関東ふれあいの道 埼玉県

関東ふれあいの道東京都の巻神奈川県の巻

05-大霧山に登るみち

2011年9月17日(土) 曇り、晴れ
 膝を痛めて以来止めているハイキングに行ってきました。足慣らしなので、私が無理をしないように、ひとりで行くことにしました。
 山は外秩父七峰のひとつ大霧山です。2010年10月に同じ七峰の官ノ倉山に登っているので、七峰はあまり急勾配が無く、歩きやすい山そうなので、膝にあまり負担が掛からないだろうと考えました。
 また、大霧山は「関東ふれあいの道 埼玉県」にも入っています。ふれあいの道では、"高原牧場入口"バス停を利用するのですが、バスの便が悪いので、小川町から行くことにしました。また、定峰峠から白石峠を通ることになっているのですが、今回はカットさせてもらいました。
 コースは、小川町駅(バス)→橋場バス停→旧粥仁田峠→粥仁田峠→大霧山766.6m→旧定峰峠→定峰峠→白石車庫(バス)→小川町駅 歩程約3時間です。
7:10 小川町駅発バス乗車。今回は1人なので始発電車に乗り、小川町駅発白石車庫行き1番バス乗ることにしました。乗客は私1人でした。グループで登る場合は、皆が集合できる時間の約2時間後の2番バスに乗ることが多いようです。外秩父もこの時期、季節が中途半端で、また、まだ低山を歩くには暑いため、ハイカーは少ないように思います。今日、出会ったハイカーは、2人と1グループでした。

7:10 小川町駅発のバスに乗り込み
7:30 橋場バス停着。バス停のベンチで、今日は半そでのTシャツを着ているので、アームカバーを着けて身支度をし、腹ごしらえをしました。
 ここは東秩父村です。ちょうど、小学生の登校時間だったので集団登校をする風景に合いました。

7:45 出発、始めは車道を"彩の国ふれあい牧場"の方向へ上っていきます。程なく山道に入る案内がありました。春に、外秩父七峰を縦走する大会が開かれています。そのため、いたるところに案内板があります。白いのがその案内板です。

 ここから山道になりました。今日初めて、私が、この道を通ります。ストックでくもの巣を払いながら歩きました。途中、今日初めてのハイカーとすれ違いました。思わず「早いですね」と声をかけました「早く出ましたから」と応えて、駆けるように降って行きました。しばらくして車道に出ました。旧道を寸断するように車道を作ったのでしょう。道のそばに、いかにも年代物の庚申塔がありました。

コスモスの向こうに秩父高原牧場が見えます。

旧粥仁田峠の周囲には民家が多くありました。ここは東秩父と秩父地方を結ぶ秩父往還です。

旧粥仁田峠から車道を逸れて、本格的な雑木林の山道になりました。聞こえるのは私の熊よけの鈴だけです。

8:52 旧粥仁田峠から30分ほどで粥仁田(かゆにた)峠に着きました(昭文社の山と高原地図「奥武蔵・秩父」では"粥新田(かいにだ)峠"となっています)。

粥仁田峠にあった「関東ふれあいの道」案内板です。

 大体予定した時間で歩くことができたので、掛かった時間で自分のいる場所を読むことができるので、気分的に楽でした。ここでも歩いているのは私ひとり、楽しくなってきます。汗がメガネに落ちて、久しぶりにかく汗が気持ちよく感じます。昨晩凍らしたスポーツドリンクが、なかなか融けてくれません。夏から秋に季節が、確実に移っています。
 木々の切れ間が見えて、粥仁田峠から40分、もう大霧山山頂に着く頃です。
9:35 大霧山山頂到着。山頂は思ったほど広くありません。大霧山の名板を背にしている方向が眺望があります。反対側は木で視界が遮られています。写真に木の影が写っています。
 左の案内板は眺望案内板です。2段になっているのは、眺望がきく側と、視界が遮られている側と2面の眺望案内図です。
 
今日は曇っているので、あまり眺望はききませんが、皇鈴山や牧場が見えています。

 持ってきた三脚を出して、大霧山の名板と一緒に写真を撮りました。
10:00 定峰峠に向かって出発。有刺線の上に赤とんぼが、近づいても逃げません。今日2人目のハイカーとすれ違いました。

 車道ができる前、東秩父と秩父地方を結ぶ道の峠が、"秩父往還三峠" 粥仁田峠、定峰峠、「ふれあいの道埼玉県13高原牧場を通るみち」で通る二本木峠です。現在、車道が通っている峠が、粥仁田峠、定峰峠になっています(二本木峠はまだ行っていないので分かりません)。車道ができる前の峠が、旧が付いて、旧粥仁田峠、旧定峰峠となっています。
 峠を結ぶ尾根道です。
 
定峰峠が近いので、バイクの音が聞こえます。この付近の林道は、休日にはツーリングを楽しむ人が多く訪れています。

 今日、唯一グループのハイカーとすれ違いました。「今日初めて人に会いました」と、いわれました。私も「1番のバスで来て、私1人でした」と応えました。
11:22 定峰峠に到着。ツーリングの人達も休んでいました。 歩き始めてからあまり休憩することが無かったので、思ったより早く定峰峠に着きました。

 茶屋で休んでいると、お母さんが「ひとりですか?」と話しかけてきました。話しているうちに、お昼をまだ食べていなかったので、お昼を食べることにしました。お母さんが自家製のラッキョウをご馳走してくれました。食べながら「この辺の紅葉もきれいなのでしょう?」と問うと、「今は、落葉樹でなく、杉を植えるから、昔ほど綺麗じゃないねー」と話していました。そういえば、どこへ行っても植林は杉のようです。
12:00 白石車庫に向けて下山開始。
13:00発の小川町行きのバスに飛び乗って帰宅。

↑Topへ