関東ふれあいの道 神奈川県

関東ふれあいの道埼玉県の巻神奈川県の巻

4-歴史のみち

2012年 9月15日(土日) 晴れ 
  この道は2008年11月15日に歩いています。今回、東ハイで関東ふれあいの道東京都を歩く企画があったので、友人を誘って2人で参加しました。
 コースは、武蔵五日市駅(バス)→上川乗(410m)→浅間嶺(903m)→時坂峠→払沢の滝→払沢の滝入口バス停(280m)(バス)→武蔵五日市駅 約8km、標高差500m、3時間30分の行程です。
 集合は、武蔵五日市駅8:40、参加者は総勢16名でした。
浅間嶺直下の休憩所にある「関東ふれあいのみち」の案内板です。

9:00 数馬行のバスで出発
9:35 上川乗バス停で下車。リーダーからコースの説明を聞いた後、出発です。

 道は最初は少し急勾配でしたが、歩きやすい道でした。

11:10 浅間嶺直下の東屋がある広場着。浅間尾根に出ました。11:45まで昼食タイムです。
 ここから大岳山が真向かいに見えています。


 ふれあいの道の案内によると、「尾根道は甲州中道といわれた古い官道で、中世甲州街道として重視される一方、生活道路として利用されいていました。」とあります。私たちには登山道ですが、昔は生活道路だったのですね。
11:45 浅間嶺休憩所を出発。
11:51 浅間嶺着。休憩している登山者が何組かいました。ここから富士山が見えるのですが、今日は見えませんでした。私たちはここで集合写真を撮り、すぐに、下山を開始。明るい雑木林の中を黙々と下りました。前回は11月中旬だったので、落ち葉の上をカサコソと音をたてて歩きました。

かぶと造りの古民家の茶屋があり、まもなくコンクリートの車道になりました。

12:45 「峠の茶店」着。湧き水を引いているホースがあったので手ですくってみました。生温い水でした。ホースを伝ってくるうちに温まったのでしょう。水場の後ろに、手打ちうどんをゆでるためのかまどがあり、薪が積んでありました。

時坂峠へ向かう道は通行止めになっていました。右の車道を迂回して下り、本来の道を車道が寸断したのでしょうか? 車道から、明るい野道を下り、また車道に出て、また野道を歩きました。

登山道が終わり、払沢の滝入口が間近です。

13:48 払沢の滝はやはり涼しいく、しばし、休憩。

14:08 払沢の滝入口バス停着。バスが行ったばかりで、次のバスまで着替えたり、バス停前のお豆腐屋さんでソフトクリームを食べたりしてバスを待ちました。
14:48 バスで武蔵五日市駅に向かい帰宅。

 今の時期、花は終わって無いのではと思って参加したのですが、花に詳しい方に教えてもらい、多くの花を見ることができました。花の名前を教えてもらったのですが、覚え切れませんでした。図鑑で調べてみたのですが、難しい! なかなか名前がはっっきり分かりませんでした。

ショウカイドウ

ツリフネソウ

タマアジサイ 花の上に昆虫がいます

ノコンギク

ツルニンジン

キクイモ

アザミ

↑Topへ