関東ふれあいの道 神奈川県

関東ふれあいの道東京都の巻埼玉県の巻

12-丹沢山塊東辺のみち:仏果山

2012年4月1日(日)晴れ

 山ビルの心配が無い今シーズの最後の週末かなと思い、丹沢山塊仏果山(ぶっかさん)へ出掛けました。
 規定のコースは、小田急本厚木駅(バス)→坂尻バス停→半原越→仏果山(747m)→半原バス停(バス)→小田急本厚木駅 11.3km 3時間45分です。

 いつものように、始発電車で小田急線本厚木駅へ向かいました。本厚木駅バス停で30分以上時間があったので、バス停の前のコンビニで昼食のおにぎりを調達しました。
7:50 小田急本厚木駅発のバスに乗車。
8:22 坂尻バス停着。案内板が本厚木バスセンター行き方面バス停にありました。

 ここから半原越まで、1時間のひたすら法論堂(おろんど)林道を登っていきます。
 歩き始めてまもなく、目の前をサルが道路を横切って行きました。近くの日向にいたもう1匹のサルのところへ行き、2匹で毛づくろいをはじめました。民家の窓辺にいた幼児が「お・さ・る・さ・ん」と、つぶやいているのが聞こえました。写真は撮りませんでしたが、突然でびっくりしました。この近辺で野生のサルが悪さをしていなければ良いのですがと、心配になりました。

 林道を歩いているのは私1人です。たまに車が通っていきます。自転車で3人が疾走していきました。今日も一人旅かもしれません。

9:40 半原越着。ここが仏果山への登り口です。

 階段状の登山道を登り、柵の入口があります。でも、入口の脇が破られて、役にたっていないようです。

 尾根道を登っていくと前方に男性が歩いていました。今日は1人ではないようです。この後、仏果山方面からの登山者と時々すれ違いました。暖かくなって、ハイキングに出掛ける人が多くなったのでしょう。
10:23 革籠石山(640m)着。

「この先 道幅狭し 注意」という看板があるピークを過ぎると、やせ尾根になります。一番の難所は鎖がありますが、危険です。私は四つんばいになりながら登りました。 ここを過ぎると、山頂は間近です。

11:15 仏果山山頂(747m)着。

何人かが休憩していました。私も昼食にしました。展望台で傍にいた人に写真を撮ってもらいました。
春霞がかかっていますが、頂上にある高さ13mの展望台からの大山

丹沢の山々

宮ヶ瀬湖・宮ヶ瀬ダム

11:50 下山開始。半原まで600mの下りですが、やせ尾根ではありません。楽に下れます。
 下山路に2つの柵がありましたが、2つとも壊れて役に立っていませんでした。これは2つ目の柵です。もう、間もなく、仏果山の下山路も終わりです。

12:40 仏果山下山(登山)口着。半原集落へ向かいます。
13:15 4月3日の祈年祭(春祭)の準備をしている半原神社に寄りました。出店に綿菓子や、チョコバナナなどがならんでいました。

 ゴールの半原バス停は、ここから歩いて約5分です。 13:50発のバスで小田急本厚木駅に向かい、帰宅しました。

 心配した山ビルの被害にも遭うことなく、仏果山へ登ることができました。でも、野生のサルには驚きました。私はダブルストックを持って歩いていたので、襲ってこなかったのかもしれませんが、一瞬、襲ってきたらどうしようと思いました。そのため、カメラを向けることをしませんでした。突然、野生動物に遭遇したら本当に怖いです。そのため半原越からの山道は、最近は、うるさいのでめったに付けない熊よけの鈴を付けて歩きました。
 来週は、やっと今年の桜の道を歩けそうです。

↑Topへ