金比羅尾根~南沢あじさい山

2019年6月23日(日)曇/雨/曇
2週間ぶりのハイキングに参加です。
梅雨に入って、昨日は雨が降ったり止んだりでした。出発前、リーダーから雨が降るという予報なので、コースを短く変更しますと言われました。会報に載っていたコースは、JR武蔵五日市駅→樽→金比羅尾根分岐→南沢山→あじさい山→金比羅山→武蔵五日市駅 歩程4時間です。参加者はいつもより少ない19人です。
9:40 南沢あじさい山の入山料500円を事前に係に渡し、JR武蔵五日市駅前を出発。
樽の集落にあったお地蔵さん。五日市は戦国末期の文書に「五日市」とある歴史のある地です。10:13 “樽”の集落から山道に入ります。10:25 五日市小学校、中学校の前を通る道から入る金比羅尾根コースに合流10:34 “金比羅山巻き道”と“日の出山・金比羅山”の分岐のベンチがあるところで休憩。
駅前で渡された地図を見ながら、場所の確認をしています。登山道入口の道標と違って、東京都の立派な道標があります。岩にピンクの花展望台からのは厚い雲がおおわれた市街地ツツジが咲いています。11:12 琴平神社着琴平神社の近くの木に、「金比羅山468M ⇒」と木に付けられていました。金比羅山山頂はこの先のようです。金比羅尾根に、南山あじさい山への分岐がありました。分岐を下って行くと紫陽花が見えてきました。雨が降ったり止んだりの山道を滑らないように慎重に下っていきます。南沢あじさい山は南澤忠一さんが50年かけてアジサイを植え続け、約10,000株のアジサイが咲いています。真白なアナベル藍のアジサイが多い中、ピンクのアジサイがありました。多くの人が訪れていました。紫陽花が、雨に濡れ、生き生きしています12:10 1時間の昼食休憩です。東屋で顔馴染みのメンバ―とにぎやかな昼食後、ゆっくり山を散策、紫陽花を見て回りました。
13:20 あじさい山から下山時、雨が降ってきました。レインウエアを着て、駅に向けて出発。
13:45 途中の神社前で解散となりました。
14:32 JR武蔵五日市駅より拝島行で帰宅

北高尾 杉沢の頭

2019年5月18日(土)晴れ
友人に誘われて、北高尾の山行に参加することにしました。
北高尾はあまり歩いたことがありません。いつも歩くメインの高尾と違い、険しい山道です。会の会報では“一般向弱”となっていました。いつもは“一般向”に参加しています。初めてのリーダーの山行です。
今日のコースは、JR高尾駅北口(バス)=蛇滝口バス停→富士見台(556m)→杉沢の頭(547.6m)→高ドッケ(560m)→板当山(562m)→狐塚峠→小下沢(こけさわ)キャンプ場→(小下沢林道)→日影バス停 歩程約3時間、総勢39人です。
JR高尾駅北口発9:12のバスが集合です。早めに行くと、すでに友人がバスの乗車の列に並んでいました。参加者の何人かが、一本早いバスで出発地の蛇滝口へ向かいました。
9:40 リーダーの挨拶後、2班に分かれて出発。中央自動車道が見えます。今は花が少ない季節とリーダーが話していましたが、道に花が咲いていました。気温が上がっているので、登っていると草息がムッとしてきます。登山道に入ると視界がききません。尾根に出る富士見台まで、急な登りが続きます。リーダーがゆっくり歩いてくれるので、落伍者は出ませんでした。12:00 富士見台(556m)着、1班はすでに昼食を食べ始めていました。富士見台ですが、展望はありません。見えたのは、いつも歩く高尾山でした。12:40 午後の出発登りが急であれば、下りも急です。12:50 歩き始めて間もなく杉沢の頭(547.6m)着。三角点があります。トレイルランの人達が休んでいる後の小さな杭に“杉沢の頭”と書かれています。午前中の登りに比べれば、午後の尾根歩きはアップダウンが小さい下りです。14:10 板当峠着。狐塚峠へは行かず、まき道を通って小下沢キャンプ場へ下ります。ジグザグに下っていきます。石車に乗って、滑らないように注意して下ります。先に出発した1班は、すでに見えません。14:45 小下沢キャンプ場着。1班と2班の2人のリーダーが、遅れた人たちを下山口で待っています。14:50 小下沢林道をバス停に向かって下っていきます。
15:30 バス通りに出る手前で解散、バス停に向かって急ぎます。
15:41 梅の里入口バス停より、JR高尾駅北口へ。
今日は土曜日で、高尾山は混んでいます。小仏バス停から来るバスは、満員で全員乗れるかしらと心配していました。ところが、2台つながってきたバスは、ガラガラ、全員が座れました。

天園ハイキングコース

2019年5月11日(土)快晴
今日は1人で、久しぶりに鎌倉を歩くことにしました。鎌倉は何度か歩いていますが、初めて天園コースを歩き、衣張山まで足を延ばすつもりで出かけました。
結果としてのコースは、JR北鎌倉駅→今泉台住宅地入口→勝上献→十王山→大平山→天園→貝吹き地蔵→瑞泉寺入口→杉本観音バス停(バス)→鎌倉駅 歩程約3時間半でした。

8:35 JR北鎌倉駅を出発。何人かのハイカーが歩き始めています。私は建長寺を通らず、明月院の方へ向かいました。川が暗渠になっておらず、川縁が自然のままに緑があります。さすが鎌倉です。8:53 今泉台住宅地入口。住宅街にある登山口は分かりにくい。ここも通り過ぎるところでした。道標が車に隠れていました。以前、鎌倉の他の山で、やはり住宅街にある登山口が分からず、登らすに帰ったことがあります。そのため、今回は、スマホの地図アプリに、PCで調べた今回のコースのトラックをあらかじめ入れてきました。それを見ながら歩いていました。ここが登山口です。地元の方がリックも無く身軽に登っていきます。鎌倉の裏山なのでしょう。こんな道でした。11:10 勝上献(しょうじょうけん)展望台着。建長寺境内が見下ろせます。相模湾が見えます。今日は、富士山は見えませんでした。道標がしっかりしています。急な登りもあります。ロープもありました。鎌倉アルプスと言われる訳です。この道は、雨が降った後は滑りそうです。10:00 大平山着、この先が天園です。今日はとても良いお天気で、5月の風が気持ち良い~。10:55 瑞泉寺からの登り口です。ここで天園コースは終わりです。11:18 杉本観音前着。ここまで車道を歩き、衣張山をめざしてきたのですが、“鎌倉駅”行きのバスが目の前を通っていきました。それを見たらすっかり歩く気力を無くしてしまい、次のバスで帰ることにしました。独りの私の弱さです。また、続きは秋にでも歩きます。