初秋の陣馬山

2020年9月13日(日)曇り
8月は猛暑のため、東京ハイキングの山行に参加しませんでした。そのため私にとっては久ぶりのハイキングです。
今日の陣馬山への山行は、本来は昨日12日が催行日でしたが、雨のため順延され今日になりました。
高尾駅は、相変わらず高尾山へ行くハイカーで混んでいました。バス時間の30分前に高尾駅に着いたのですが、バス乗り場に行くと、もうリーダーたちが並んでいました。満員の臨時急行バスで陣馬高原下へ、すぐに、8:10発の定期バスも到着して、参加者がそろいました。
今日のコースは、高尾駅(バス)=陣馬高原下→陣馬街道→登山口→陣馬山→栃谷尾根→陣馬登山口→藤野駅 歩程3時間20分 総勢43名です。
9:10 リーダーの挨拶の後、2班に分かれて出発。私は友人と2班に入りました。陣馬山は皆さん何度も来ています。このバス停から出発、また、下山をするところなので、なじみのバス停です。
陣馬街道の途中にある登山口から、陣馬新道に入ります。
沢の水が昨日の雨で、いつもより勢いがあるように感じます。この道は急登です。最近の暑さを思えば、今日は幾分涼しいのですが、休憩の回数を多くとって登っていきます。曇りなので、いままでの暑さからみれば、カンカン照りでなくありがたいのですが、霧が深くなっています。陣馬山でこんな霧にあうのは初めてです。10:48 頂上直下、春にニリンソウの群落がみられるところだと思うのですが、あたりが見えません。霧で、先に歩き始めた1班がすぐに見えなくなりました。11:10  陣馬山頂着(854.8m)。到着するハイカーが次々と白馬の前で写真を撮りに来ます。茶屋は閉まっていました。ここで昼食休憩です。
晴れていれば、富士山、秩父・奥多摩の山々、遠く房総半島まで見えるのですが、全く見えません。出発前に、全員で集合写真を撮りました。
11:40  午後の出発、霧はついに晴れてくれませんでした。
陣馬山山頂付近は、沢山の花が咲いていました。私は栃谷尾根は初めて歩きます。危ない場所もなく歩けました。栃谷の集落の近くには、ススキが咲き始めていました。季節は確実に秋になっています。栃谷分岐あたりで、アゲハチョウがヒガンバナにとまっています。街中ではめったに見ることことがでないので、珍しいと友人とカメラを向けました。陣馬登山口バス停に行くと、先に着いていた1班の人達が並んでいました。間もなくバスが来る時間というので、慌ててストックをしまい列に並びました。
13:40 バス停で解散。
13:39発のJR藤野駅行きバスに乗車。いつも一ノ尾根から陣馬山登るときは、駅から歩くのですが、今日は下山で歩いた後なので、バスに乗りました。私たちより後にバス停に着いた人たちは、先に乗った私たちで満員のため乗れず、歩いていました。歩いた皆さん、楽をしてごめんなさい。
14:00 藤野駅着

今年の8月の暑さは異常でした。暑さに弱く、エアコンも苦手な私はどうしようもなく、少し暑さが和らぐ、夕方5時過ぎにウオーキングに出かけるのを日課にしていました。会のハイキングに参加しなければと思っていたのですが、暑さのことを思うと、つい、ためらってしまいました。9月になって少し涼しくなってきたので、週末には参加するつもりです。

 

日連アルプス

2020年7月26日(日)曇/雨
ここのところの新型コロナの感染拡大状況を考えると、電車に乗って出かけることを躊躇してしまっています。また梅雨で、毎日雨が続いているのもあって、1ヵ月ぶりの東京ハイキングの山行に参加です。
今朝は雨が降っていたので、どうしようか迷ったのですが、リーダーが決行のお知らせを、東ハイのホームページに載せていたので、晴れることを信じて参加しました。
コースは、JR藤野駅→日連大橋→金剛山(410m)→八坂山→鉢岡山(460m)→日連山→日連大橋→藤野駅 歩程4時間約11㎞、参加者は総勢30名です。
9:40 JR藤野駅集合
9:50 出発 雨はやんでいました。日連大橋から見る相模川は、いつもの青、緑のきれいな水と違って、連日の雨で濁っています。10:20 登山口から金剛山へ、はじめの急登を一気に登っていきます。若いリーダーで、いつものリーダー達より足が速く感じます。
10:35 遅れ気味の人もいましたが、急登を終えたところで休憩。道標はしっかりしています。11:00 金剛山(410m)山頂着11:18 峰山(423m)着。山梨の山がきれいに望むことができます。八坂山へは5分、往復します。11:24 八坂山着。”山頂の案内板はどこ?”と探してしまいました。樹木の中の歩きやすい道です。11:42 杉峠着、雨が降り始め、ひどくなっていくようなので、カメラをザックにしまうことにしました。写真はここまでです。12:00 杉峠から鉢岡山へ向かう途中に展望台があり、そこで雨宿りしながら昼食休憩。
昼食後、皆さんレインウェアーを着けて鉢岡山へ向かいましたが、私たち数名は、ここでみんなが戻ってくるのを待つことにしました。
12:52 鉢岡山へ行った人たちが戻ってきました。私たちも合流し、杉峠に向かいます。
13:10頃 杉峠通過
13:25頃 日連山通過
13:40頃 宝山通過
宝山を過ぎてロープで下る急坂がありました。一人ずつ慎重に下っていきます。
14:20 下山口に到着。雨が上がっていたので、レインウェアーをやっとしまえました。あとは駅まで車道歩きです。
いつも日帰りハイキングをしているので、雨なら山行がありません。そのためレインウェアーを着けることはほとんどありません。本当に久しぶりのレインウェアーの出番でした。
15:00 日連大橋で解散
15:20 藤野駅着

駅に向かって車道を歩いていると、”キャー”と悲鳴が聞こえてきました。私の友人にヒルが付いていたといことで、大騒ぎです。丹沢は暖かくなるとヒルが出ます。日連アルプスは北丹沢になります。この辺りもヒルが出始めたと聞いていましたが、確認できました。日連大橋で解散するため、皆さんが集まるのを待っている間も、誰かの靴に付いていたのでしょう、ヒルが歩道に落ちていました。ヒルは動物が運ぶと聞いています。広がりを防ぐことが出来ないのでしょうか。

 

神武寺~鷹取山

2020年6月27日(土)曇り/晴れ
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が、6月19日に全面解除されました。東京ハイキング協会の山行も、マスク着用、蜜を避けるようにして再開されました。東ハイのハイキングも、新型コロナのために中止が多く、実施される山行が少なくなっています。

今日は4ヶ月ぶりの東京ハイキング協会の山行に参加です。行き先は、三浦半島です。コースは、京浜急行神武寺駅→鎖場→鷹取山(公園)→摩崖仏→首切観音→雷神社→京浜急行追浜駅 歩程約2時間40分、参加者は24名です。
集合は、京浜急行神武寺駅に10時です。久しぶりで友人と一緒に歩けます。10:10 リーダーの挨拶の後、出発.。街中はマスクを着けて歩きました。三浦半島は、住宅街から登山口まで距離がありません。すぐに登山道になります。登山道に入ると、マスクを着けて歩くのは苦しいので、外しました。少し間隔を空けて歩いています。10:45 JR東逗子駅から、神武寺の表参道へ出ることができます。表参道を上ってくるとこの広場に出ます。私たちは神武寺・鷹取山ハイキングコースを歩いています。子供たちのトレイルランのレースが行われていました。子供たちが山を駆け抜けていきます。グリーンのベストを着ている人たちが係の人たちです。神武寺(じんむじ)の創建は、神亀元年(742年)と云われている古刹です。神武寺の薬師堂(本堂)、桜門、客殿、晩鐘などが山の中にあります。神武寺の境内を抜けると、鎖場が続いています。鎖に手をかけながら慎重に登って行きます。鎖場が終わると、鷹取山石切り場跡に出ます。鷹取山はロッククライミングの練習場になっています。岩にはたくさんのハーケンを打った痕でしょう、穴が開いていました。岩に何人かのクライマーが取り付いています。11:35 鷹取山広場に到着、親不知と言われている大岩の上の展望台が、鷹取山山頂(139m)です。展望台からの眺望は、この時間はまだ曇っているためよくありません。もちろん、富士山も、江の島も、見えません。11:50 鷹取山公園で昼食休憩
12:30 午後の出発。日が差してきました。
展望台から見えた岩にも取り付いている人がいます。12:50 前浅間、摩崖仏 「勒菩薩尊像」は、須賀市在住の彫刻家、藤島茂氏が昭和40年ころ制作したものです(案内板より)。摩崖仏を過ぎるとすぐに、一般道に出ます。一般道を追浜駅へ向かって下りていきます。
13:20 雷神社で解散
13:40 京浜急行追浜駅より金沢文庫行きで帰宅

24日にも、東京ハイキング協会の街歩きに参加しました。慕っているリーダーのもとに、集まるメンバーがいます。参加すれば会えると思って参加し、4ヶ月ぶりに顔を合わせました。同じレベルの山行ではも、いつもの顔に会えます。東ハイの山行は、ハイキングに行くだけでなく、いつもの仲間と顔を合わせ、おしゃべりをすることも大切なことだったのです。長い自粛生活で、皆さんと会えない日が続いたことで、改めて、毎週ハイキングに参加する機会、集うことができる会に参加していたことのありがたさを思いました。