関東ふれあいの道 神奈川県

関東ふれあいの道東京都の巻埼玉県の巻

04-佐島・大楠山のみち

2011年2月19日(土) うす曇
 1月の「ふれあいのみち神奈川県 5.稲村ガ崎・磯づたいのみち」でしたが、私は不参加だったので、今回が私にとって今年初めての「ふれあい」です。
 今日の行程は、京浜急行新逗子駅(バス)→大楠芦名口バス停→大楠山(241.3m)→前田橋バス停→立石公園→長者ヶ崎→一色海岸バス停(バス)→JR逗子駅 10.7km 歩程約3時間30分です。大楠山を下りてからは平坦な車道歩きです。今日は1人欠席にため4人です。

10:13 大楠芦名口バス停より出発。バス停には、私たちのバスより前に着いた登山グループが身支度をしていました。彼らが出発した後に、私たちも歩き始めました。
 大楠山に向かう道に、ふれあいの道の案内板がありました。神奈川県の案内板は、楽しいイラストです。

登りはじめての直ぐにあったキャベツ畑、一番手前のみがブロッコリーが栽培されています。

 登りの道は、NTT大楠無線送受信所への管理用道路です。

開けたところに河津桜が満開でした。

大楠山山頂と前田橋バス停の分岐で、山頂へ向かって「湘南三浦半島縦断トレイル」の選手が登山者を縫って階段を駆け上って行きます。

11:17 大楠山山頂に到着。展望台からの見晴らしは晴れていればすばらしいのでしょうが、今日はぼんやりと大島は見えますが、富士山は見えません。

立って昼食をとっているそばを、トレイルランの人達が湘南国際村の方へ駆けて行きます。
12:02 午後の出発。登ってきた階段を分岐まで戻ります。
日当たりの良いNTTの施設のあたりは、春の色が満ちています。三浦半島はやはり暖かいようです。

下りは、登りとまったく違って登山道です。見晴らしも利きませんでした。

13:37 前田橋バス停到着。ここから相模湾を見ながら、海岸沿いに車の通りが激しい国道134号線を歩きます。
13:52 立石公園に到着。ここで、磯辺へ降りることにしました。磯にはひじきが沢山あり、手で採ることができるくらいでした。

14:20 再び、一色海岸へ向かって国道を歩き始めます。
葉山御用邸の前を通って
15:35 一色海岸バス停にゴール。まだ、時間が早いので、 バス停そばの葉山しおさい公園に寄ることにしました。しおさい博物館では、葉山の海の生物の種類の多さや、貝の色の鮮やかさにびっくりしました。梅はまだ早いようでした。
16:42発のバスでJR逗子駅へ。
私は、17:10発の電車で京浜急行新逗子駅より帰宅。他の皆は、終点のJR逗子駅から帰宅しました。

私たちは今回、約3時間30分のコースを、休憩を含んで5時間20分掛かって楽しんできました。急ぐ必要が無いので、あまり遅くならない程度に、時間をかけて歩いても良いのではないかと思い、時間配分をしています。
 神奈川県のふれあいの道は、東京都や埼玉県と違って、里山のようなところが多く、 登山ではなく、ウオーキングです。ここのところ山づいている私としては、物足りないところですが、冬でも暖かく、自然が豊かな三浦半島を存分に楽しんでいます。まだ、三浦半島を歩くコースが1つ残っていますが、多分、来シーズンの冬か、早春に歩くことになるでしょう 。 

↑Topへ