奥多摩 勝峰山

2019年3月17日(晴れ/曇)
1ヶ月山歩きに間が開いてしまいました。その間に、里、山は、すっかり春模様になってしまっています。でも、朝はまだ寒く、ダウンを来て出てきました。
今日は、東京ハイキングに参加です。集合は、JR武蔵五日市駅に9時40分です。私は、集合時間の30分前に着いたのですが、すでに会員が集まっていました。
今日のコースは、JR武蔵五日市駅→小机入口→東屋(345m)→深沢山(460m)→勝峰山(454.3m)→林道→分岐入→幸神神社→まいまい坂武蔵五日市駅 歩程3時間 総勢40名です。
9:50 リーダーの挨拶の後、出発。
集合した駅南口から再び駅構内に入り、駅の反対側に出ます。40人が階段を一斉に上り、駅構内に入っていくと、駅にいた地元の人が驚いたらしく「どこに行くのですか?」と声を掛けてきました。「勝峰山(かつほやま)」と答えたのですがご存知ないようで「どこですか?ここから、登るのですか?」とまた聞いてきました。勝峰山は地元であまり知られていないのでしょうか。私も初めての山です。

勝峰山の登り口に向かうため住宅街を行くと春の花がたくさん咲いていました。

道の両側に梅がたくさん咲いて、気持ちがウキウキします。

足元にも黄色の花が咲いています。

小机の登り口に着きました。道標はありませんでした。一人で初めて来たら、登り口は見つけられないかもしれません。いきなり急登が続きます。踏み跡はしっかりしています。10:50 八幡地蔵着。小さな頂です。道標の上には「↞深沢山・勝峰山 くみの木峠→」下は「小机・五日市駅→」、支柱には設置した「NPO法人 触れ合う会」と手書きで書かれています。地元の人達が登山道を整備してくれているのでしょう。出発前リーダーが展望はあまりないと話していましたが、明るい樹林の中です。11:15 樹林から抜けると奥多摩方面でしょうか展望開けました。地図の東屋のところです。リーダーから「お昼まで、まだ少しあるので、お腹が空いた人はお腹に何か入れてください」と指示がありました。おにぎりを1つ食べたり、パンやおやつを食べたりの小食休憩です。道標の上には「↞深沢山・勝峰山」下には「小机・五日市駅→」とありました。12:00 深沢山南峰(460m)着。地図を見ると、深沢山には深沢山南峰と深沢山北峰があります。北峰にはこの様な道標が立っていなかったので気付かず通り過ぎてしまいました。

12:28 勝峰山(454.3m)着。山頂には鎧塚もあり、このあたりの歴史を感じます。

山頂から道の様子ががらりと変わりました。柵があってしっかりした“道”です。展望台もありました。

12:40 山頂より少し下った広場で昼食休憩
13:10 午後の出発、昼食を取った広場から車道を歩き、そして、車道に沿った山道に入りました。

下山は、登りに比べてあっけなく下れました。
13:52 幸神神社着。この神社は1335年創建の古い神社で境内にシダレアカシデがあります。アカシデで枝がしだれるのは日本ではこの木だけです。1942年、国指定天然記念物になっています。この季節花は咲いていません。
駅へ歩いている途中にあった枝垂れ梅。

14;38 武蔵五日市駅近くで解散
15:02 拝島行で帰宅

今日のGPSログです(画像をクリックすると拡大表示します)

2月のあしがくぼ氷柱から、花が咲く春の日差しのもとの歩きでした。間が開いたので、移り変わりが大きく、一気に春になりました。

日向山-あしがくぼの氷柱

2019年2月10日(日)晴れ
今日も、ハイキング会の参加です。コースは、西武秩父線横瀬駅→卜雲寺→高原パーク横瀬→日向山→山の花道→果樹園→あしがくぼの氷柱→芦ヶ久保駅 歩程3時間40分 総勢17名です。友人も私と同じハイキングの会に入会し、今日が初めての参加です。
3週連続、武甲山の麓です。昨日、関東地方は雨か雪でした。明日も雪が降る予報です。谷間の今日は、晴れの予報、ハイキングに出かけない訳にはいきません。
9:14 横瀬駅集合。良いお天気ですが、立春が過ぎて、昨日の雪で空気に少し湿り気あるようで、先週までのカラカラに乾いた青空ではありません。9:40 受付、リーダーの挨拶、参加リーダー、協力者の紹介、初めて参加する友人も紹介されました。友人は同じような年代の会員が多いので、あまり違和感がなく会に馴染めるとおもいます。ストレッチの後出発、ダウンをザックにしまい、ヤッケ代わりの上着を着ています。
最初は車道を卜雲寺へ向かいます。秩父は都心に比べて寒いので、昨日は雪が降ったと思います。でも、日当たりの良い車道には、雪は残っていませんでした。時々路肩に凍った雪がありました。さすがに、風が冷たく、耳が冷たいので、毛糸の帽子を被って歩きだしました。歩いていると暑くなってきます。
10:15 卜雲寺を過ぎたところから登山道になります。ここで衣類調整です。登山シャツを1枚脱ぎました。登山道に入るとうっすらと雪が積もっています。凍ってはいませんでした。今日は登山者に会わないだろうと思っていたら、女性登山者とすれ違いました。11:07 養豚場のある所に出ました。小休憩。ここから六番峠のようです。11:34 琴平神社がある、高原パアーク横瀬に出ました。
芦ヶ久保は果樹公園村になっています。車道沿いのハウスでイチゴ狩りが行われていました。あと一登りで日向山頂上です。ここで小休憩。日向山への道は、段差が大きい階段状の道です。12:00 日向山(633m)着、昼食休憩。山頂は遮るものが無く、風が吹き付けるため寒く、武甲山、伊豆ヶ岳が見える斜面に座り、風を避けてお昼です。六番峠を調べていたところ、2009年9月にここへ来た方のブログに、山頂は「残念ながら樹木があって展望は無し」と書いてありました。10年たった2019年2月、樹木はほとんどありませんでした。秩父の山々が見渡せ、展望は素晴らしい。下りは、ほとんど日当たりの良い南斜面の道なので雪も無く、時々車道を横切り、芦ヶ久保へ下りました。他に車も、ハイカーもいないので、車道を横いっぱいに広がり、気持ちよく芦ヶ久保へ歩けました。14:00 あしがくぼの氷柱会場着。環境整備協力金300円を払って入場、甘酒か横瀬産紅茶付きです。会場は多くの人が訪れていました。私と友人は、途中、皆さんと逸れてしまい、後を追いかけるように氷柱会場を歩いて駅まで歩いたのですが、皆さんを見つけることができませんでした。駅のホームからリーダーに電話をし、私たちがどこかで追い越したことが分かりました。多分、皆さんが甘酒か紅茶をいただいていたのを、見逃したようです。ホームで皆さんが来るのを待って、同じ電車で帰宅しました。
芦ヶ久保の駅は、氷柱の間、特急が停車します。特急が停車するたびに多くの人が、乗降していました。
14:53 飯能行きで帰宅

今日のGPSログです(画像をクリックすると拡大表示します)

琴平丘陵

2019年2月2日(土)快晴
今日はハイキングの会の山行に参加です。コースは、秩父鉄道影森→大渕寺→護国観音→長者屋敷跡→武甲山入口石標→芝桜の丘→西武秩父駅 歩程約3時間 総勢12名です。
琴平丘陵は、西武秩父駅から見ると、武甲山の前にある丘陵です。先週も秩父鉄道の武州中川駅からのハイキングでした。2週続けて秩父鉄道沿線です。
10:01 影森駅下車。31日に降った雪が日陰に残っています。そういえば、来る時に西武線沿線でも、芦ヶ久保あたりから日陰に雪が残っていました。
武甲山登山口の碑のところにあった「琴平ハイキングコース」の案内板、この案内板では、ハイキングコースの始まりが秩父鉄道浦山口駅からになっています。10:18 受付後、出発。雲一つありません。今日は暖かくなると天気予報では言っていましたが、やはり風は冷たく身支度もダウンだけザックに仕舞い、いつもより1枚多く登山シャツを着込んで歩き始めました。10:27 札所26番 竜河山 大渕寺(りゅうがさん だいえんじ)着。
秩父はやはり札所がコースに入ってきます。大渕寺の北側の境内には雪がそのまま残っています。大渕寺の裏から「琴平ハイキングコース」へ入ります。先を1組のハイカーが登っていきました。最初、登山道には雪はありませんでした。
10:50 護国観音が、突然、後ろに立っておられました。ここから尾根がギザギザの両神山が見えます。日影に雪があります。道は歩きにくいごつごつした岩の多い道です。日の当たるところは、気持ちの良い冬の山歩きです。時に雪が残っている道は、滑りそうでゆっくり歩きました。アイゼンを付けるほどではありません。登山道の右手に、武甲山の削られた山腹が目の前に見えます。11:20 札所26番  円融寺の奥の院 岩井堂着。いかにも札所の寺です。千社札がお堂一面に、貼られ、剥がれた境内です。11:32 大仏座像が、木立の中にひっそりと座っておられました。11:35 修験堂着。そうです、私たちは、いま、札所を巡っています。この後、ほぼ垂直の長い階段が2つ続けて掛けてありました。階段を降りたところに「これから先は落石に注意」とありました。ここまでが、歩きにくい岩山のような個所が多かった道です。
11:55 長者屋敷跡着。昼食休憩です。
初めここが長者屋敷跡と気が付きませんでしたが、石碑の文字を見て初めて気が付きました。「何故、ここに長者屋敷跡?」「江戸時代より前、山城が多くあったように、山に長者が屋敷を建てて、防衛したのではないか」と、歴史を全く分からない私たちは、勝手に推理しました。こんなことを話しながら、あずま屋で昼食をとりました。12:20 午後の出発.。ここからは歩き易い道の下りです。
12:38 大山袛の神。13:15 「武甲山登山口の碑」着。以前は、ここから武甲山へ登りましたが、今は通行禁止になっています。里への分岐で、私たちは、羊山公園へは行かず、市内へ向かいました。そのため芝桜の丘へは行かず、秩父市外を歩いて西武秩父駅へ向かいました。それでも、途中に養蜂家が蜂蜜を売っていたので覗いたり、皆で、冬の日差しのもと、楽しい里歩きでした。
14:10 西武秩父駅前で解散
14:38 飯能行きで帰宅。
西武秩父駅から武甲山、手前が今日歩いた琴平丘陵です。

今日のGPSログです(画像をクリックすると拡大表示します)

私は、秩父の札所をまだ調べていません。何も分からず、札所27番 大渕寺や、26番の円融寺の奥の院へ行きました。大渕寺では、読み方間違っていたのを、同行の会員の方に教えていただきました。
この山行から帰ってから、秩父のハイキングは必ず札所を通るので、調べてから参加するのが良いと思い、手始めに、秩父市の「秩父観光なび」をアクセスしたところ、秩父市内の照会が載っていました。pdfでパンフレットもありました。
登山、ハイキング、サイクリングで、秩父へ行かれるのでしたら、参考になさってください。季節はまだ冬です。12月から3月まで、登山が禁止になっている山もあります。事前に確認をしてください。