関東ふれあいの道 神奈川県

関東ふれあいの道東京都の巻埼玉県の巻

06-湘南海岸・砂浜のみち

2012年4月7日(土)午後 曇り

 膝が心配でしたが大丈夫そうなので、午前中の「5-稲村ガ崎・磯づたいのみち」に続いて、6を歩きます。
 コースは、小田急片瀬江ノ島駅→新江ノ島水族館→ニェアール記念碑→辻堂海浜公園→茅ヶ崎漁港→柳島海岸→浜見平団地バス停(バス)→JR茅ヶ崎駅 10.8km 2時間40分です、15時30分着を予定しています。

12:30 小田急片瀬江ノ島駅出発。江ノ島を見ながら茅ヶ崎を目指します。午前中と違って曇ってしまいました。

新江ノ島水族館、今日は素通りです。

13:20 ニエアール記念広場着。「関東ふれあいの道」の総合案内がありました。

聶耳(ニエ ア−ル)記念碑。聶耳は中国国歌「義勇軍行進曲」の作曲者です。1935年に来日し、藤沢市の鵠沼海岸で遊泳中に23歳で帰らぬ人となりました。詳しくは藤沢市のホームページをご覧ください。

 このコースは、「太平洋岸自転車道」のサイクリングロードを歩くのがメインです。ニエアール記念広場を出て、鵠沼橋を渡ってからサイクリングロードに入るのですが、多くの人が見えたので、本能的に避けてしまい、少し車道に沿って歩いてしまいました。気がついてサイクリングロードに出ると、茅ヶ崎の烏帽子岩が見えていました。海上に左の小さく突き出ている岩が烏帽子岩です。富士山はもう見えません。大島はかすかに見えています。

この海岸線を歩くので左手が海、右手は防砂柵です。烏帽子岩の見え方の変化を楽しみながら歩きました。
 ここも走っている人が多いですが、観光客はほとんどいません。

浜須賀では道を砂が覆い自転車を曳いて歩いています。

15:10 サザンビーチちがさき着。「C」の中に烏帽子岩が見えています。

15:35 柳島海岸着。サイクリングロードの終点です。

15:40 今日のゴールのです。あの歩道橋を渡って浜見平団地バス停に行くことができます。

15:58 浜見平団地発のバスで帰宅。

↑Topへ