように思える山が、見えます。これから登る佐白山ではないでしょうか? スマホの機種を変更してから、山名を調べるアプリをまだ入れてなかった。
のどかな稲刈りの終わった田んぼの間を歩きます。曲がりくねった道です。この間隔では蜜ではないですよね。コスモスも咲いています。会報にあった「舗装道路歩きも長くなります」の道です。車道のわきに登山口がありました。登山道の途中に大きな「歌うたい石」がありました。舞台のようです。謂れを読んでいないのでわかりません。
12:20 佐白山(182.1m)の広場で、昼食休憩。
佐白山は笠間城がありました。城跡は、東日本大震災で石垣が崩落する被害を受けました。昼食後、佐白山の一番高いところにある佐志能神社に上り、往復しました。

佐白山からつつじ公園へ向かいます。公園からは、四方山に囲まれた笠間盆地が見渡せました。高いところからの眺めは気持ちいい。笠間菊まつりが、規模を縮小して10月17日から11月23日までおこなわれています。
笠間のシンボル ”かさま歴史交流館 井筒屋”
街は菊まつりを楽しむ人でにぎわっていました。日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷、初めてきました。菊まつりを楽しんで、駅にむかいました。
15:30 笠間駅着、解散

今日は久しぶりの快晴、小旅行気分で、都内からだと3時間以上、埼玉に住んでいる私が2時間半掛かって笠間駅に集まりました。初めての乗り慣れない路線だったため、時間以上に遠く感じました。そのためリーダーの顔を見ての第一声は「とーおーい」です。みなさん、よく顔を合わせる仲間です。

秋梅雨 曇天の金勝山~官ノ倉山

2020年9月27日(日)曇り|晴れ
秋梅雨のお天気がはっきりしません。今朝も、朝方まで雨が降っていたようです。まだ、いまにも雨が降り出しそうそうな曇り空です。
今日のコースは、東武東上線竹沢駅→東登山口→金勝山→南登山口→天王池→官ノ倉山→石尊山→北向不動→小川町駅 歩程4時間(12km)総勢26名です。
私は何度か官ノ倉山へは来ています。コロナですべての会の山行が中止になっていた3月にも、友人と歩いています。
9:30 リーダー挨拶、ストレッチの後出発。
金勝山は東武東上線に沿って寄居方向へ行くと、東登山口入口の大きな標識があります。雨が上がったばかりのような濡れた山道を登っていきます。

10:10 金勝山(264m)着。霧で「小川げんきプラザ」も微かに見える程度です。10:20 裏金勝山着。小さなすべての山に、名前の標識がありました。10:30 小川げんきプラザ着。展望台に上っても、何も見えなかったそうです。まだどんよりと曇って、霧がかかっています。南登山口へ下りました。空がいくらか明るくなってきています。JR八高線の線路、線路の土手にキバナコスモスが咲いていました。単線の線路は、田舎の雰囲気があり、懐かしくなります。線路にコスモスが合います。車道を歩いて、官ノ倉山へ向かいます。秋はやはりコスモスです。白やピンクや赤のコスモスを探しながら歩いていました。少しコスモス時期には早いらしいです。間隔が開けた歩き方になっています。天王池登山口を通過し、官ノ倉峠まで登ります。官ノ倉峠からは、山頂までは、ゴツゴツした岩のひと登りです。
12:18 官ノ倉山(344m)着、昼食休憩。私と友人の周りで一緒にお弁当食べた人達は、東ハイに入ってまだ1~2年でしたが、皆さん登山歴が長いベテラン揃いでした。
晴れてきていました。朝、お天気がはっきりしなかったので、いつもはにぎわっている官ノ倉山山頂に、他のグループは1~2組と少なかったです。13:22 石尊山(344.2m)着。3月に来たときは、名板が下に落ちていましたが、新しくなっています。もうすっかり晴れています。遠くまで見渡せます。14:00 北向不動着。上まで登らず通過です。車道を小川町駅まで歩きます。
まもなく稲刈りが始まるのでしょう。稲穂が重く垂れています。田んぼのあぜ道に、モグラ除けに、根に毒があるヒガンバナを植えるのだと、友人が教えてくれました。田んぼの稲穂の上に、たくさんの赤とんぼが飛んでいました。分かりますか?東武東上線小川町駅着、解散
15:44 急行池袋行きで帰宅