樹海

撮影日:2007年8月4日 富士河口湖町
 私はアンコール・ワットへ行ったことがあるので、植物の生命力の強さと、岩をも飲み込んでしまう怖さを目にしてきました。青木ヶ原樹海も誕生した当時は溶岩台地だったはずですが、いまは、一面緑に覆われてします。
 精進民宿村から鳴沢氷穴間の東海自然歩道は、風穴などが目に付き、どことなく薄く、国道から離れると朝霧高原のときのような爽やかな静けさではなく、不気味な静けさを感じ青木ヶ原樹海という感じがしました。


青木ヶ原樹海TOPへ   富士山麓TOPへ