関東ふれあいの道 神奈川県

関東ふれあいの道東京都の巻埼玉県の巻

05-稲村ヶ崎・磯づたいのみち

2012年4月7日(土) 午前 晴れのち曇り

 久しぶりに土曜日に休めたので、今日は、鎌倉駅から茅ヶ崎市の浜見平団地まで、ふれあいの道神奈川 5と6の2つのコースを歩きます。
 最初のコースは、JR鎌倉駅→由比ヶ浜→稲村ヶ崎→小動(こゆるぎ)岬→小田急片瀬江ノ島駅 7.5km 2時間5分です。

 8:30 鎌倉駅は相変わらず多くの観光客が集まっていました。
 鶴岡八幡宮に参拝し、若宮大路を由比ガ浜へ向かいます。桜はまだ咲き始めたばかりです。

風がまだ少し冷たいためか、観光客も防寒しています。

9:30 由比ガ浜を出発。国道134号にを渡ると、由比ヶ浜に出ます。国道134号沿いにふれあいの道の案内がありました。良いお天気です。稲村ヶ崎が見えています。

今日はずっと海岸に沿って歩くのですが、いたるところに地震、津波に対する注意喚起の看板がありました。

気持ち良さそうに多くの人が走っています。

江の電に沿って歩くので、長谷では大仏様に寄ることができますが、今日は寄り道無しで進みます。沿道の見所を寄りながら歩いたら、夕方になってしまいそうです。
10:10 稲村ヶ崎着。ここで私は早い昼食にしました。
 ここから江ノ島の向こうに富士山が薄っすらと見えています。写真では良く分かりません。地元の方が「2~3日前に、ここからダイヤモンド富士が見えたそうです」と話していました。ここからダイヤモンド富士が見えたらきれいでしょうね。

稲村ヶ崎は新田義貞渡渉伝説の地です。ここに刀を投じて鎌倉攻めをしたのでしょう。

サーファーの近くで漁をしていました。

 沿道沿いにはしゃれたレストランなどが並び、観光客が多く歩いています。「しらす丼」が目当ての行列ができているお店もありました。私は全て素通りです。1人、場違いな大きな登山用のザックを背負って歩いていました。江ノ電が傍を走っていきます。

11:35 小動岬着。小動神社の展望台から江ノ島が目の前です。ゴール間近です。

東浜交差点からの江ノ島、今日は寄りません。

12:30 小田急片瀬江ノ島駅着。
 江ノ電の江ノ島駅への道は、駅から、また、駅に向かう沢山の人が歩いています。やはり鎌倉方向から江ノ島に来る人、鎌倉方向へ向かう観光客が多いみたいです。

 私にとって何度目の鎌倉でしょう。最初は、中学の頃の修学旅行、江ノ島に泊まったように思います。でも、一人で来るのは初めてです。いつもは、北鎌倉から古刹巡りをしていました。一緒の友人よって目的の訪れるお寺が違っていました。海沿いの道を歩くのは今回が初めてでした。湘南はやはり明るく、気持ち良く歩けるところでした。

↑Topへ